最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2011年06月27日

西村ピンクユニ仕様采配ズバリ。南VSフィガロ、炎の対決(脇役;俊雄)

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

とにもかくにも勝った。「不思議な勝利」だった。先発・渡辺俊介の好投がもちろん殊勲甲で、「そういうピッチング出来るなら、毎回試合作ってよ。それがハードル高いんなら、せめて2回に1回ぐらいは…」と、複雑な気持ちにさせてくれる好投だった。今日は緩急が冴えていて、オリックスのバッターがことごとくタイミングをはずされていた。的場がよく打者を観察していた賜物だろう。

それと、あの「ベテランなのに、すぐ走者無警戒病」の俊介−「The弱肩」的場のバッテリーで代走のスペシャリスト・森山を刺したこと。これが大きな勝因でしょう。それともニコの走塁アクシデント?あれ無死二塁だったところが、一塁ですみ、その代走を二塁で盗塁死に追い込んだんだから、ここがマリーンズに流れを呼んだ最大のポイントだったと思う。ツイてるね、もってるネ。
でもオリックスで一番もってるの香月だろ。なんなの。彼がリリーフで登板してくると、先頭打者が必ず安打性の当たりを放つのだが、なぜか野手がファインプレーする!今日も伊志嶺の「ヨシ、猛打賞だー!」っていう三塁線の当たりを、サード・バルディリス横っ飛び。抜けてれば確実に無死二塁の状態だったから、相当デカいプレーだった。そのあと必死の継投を岡田監督がするが、それがことごとく裏目。香月とは逆に、吉野って相当印象悪かったねー。

ここのところの活躍で南がスタメンに抜擢されている。今日のフィガロ攻略の影のMVPはこの人だろう。2回2死2塁からのフィガロ×南の対決は久々に見ごたえのある力対力の勝負だった。ここで11球消費させて四球で歩いたことが、7回の1点に繋がっていく。俊雄が変化球を要求しても、すべて首を振り、まっすぐで勝負してくるフィガロ。最後はスライダーで仕留めにいったが、ボールがよく見えているのか南は振らずに、歩いた。
まともに見るの今回が初めてだったんだが、このピッチャー、ハートがあって俺の好きなタイプのピッチャーだなぁ。あとフォロースルーのダイナミックさがめっちゃカッコイイ。統一球の影響を取り上げる話で、動くボールを投げる外国人投手が有利ということで、ファイターズの2人とフィガロを(結果を出しているので)、取り上げているメディアもあったが、むしろフォーシームの方が魅力的なピッチャーじゃないの!かなり日本人タイプのきれいな、それでいて150k超の真っすぐを連発して投げれる「豪腕」。あとは時折投げる右打者内角へのツーシームと、スライダー、チェンジアップと、そこそこ制球もよさそうだ。ただメジャー式のペース配分なのか100球でスタミナが切れるぐらい全力で来るので、そういう意味で南が150k超の真っすぐに負けずに粘ったことが影の功労者に推したい理由。
ここまでのフィガロはおそらく100球に到達する前に、7イニングをきっちり抑えて5連勝してきたのだろう(で、8回平野−9回岸田と任せればいいのだから)。でも確実に2桁勝てそうなピッチャーだね。いい投手を見つけてきたなー・・・。

南は7回の無死1,2塁でバント失敗しているので、一般的な印象は悪かったが・・・。あそこは2回に見せた「感じの良さ」と、ここのところの好調を信じて、南に打たせて欲しかった。南も、もう12年目。気がつけばロッテでも6年目と、もはや名実ともにマリーンズの一員だと思う。今日は金澤というより南のお立ち台が見たかった。負けてたら戦犯だったんだろうけど(笑)
8番的場、9番根元という打順で、的場に里崎は当然として、解せなかったのが根元→金澤のスイッチ。打撃の期待値は大して変わらないけど、「金澤出しちゃったら、キャッチャーいなくなるじゃん!」。期待値的にも、井口加入前に3割近く打っていたネモの「実績」に賭けた方が、まだいいじゃん。この後キャッチャーが負傷していなくなったら、昔の「キャッチャー五十嵐」なみのギャグ采配、「キャッチャーヘイポー」への道まっしぐらだなぁ・・・ピンクユニ着てるからって、昔をそこまで演出するか、ニシムラ!と超暗い気持ちに。金澤はフィガロの力攻めに追い込まれたが、なんとかセンターライナーを打ち上げ、貴重な先制点をたたき出した。

8回ウラのダメ押しが本当の意味で効いた。9回今日の薮田は調子最悪。追いつかれてもおかしくないような内容だった。とにもかくにも勝てた。大引、相変わらず、やらしいバッティングするよなぁ。今日はグッチを1安打、スンヨプをノーヒットに抑えたのが大きかった。俊雄も力強い安打で出塁後、2回も盗塁のスタートを切っていたぞ。なんかオリックスに移ってから躍動しているな(笑)
ところでタケの方は既に1軍にいないんだね。和田を打てなかった時点で、「君の存在価値は…」とマリーンズファンながらに思ってしまったぞ。

岡田はノーヒットだったが、当たりそのものは良くて調子は上向いているような感じだ。伊志嶺、井口と、当分はこの1-3番で固定するんだろうな。
最後アナウンサーが「これでマリーンズの今季の1点差ゲーム成績は7勝9敗になりました」とか抜かしていたが、この1点差ゲーム成績って意味なくね?今日も本来は3点差ゲームだぞ(笑)抑えピッチャーが追いつかれて、最終的に勝つ「不安定なチーム」の方が、後世の人達から「勝負強いチームだった」という評価を頂くのか?いえいえ、単なる劇場型野球でした、とタイムマシンに乗って教えてあげたくなるようなデータだな。ホント、意味ねーデータを弄びすぎだ。



posted by mansengo at 01:27 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。