最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2009年11月04日

8回表裏の攻防が今シリーズの分岐点になる可能性大

HOME安廃論 > この記事

 今日は日本シリーズ第3戦を、5回表の田中賢介のホームランが丁度出たあたりから見た。その裏ガッツの2点2塁打が出て5-3。

 勝負は終盤戦にもつれ込んだ。林-菊地の継投でなんとか凌いだファイターズは、8回表に願ってもないチャンスを迎えた。先頭の賢介が2-3からのデットボールで出塁。「先頭打者がフォアボールで出塁するのが、このケースでは最高だぞ」と思っていたら、TVの中で話している人も同じ事を言っていた。誰あろう、東京ヤクルトの宮本慎也がゲスト出演していた。結果はデットボール。2-3からの死球はフォアボール以上の成果だと思った。ピッチャーの動揺度合が違う。ここで内野陣が集まる。「ピッチャーの立場からすると、ここはマウンドに集まって欲しくないケースだな。野手陣からのプレッシャーを受けて、どんどん自分が追い込まれていくぞー!」そしてファイターズは代打に森本を送り、シーズン中のような繋ぎの野球、開幕・・・と思われた。

 森本の結果も最高だった。賢介が山口の牽制球悪送球で2塁へ進んだ後、森本の打球は中前へ抜けようかと当たり。これをこのシリーズ守備範囲の広さを見せ付けている坂本が追いつき、難しい態勢からファーストへ投げると、ややライト方向に送球がそれ、スンヨプが捕球出来ずに後逸!デットボール→牽制悪送球→エラーで1点差に詰め寄るという、ファイターズからすると最高の形。相手のダメージ度は計り知れない。この森本のエラー出塁なんて、数値的には何も評価されないが「安廃論」的には無論高評価である。実際センターに抜けてもおかしくない当たりだったし、ここで引っ張らず走者を最低限3塁へ進めるという意識が出ているのだから。このケースほど「安打」と「失策出塁」の評価の区別をするバカバカしさを感じるはずだ。
 宮本のコメントが又素晴らしい。「ファーストはベースの中央付近を踏んでますが、もう少しライト方向に足をつけていれば取れたかもしれませんね」サード、ショートのイメージが強いが、この人ファーストもやるんだよね?野球全体を俯瞰する能力が凄いと、今日あらためて唸らされました。

 稲葉が2-3から四球。一挙逆転まで見える勢いが感じられ始めた。ここで4番信二。CSでも見せたように送りバントも出来る4番だ。格好の無死1,2塁。さてどうする梨田?結果はセカンドゴロゲッツーとなった。1ストライク後、チャージ気味だったファーストのスンヨプが、信二がバントをしてこないと見て、後退した。「ここでバントだ!(笑)」我々が散々煮え湯を飲まされてきた、ボビーバレンタインの「ノーストライクヒッティング・ワンストライクバント作戦」が全国デビューする瞬間か?と期待したが、梨田はそんな浅はかな小細工をする指揮官ではなかったー!
 これ考え方なんだけど、おそらく一挙逆転を狙って、制球の定まらない山口の甘いボールを痛打していけ、っていうことだったんだろう。1球目ストライクが欲しく、バントかもしれないと思っていた巨人バッテリーはかなり甘いボールを放っていた。これがファイターズのこのシリーズの最後の「勝機」だったかもしれない(結果:打ち損じのファール)。おそらく追い込まれたら右打ちに方針転換するよう、耳打ちしたんだろう。2ストライクまでの思い切りが消え、当てるバッティングにいってしまい、結果は最悪となった。ただ、ここで「バントをしておけば・・・」って批判する人は名将には絶対になれない人だと思う。ファイターズとしては表だし、(延長を見越した)後続の投手力のことも考えると、ここは是が非でも逆転して勝ち越しておきたい場面(「最悪で同点」、ぐらいの攻撃的姿勢)だったと思う。また相手が、そういう方向に行きそうな、隙を見せてくれた場面だった。山口のスライダーのキレはメンタル面が崩壊していても、自分を救うくらいの威力があったということだろう。素晴らしいボールを投げるピッチャーだと思う。

 そして8回ウラ、致命的な2点を与えファイターズは敗れた。ここの継投、菊地の後、宮西を繰り出し2アウト目を取り、迎える打者は谷(代打)、阿部の並び。代走・鈴木が1,3塁から盗塁すると、1塁が空くが、次が阿部なら勝負せざるをえない。巨人打線の重厚さがこの1件からも判る。ファイターズはここが勝負どころだと思ったが、マウンドには金森ではなく、江尻を送った。江尻のボールの威力を見込んで送ったんだろうが、コントロール面も考えれば、総合力で上回る金森を送る手もあった。江尻は好調谷相手にストライクが入らず四球をだしてしまい、阿部にタイムリーを打たれた・・・

 誰もが忘れてしまっているが、この回先頭でアウトになった松本のネバリが見事だった。8回裏のテーマを、攻撃が始まる前に宮本が「3人で終わらないこと」とはっきりと発言した。松本はアウトにこそなったが、とにかくネバった。ネバってる最中、宮本が「こういうのもいいですねぇー」と評価していた。「安廃論」的にも打席における相手投手に要させた「球数」を指標の1つにあげたいと思っている。ここにシチュエーションが加味できれば、打者の価値がもっと鮮明になる。このケースでの松本のような仕事が最高と考える。
 次打者・ガッツへの四球も、単純に「一発警戒」っていうのもあるんだろうけど、菊地が松本を打ち取るために要した「労力」がボディブローのように効いている可能性もある。あの2点は先頭の松本のネバリが生んだといっても過言ではないと思う。2005年にマリーンズが優勝した時もこういう攻撃が出来ていた。リーグ戦における今年のファイターズも出来ていた。やはりこういった「組織的攻撃」が出来るチームが勝つ。
 ファイターズがこのジャイアンツの分厚い攻撃をかわすためには、(信頼おける)投手の枚数が1枚少ないように感じた。

 そういえば宮本が、鈴木が盗塁した時のファースト信二(ベースから離れており、盗塁フリーパス状態にした)の対応を批判していた。「このケース簡単に1塁走者を2塁にやるべきではなかったのでは?(1塁に釘付けておけば)案外2塁でのフォースプレーでアウトを取りやすい局面になるし」この辺の微に入り細に入りといった宮本の解説に、すっかり魅了された。本来の解説者たちの仕事なんだけどね。現場から離れて長い人たちは、この辺の基調が判ってらっしゃらない。
 ラジオのゲスト解説していた井端は、最後の阿部のヒットも「巨人の場合は、田中、糸井両選手を迎えると内野安打を警戒して前進守備を敷き、それ以外の選手では後ろに守り、ヒットゾーンを狭くしていた。8回の阿部選手のタイムリーも守備陣が前に出すぎていた為ヒットになったが、下がっていればセカンドゴロ。狭い東京ドームならではの守り方があるので、ホームの巨人に一日の長があるように感じた。」とピンポイントで見事な解説!

 序盤「空中戦」終盤「地上戦」のかなりエキサイティングな試合だったと思う。ファイターズベンチの勝負勘がリーグ戦の時に比べて、研ぎ澄まされていないように感じる。なぜか?パリーグの中継ぎのレベルで勝負の流れを判断しちゃダメなんだよ。
 ザクとは違うんだよ、ザクとは!山口はチャッカマンとは違うんだよ、チャッカマンとは!



posted by mansengo at 01:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 安廃論
この記事へのコメント
ランバラルさんのお言葉。管理人さんがチャッカマンにすり替える芸当に笑っちゃいました。自分も世代じゃないながらもその言葉を知っているので思わずふいちゃいました。

Posted by しん at 2009年11月04日 23:35
>しんさん
 書き込みありがとうございます!
 小学生の頃放送されていたんですが、大体クラスで1人はセリフをほとんど覚えている奴がいて、そいつらの受け売りで、そんなに好きでもないのに俺まで覚えちゃいました(笑)
Posted by mansengo at 2009年11月05日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。