最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2010年11月03日

シリーズ全局のターニングポイントを制する清田の勇気

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

1戦目・・・吉見が悪すぎた→中日の負け!
2戦目・・・ビル、ド派手に炎上→マリーンズの負け!
3戦目・・・山井が悪すぎた→中日の負け!

先発ピッチャーのコンディションで全てが決まる、あまり起伏のないシリーズですなぁ、今のところ。
ここまでの戦いぶりが見事すぎるので、なんかそのまま行っちゃいそうな気もするのですが、現実として、ペン、唐川がどれぐらい投げてくれるのかはフタを開けて見ないと判らない。もし4,5戦目を連取されるようなことがあれば、成瀬で勝てても、7戦目が苦しい。そうなったら中4日で俊介が行くのかな?

こんな会心の勝利を見せ付けられても、ザ・ネガティブ!な思考から抜け出せないmansengoです。こんばんは。
でも現実問題として、冒頭で書いた心配はありますよね・・・なので、もう「勢い」でそのまま押しきって欲しい。勢いを自らの手で殺さないよう、戦って欲しい。

4回に清田の走者一掃打が出て、楽に試合を戦えたが、この一打が出るか、出ないかで、試合展開は大きく変わった。ドラゴンズが山井をスパッとあきらめていたら、どうなっていたか・・・あそこで続投、スイッチの判断は難しいだろう。それこそ、あれが間違いというのは単なる「結果論」に過ぎない。監督ってホントつらい商売だなぁとあらためて思いました。

相手のドラゴンズを3戦見て、感じたこと。右打者が多い。というより主力が森野以外全員右?不動の1-5番のうち4人が右。ツープラがDH制で3人、非DH制は2人(+投手)。もう1人の固定メンバーの谷繁も右。6人のレギュラー中5人が右打者。これってどこかに似てない?そう、マリーンズだ。
マリーンズも今日のオーダーでは2-5番が右打者で、ここのところ固定されている。さらに7番8番も右。相手右投手に対して6人の右打者が並んでいる。
行き着くところ、強いチームは右打者が多い、というところまで行ってしまったんだろうか?左に好打者が圧倒的に多いから、左投手の価値が高まったが、これが一巡して、プロ球界に先発左腕が増えすぎて、逆に右打者中心で固定面子を組める球団の方が有利になってきたのか?
もっともマリーンズみたいにピッチャーもほとんど右っていうチームもあるけどね!先発陣も右、勝利の方程式も全員右!あ、一人忘れてた。大エースが左だった(笑・・・もう一人の左の先発の存在は既に忘れました。もう今季の登板はないでしょう)

それと谷繁。捕手っていうポジションで2,500試合も出場しているんだな!ヘタすりゃ不滅だと思われていたノムさんの記録を抜くんじゃないか?
はっきり言って、「名球界」より2,000試合出場の方が困難だろう。ヒットは1試合に何本でもまとめて打てるけど、試合は1年間にMAX144試合。最低14年はフル出場しないと到達しない数字だぜ。堀幸一はそういった意味で、名球界の選手よりも、俺の中では名プレイヤー。谷繁は捕手で8番打者だから、ヒット2,000本は苦しいだろう(それでも、1,800本以上打ってる!)。でもキャッチャーで堀より500試合も多く出てるのかと思うと、「バケモノや~」。

当然、経験においては日本有数の選手。それをコミさんが前の解説の時に言っていた。その谷繁のリードを、ネクストバッターズサークルから観察して、狙い球を絞って思い切り振る、ルーキーの清田。カウント2and0の打者有利なカウントだから、まっすぐ一本に絞っていくのは当然といえば当然だが、なかなかあそこまで思い切り良くは、振りきれない。ここでタイムリーが出るのと、アウトになるのでは大違い、シリーズ全局の流れを支配しかねない重要な分岐点だった。おそらく、ここまで冷静に配球を読むことが出来る清田クラスの選手なら、そのことを当然理解した上で、プレッシャーに感じながら打席に立っていただろう。そこで2and0になれば、「1球見るか・・・」という気持ちになっても、おかしくない。だが清田は勇気を振り絞ってバットを振っていった。結果はともかく、この姿勢が素晴らしい。大体打ったボールはストライクかボールかというと「ボール」(笑)少々のボールは打つ!と思って、振っていく、積極的な気持ちの方に流れは向くんだなぁと、あらためて思いました。
それと清田は、3回の先制された場面でも、ヘタすりゃヒット、あるいは抜かれて長打っていう難しい打球に、積極果敢に飛び込んでいった。もしレフトがジャマクセー人だったら、あな、おそろしや。見える、見えるぞ、その姿が。

ボヨヨ〜〜ン。
ジャンプしながらのワンバン補球しただろうから、長打にはしてなかっただろうけど、アウトカウントの数が違うので、1点で食い止められたところだったが、2点入っていたかもしれない。ここで大松じゃなくて清田が守っていることにも、マリーンズに「運」を感じる。

里崎の送りバントにしても、3and1という、対処の難しいカウントから、投じられたボールは「ボール」だったが、これを「走者1,2塁という局面では、これ以上ない」バントにしてしまった。見逃せば無死満塁。バント成功なので1死2,3塁。最高の仕事なんだけど、それ以上の結果があっただけに、ムムム・・・と思ってしまった。
でも続く打者は足が速くて、このところ調子のいい岡田、なんとかしてくれるだろう!と思ったら結果は最悪だった。剛は多分敬遠だろう・・・なんぼ、清田が勝負強く、絶好調といっても、そうは打てないだろう・・・と思っていたら、打っちゃうんだからね。本当にすごい。中日バッテリーとしては、調子落ち気味の剛で勝負出来てたら、どうなっただろう?
サトの送りバント成功のボールを見逃していれば、これまた、どうなっていただろう?山井交替がもっと早まったかもしれない。
つまり俺はこう思うのだ。この「生殺し」の状態で山井をマウンドに残させる「ボール球なのに振っていく(或いはバントする)行為」をした結果、この最高のムードになる一打が生まれたのではないか、と。サトのバントだけじゃなくて、最初のチャンスの時も、今江が高めのボール球に手を出していたよね。1球目見逃したのに、同じコースの2球目には手を出していた(笑)というより1球目、打ち気マンマンの今江が見逃した方が気持ち悪かった。

もし、この回が無為に終わっていたら、「ボール」に手を出した里崎のバントや、清田の2and0からのヒッティングは批判の対象になっていただろう。「ボール球に手を出しやがって!」、と。
紙一重なんだ。本当に紙一重なんだ。その紙一重で、点差も、流れも、全く違ったものになってしまう、本当に恐ろしいスポーツなんだ、野球って。
一つ言えるのは、マリーンズの選手の方が気持ちを強く持っている、ように見える。それは結果が出てる、出てないの違いだけなんだろうか?井口の2本目の安打は3番手の清水にブラッシュボールを見せられた後の、インコースのストレートを引っぱたくものだった。昨年、インコースで崩された井口の姿はそこには微塵も無かった。

俊介が相手打線が手も足も出ないような快刀乱麻のピッチングを見せてくれた。序盤は右打者の多い中日打線に定石通りの内角へのシンカー多投ピッチング。二廻り目以降は、点差を離したこともあって、まっすぐやカーブの比率も高めてテンポ良く打ち取っていくことに腐心するようなピッチング。解説陣はしきりに「次の登板を見据えてのTRY」みたいなことを言っていたが、果たして次の登板はあるのだろうか?「土曜日曜に来るでしょうから」と古田は言っていたが、はっきり言って、土曜はまずムリ(中3日だし)。日曜に、もしかしたら、あるかもしれない・・・程度のものだろう。
それよりも、明日あさってを有利に戦うための、この試合の救援陣を休ませることと、シリーズ全体の流れをマリーンズペースに持ち込むことをテーマに置いたような後半のピッチングに映ったぞ。マリーンズからすれば出来れば7戦まで行きたくないのだから・・・あとは最悪、次の成瀬が出てくるところまでに決っしたい、だけだ。その成瀬は木曜の5戦目に来るのか、通常通りの土曜の6戦目なのか?唐川が本当に来るのか、どうかで変ってくるけど、唐川に投げさせるならマリンで投げさすだろうね。でも将来のことも考えれば、是非とも唐川にはこの大舞台を経験させておきたいところだ。

しかしチームがポストシーズンゲームに進出したおかげで、俊介の評価はグーンと上がってしまったなぁ。結びの三番に1敗でもしていれば、俊介の2010は、不甲斐ないまま2軍で終わっていて、来季はローテの特権剥奪からスタートする予定だったかもしれないのに・・・強運だな。

流れを相手に渡さないように明日以降も戦って欲しい。中田、山本昌は、これまでに出てきたスターターよりは、組し易いはずだ。最低でも、この2人から1勝。出来れば連勝したいところだ。ペンも唐川も炎上はしにくいピッチャーなので、早めの継投も考えれば、そこそこ戦えるのではないだろうか?
山本昌VS今岡って過去の対戦成績とか、どうなんだろう??



posted by mansengo at 03:08 | Comment(4) | 千葉ロッテ観戦記
この記事へのコメント
自分としては唐川が見たいのですが、報道機関の予想はペンのようですね。
でも渡辺の翌日に150kmのペンは、速い!という印象になるのでは、と期待しています。
ダルと投げ合った時のようなピッチングをしてくれるとうれしいのですが。
Posted by ジャムジャムジャンケン at 2010年11月03日 09:50
とても良い分析で、読んでいて気持ちよくなりました。今日も頑張りましょう。ファイティン!!
Posted by ますた〜 at 2010年11月03日 09:51
本日は日本シリーズ第四戦ですね!
マリーンズ選手の皆さん頑張ってください。
そして今日も絶対に勝ってください!
さて皆さん、千葉県の鴨川市で、マリーンズが秋季キャンプを行っています。
日本シリーズの応援に継ぎ、キャンプ応援も是非!
11/1〜11/19、鴨川市にマリーンズがやってきま〜す(^.^)/~~~
マリーンズオフィシャルページ↓
http://www.marines.co.jp/news/detail/5960.html
(ファン特典で、レンタサイクルが大特価です!ぜひご利用くださいね)
Posted by カモンカモガワ(鴨川市観光協会) at 2010年11月03日 10:26
書き込みありがとうございます。

>ジャムジャムジャンケンさん
 今日がペンですかね?それとも成瀬が来るのか。ホームでなんとか勝ち越しておきたいですねー。

>ますた〜さん
 「良い分析」・・・そんなに大それたものでは・・・感想です、ホント。思ったことを思いつくまま、ただ記述しているような。でも読まれて、気持ちよくなってくれたことは嬉しいです!
今後ともよろしくドウゾ。
Posted by mansengo at 2010年11月04日 11:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。