最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2011年06月26日

平野に見下ろされ、イスンヨプはナメすぎ…

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

土曜日の試合を観て。阿波野解説のスカパーで4回あたりから、最後まで見る。今江がバットを放り投げた時、見事な提言が。バットを投げたものに罰則のようなものは作れないか、と・・・確かに危険だからなぁ。
「僕達の頃にもいましたよ、バナザードっていう選手が。バット投げて、自分で拾いに来るんですよね。」それが怖かったと。

それ、一番おっかなかったの、ピッチャー武田が新人の時。バナザードがバットをピッチャー目がけて放り投げて、ゆっくりゆっくり武田の元に歩み寄ってくる。しかもワザと近辺をすれ違うんだよね(笑)その時の若かりし頃の武田のビビリようといったら、まさに凍りついていた…その年の珍プレー好プレー大賞を受賞するぐらいのビビリよう。今日BSで阪神巨人戦を又えらそうな態度で解説してたけど、あまりにもアナウンサーを鼻で笑ってバカにするような態度とったら、海の向こうからバナザード呼んできて、凍りつかせようぜ。

好投を続けてローテの一角を勝ち取ったように見える大谷。結果を見ると今日もいつもと同じような悲運に泣かされたかに見える。が、5回表のT-岡田に対しての攻めを見るあたりから、雲行きの怪しさは感じ取れた。2死無走者から一発だけはダメなところで、カーブでカウントを取りに行こうとしていたのだが、「おいおい里崎、頼むよ…」と思わせてくれた。1球はしっかり抜けてボール球になったので良かったが、最後討ち取ったボールは甘いボールで安易にカーブでストライクを取りに行ってるように見えてしまった。2球続けて遅い球で、カウント取りに行っちゃダメでしょ!この場面、解説の阿波野が「よくフォアボールはダメと言われますが、この場面は逆にフォアボール致し方なしという攻めをしなくてはいけません」とキッパリと言っていた。

6回表の2失点も伊志嶺と岡田のお見合いツーベースが起点になった。何試合か前、大谷が6回に捕まったときも、この2人の同じようなプレーからじゃなかった?おんなじミスが起きるもんなんだなぁ・・・しかし、1点はともかく、2点目を与えたのが印象悪い。俊雄の進塁打を活かしてしまったじゃないか!2点目(通算3点目)を取られた後、グッチを打席に迎えた時に大谷を続投させたが、阿波野が「大谷の成長を考えてるんでしょうが、ここは左を出すことを考えないといけない場面じゃないでしょうか・・・」と、まさに正論を吐いていた。
昨日成瀬で負けた分、今日ほど大事な試合はなかったと思う。年間で今日が「勝負どころのひとつ」と言っても差し支えないぐらいの。何のためにベンチに左投手を入れているのか。

グッチは1打席目凡退の後、猛打賞。この打席でも仕事していた。バットコントロールが柔らかく、ボールの下側をバットで「載せて運ぶ」といったテクニカルな打法を実らせ、打率も.330の大台へ。6回マリーンズの反撃を食い止めた回転レシーブでの好捕も含めて、好守にひとつ上のステージに進化してしまった選手だ。次、サムライジャパンとか組むんなら呼んでやれよ!
大松が2安打していたが、彼もバッテングが柔らかくなっていた。以前は外角のボールも強く叩くことに腐心しすぎて、バッテイングを崩す傾向にあったが、外角球になめらかにバットが出て、「軽打」するような打ち方に変わっていた。これも統一球対策なんだろう。スケールはかなり小さくなってしまい、本当にホームラン数を意識しないようなレベルまで達してしまったようだ。率は残るかもしれないが、何だか寂しい・・・。

ロサが取られた8回表の1点も、「イ・スンヨプなめすぎ」から始まり、バルディリスユニフォームがかすっただけのデッドボール、鈴木送って、大引のセカンドゴロの間に1点といった按配。代走・森山が効きすぎ。2塁から3塁もバント自体は正面だったので、「3塁刺せるのでは!?」と思ったがゆうゆうセーフ。1死2,3塁のゴロゴーも完璧で、井口が取ったときには既にホームベースの手前に森山がいた。さすがヘッドスラィディング職人・高波をオリックスから駆逐しただけのことはある。彼も去年後半はレギュラー取りそうだったけど、結局代走のスペシャリストか。
とにかくイ・スンヨプなめすぎ。明らかに調子上がってんでしょ。彼本来の打球スピードになってるもの。

南が3点取られて、「今日もダメだぁ…」と思っていた矢先に一発を放った。この辺近藤のフィーリング投球全開で、せっかく2点味方が取ってくれたのに、すぐにお戻しした。あれ?背番号65の打者が、背番号65の投手から本塁打を打ったの?珍しいなぁ…と思ったら、近藤、11番なんていう「いい背番号」を貰っていたんだね!岡田監督をオカンムリにするピッチングしかしてない印象しかなかったが。

とにかく雰囲気が暗い。大谷が孤立無援になっていて、誰もマウンドに行く気配なし!今江よ…頼むよ・・・。阿波野は四球ひとつで、すぐマウンドに駆け寄った俊雄を褒めていた。近藤のチェンジアップをちゃんと体で止めに行ってたな!
オリックスの野球の方が1枚も2枚も上に見える。戦力的にはさして替わらない。やっぱり監督の「人間力」の差か?3位争いの当面の敵として、あと3ヶ月しのぎを削らないといけないが、数値的にはほとんど変わらないのに、接戦をモノにされている分だけ、勝敗に差がついていく。食い止めることは出来るのか、この悪い流れを・・・。
岡田監督は「今日が勝負の日」という明確な采配を打ってきた。継投は金曜、土曜と同じパターンだが、6回を先発から吉野をはさんで香月、香月7回まで投げて、8回平野、9回岸田という金曜日に対して、今日は7回から2イニング平野に任せた。ここに岡田監督の「このゲームを取るんだ」というメッセージを読み取った。意気軒昂、真っすぐで攻めまくる平野。完全に(マリーンズ打線は)見下ろされていた・・・。

2日連続、あきらめない攻撃を見せてくれたが、そのため「なんとも惜しい敗戦」が2試合続いてしまった。あっさり負けておいた方が良かった…っていうことにもなりかねない。ピッチャーの消耗度合いを考えれば。明日も先発ピッチャーのマッチアップ具合から相当不利。マリンでスウィープされるのだけは勘弁して下さい!



posted by mansengo at 03:11 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。