最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
2009年10月24日

4回の集中打、駒田あらかじめ予測

HOME安廃論 > この記事

 ぼかぁーゆでたまごで又一儲けですわ。そんなヨタ話でも書きたいシーズンオフ、一方で熱い野球のゲームが行われている。「CSに出ないと意味がない」見ていてそう感じるぐらい、痺れるゲームだった。

 見ていて・・・と書いてしまったが、例によって前半戦はラジオでしか聞けなかった。QRで聴く。実況松島、解説岩ちゃん、ゲスト駒田。珍しく「ライオンズ色」のない布陣。内容は素晴らしかった。特に駒田。ダントツの最下位・横浜のバッティングコーチで、交流戦で八木にやられているという素晴らしい実績を引っさげての登場。打撃コーチとしての手腕を疑われるところだが、やはりプロ野球でコーチにまでなる奴はスゲェーと思わせる内容だった。

 恒例の試合前のノムさんレポート。今日が生涯最後の試合前会見か?と思いながら、こちらも緊張気味に聴いていれば、なんてことはない、いつもの野村節全開!「A型とAB型は野球に向いていない」と大上段からの大極論をブチ上げる!「名球会はほとんどB型とO型」「楽天の選手にはB型とO型、ほとんどおりません。だからこのザマ。」なんと、野手は草野と中島だけだった・・・あとはAかAB。これにはA型のガンちゃんもタジタジ。名球界入りしている駒田はO型だった。

 しかしA型・マーくんが鬼の形相で踏ん張った。サポートしたい楽天打線であったが、八木に好投を許す。八木の5イニングを振り返るに失点している4回に5本の集中打を浴びただけで、他の回は初回の高須の安打のみ。なぜ4回に集中打が出たのか?この辺を駒田はこの集中打が出る前に的確に展開予測していた!

 駒田によれば、八木のアウトコースのチェンジアップ、シンカーをお行儀よく右方向へ「合わしに行く」ようなバッティングをしていれば術中にはまりやすいとのこと。右に打つにしても、1歩踏み込んで強い打球を打たなければこのピッチャーは崩せない、と。その代わり、1本踏み込んだ安打が出ると、バッテリーが配球を変えざるをえなくなるので、そこで不思議なぐらい連打が出る可能性が高くなる、と大預言していた。4回はまさにその通りになる。端緒はレギュラーシーズン1本しかホームランを打っていない直人の弾丸ライナーのホームラン。

 2番バッターが開き直ったような強振。山崎の打球を除いて、この回アウトになった打球も全てヒットゾーンに飛んでいるという、神懸り的な猛攻&その上を行くファイターズ守備陣の神がかり的な好守。アップアップの八木-鶴岡バッテリーをバックが救う。5本のヒット以外もヒットゾーンに飛んでいるわけだから、ビッグイニングになってもおかしくないところ、3点で収まってしまった・・・。
 「やはり開き直りは肝心ですよ。よく短期決戦で「ミスをしないこと」とコメントしている選手がいますが、大抵そういうコメントをしているチームがミスで負けているもんですよ。大事に行くより、思い切って行く方がいい結果が出やすいんじゃないですか。」
 うーん駒田の解説、深くて面白いなぁ。よく「野球に流れはある」という非科学的な言葉を聞くが、この辺の連打が起こり得る仕組みをこういったプロの観点から言葉で説明できれば、技術的アプローチで「流れ」という抽象的な言葉にメスを入れられるのでは?と思ってしまった。

 ファイターズもいつものように好守連発だったが、パCSのイニングの合間(&終了後)に廻した日テレの巨人中日戦を見れば、荒木が信じられないようなプレーを連発させていた。2死2塁からブランコのライト前安打で本塁へ突入するのだが、阿部がガチガチのブロック態勢に入っていることを確認すると、とっさにヘッドスライディングで廻りこみ左手を斜め後方に伸ばして、阿部のタッチをかいくぐる「神の手」ホームイン!
 さらには8回裏の1,2塁間を抜けようかと当たりを、一瞬逆(2塁キャンバス方面)をつかれているのに、切り替えし、追いついてアウトにしてしまったプレーはア然とさせられた。すると解説の謙二郎まで「言葉を失いました」と・・・。凄い!
 普段セリーグを見ていないのでビックリしたのだが、浅尾はピアスが似合いそうな色白な兄ちゃんぐらいにしか思っていなかったのだが、クイックで153km放るんだな。井端がエラーして、逆転を許してしまったが、エラーにするには可哀想な当たりだった。(「エラー」イミネェー。)ジャックルして、慌てて1塁へ投げそうなもんだが、そこで1塁へ投げなかったことを謙二郎が評価していた。エラーした選手の落ち着きを評価する、面白い解説。

 最後にマーくん。さすがとしか言いようがない。8回表の楽天の攻撃が最悪なパターンだったので、裏やばいな、と思ってたら案の定ピンチを迎える。1点返されてなおも2死3塁。打者稲葉。凄いハイレベルな攻防だった。結果は四球だったが、1球1球捨て球ナシの真剣勝負。153kmの速球をファールにする方もする方だが、怯まず膝元にビシッビシッ投げ込む。まだ、こんなに強いボールを投げる体力が残っているのか!そのボールを見送り打席で笑みすら浮かべて「凄い球投げるなー」と傍観者モードになってる稲葉の落ち着きが更に凄く見える。極限状態で日本代表4番対次代の日本代表エースが真剣勝負を楽しんでいる。いや、いいものを見せていただいた。これぐらい魂の入った投球を見たのはジョニー以来かもしれない。しかし、この回を1点で凌いだ次の9回表、5球で終えた楽天打線。ノムさんが4年間教えてきたThinking Baseballの成果がこれかよ、と思ってしまった。8回で精根尽き果てかねない熱投をしたのに、まったく休む暇なくマウンドに登らされたマーくん。案の定制球が定まっていなかったが、最後の武器「気力」を振り絞って126球完投。感動した。お見事!

 やっぱcsの試合のような修羅場をかいくぐらないと、1ランク上になれないのかもしれない・・・



posted by mansengo at 01:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 安廃論
この記事へのコメント
ご無沙汰です。
マリーンズのゲームのエントリーにコメントしないで、CSでコメントします(笑)

ほんと、8回の田中VS稲葉の対決は痺れました。久々に良いもの見せてもらいましたって感じでしたね。正に1球1球に魂がこもった、素晴らしい勝負!決め球も外れはしましたが、あそこでフォークを持ってくるあたり、本当に田中の成長を感じます。

翻って、ファイターズの守備・そして攻撃のソツのなさに感服して「強いなあ」とは思いますが、個人的にはこういう強化をしたチームばかり勝っちゃうと、プロ野球は面白くないですね。
例えそのチームのファンでも、勝ちゲーム見てるのにストレス溜まりそう(笑)

王手かけられちゃってますが、イーグルスの土俵際の粘りに期待しています。
Posted by まーきん。 at 2009年10月24日 11:31
>まーきん。さん
 書き込みありがとうございます!
 最後のフォークの前まで、全球まっすぐを投げさせた中谷のリードに痺れておりました(笑)
 ダルビッシュのいないファイターズが巨大戦力の巨人に勝てるのか、その野球の質が問われることになりましたね。これでファイターズ勝っちゃったら、しばらくはこういう野球が主流になるのかもしれませんね・・・そういう意味で日本シリーズには注目したいと思います。
Posted by mansengo at 2009年10月25日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。