本バナー経由限定!アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)が年会費無料のキャンペーン継続中!(終了日未定なので、お早目に)
2012年11月11日

幹部のいないドラフト会議【ショッカーとロッテ】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

ウィルコムのCMに大量のショッカー戦闘員が出てくる。
千原ジュニアに
「あんた、内臓でどこか悪いところあんの?」と聞かれて、
「イィ…」
と言って、下を向いてしまう戦闘員がカワイイ。

↑このCMね。

ガキの頃、ショッカーのおかげで「幹部」という言葉を覚えた。
いや、漢字は判らないままなんだが、「カンブ」という語感で言葉を覚えた。小さい頃に覚えた言葉って、語感からなんだよね。後に「患部」という言葉を覚えた時に、この「カンブ」がイメージとして出て来てしまい、ショッカー戦闘員がすり傷を抑えながら「イーーッ(たいよー)」と、痛そうにしている絵が浮かんできたもの。

続きを読む
posted by mansengo at 02:30 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2012年08月05日

南と益田の間には…【中郷先発ゲーム】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

もの凄い大ピンチを残してマウンドを降りた男(1回1/3)
そのピンチを凌いでクローザーにつないだ男(1回2/3)
果たして勝利投手はどっち!?

ホールド制が出来て以降は、ホールドがあるので、問答無用で前者が勝ち投手になってしまうシステムのようだが、ホールドがないと後者を勝利投手にしてもおかしくないところ。いやむしろ、後者だろ。ちょっと同情しちゃうかな?

同情するなら、勝ち星よりセーブをくれ!

南と益田の間には
今日も薮田がフルベース
君が笑ってくれるなら
僕はネタを書く〜

(元ネタ:空と君との間には from「家なき子」)

続きを読む
posted by mansengo at 23:27 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2012年06月18日

スーパー打撃戦にはスーパーノリフミクンでボッシュート

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

清田 「お前が打たれるから負けそうだったじゃねーか、ケガウチクン!」
内 「うるせぇ。お前こそテンパってエラーすんじゃねーよ!危うく敗戦投手にさせられるところだったじゃねーか!」
清田 「俺が2点タイムリー2塁打打ってなかったら、勝ち越してないんだから、俺のせいじゃねーよ、ケガウチクン!」
内 「お前、阪神ファンの声援にびびって慌てたんだろ。バーカバーカ」
清田 「うっせ、バカ」
成瀬 「まあまあ2人とも、争わない争わない。同級生同士仲良く行こうよ」
内&清田「お前の降板が早いのが一番悪いんじゃ、ボケカス!!」

続きを読む
posted by mansengo at 00:01 | Comment(4) | 千葉ロッテ観戦記
2012年04月11日

明日もホームランだぜ!【さらば貧打野球】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

野球に対しての「熱」が冷めてきたこと。これが更新停止の最大要因です。
昨年ぐらいから感じられてきたことなのですが、震災以降の野球には違和感しか感じられませんでした。目前の野球があまりにもつまらないので、ネタでしのいだ1年だったかもしれません。ただ、これを今後も引き続き継続していく自信がありません。本格的な観戦記を書こうと思えば、まず題材となる野球の試合そのものが面白いことが大前提になると思います。書き手の自分が「面白い」と感じ、試合を見た閲覧者も「面白い」と感じ、そこから当ブログ特有の「符牒」が通じ、書き手と読み手の心が通わせられる展開になると思うんです。
僕のブログは「ネタブログ」だったかもしれませんが、そのネタ自体も、その日の試合を見て、試合内容から紡ぎだした出来立てホヤホヤのネタという自負だけはありました。

続きを読む
posted by mansengo at 21:07 | Comment(5) | 千葉ロッテ観戦記
2012年04月09日

これからの君と僕のうた

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

サクラが散る季節のフィナーレはサライと相場が決まってるんだ…ン・ナ・ワケない!
最後は僕の大好きな曲のひとつをBGMにして、お読みください。
FLYING KIDSが解散時最後に出したベストアルバムに収録されている、唯一の新曲。世にほとんど出ることがなかった曲です。

アゲハ〜これからの君と僕のうた〜

 

続きを読む
posted by mansengo at 01:56 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2012年04月04日

僕は、パリーグで働くおじさん達が好きです。

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

「『きゃりーぱみゅぱみゅ』がカワイイ」と周りの女の子たちが言っていたので、「『ぱりーぐみゅぐみゅ』の方がカワイイよ」と教えてあげました。『ぱりーぐみゅぐみゅ』は、パリーググミに所属する、働くおじさん達のグループです。

続きを読む
posted by mansengo at 00:22 | Comment(1) | 千葉ロッテ観戦記
2012年04月01日

藤岡デビュー戦、俺引退戦

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

2012年最初の観戦記は、当ブログ最終観戦記であります。
チーム3試合目、55年ぶりの開幕3連勝を狙うゲームがドラフト1位藤岡のデビューゲームとなった。最後の観戦記なので、かなり長めにいつもは、はしょっていたようなことも書いてみようかと思う。

下柳対藤岡という年齢20歳差離れた左腕同士の対決。下柳は阪神に移って以降「先発」のイメージが強いが、元々は「鉄腕」中継ぎ。毎試合のように投げていた。ちょっと中継ぎに連投させると「大事に使え」という声が、かまびすしく響くが、その心は投手生命を慮って(おもんぱかって)のことだと思う。
だが下柳の投手人生を見ていると、「あの頃無理したから、今がある」とも思えてくる。元々馬力に任せるピッチャーが、投げる機会の増加と共に経験を積み、(連投に耐えられるように)力をセーブしていく術を身に付けて行った。ちょっとの連投で潰れる投手は、「やはりそこまで」の投手と思っていいかもしれない。俺の好きだった川口は30過ぎて中4日で投げてたぞ(20代の投手でも既に中5〜週1のローテで投げる時代に突入していたのに!)
そう、俺はタフなピッチャーが好きなのだ。藤岡はまさに、その「典型」として期待せずにはいられないピッチャー。どっちかというと右腕好きの俺でも、そういう「贔屓目」で見てしまいそうな投球回数フェチ的逸材なのである。

続きを読む
posted by mansengo at 23:03 | Comment(8) | 千葉ロッテ観戦記
2012年03月31日

パリーグTVより前にnot tv

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

BS/CSアンテナ撤去中で、開幕戦を見る術がなかった。といっても帰宅したのも20時過ぎてたから、どっちにしろ、あんまり映像も見れなかった。
ということで、もっぱら「東北放送」のお世話になった。スマホがあるので電波の入りが悪くても、WEB経由で聞けちゃうぞ。
と、思ったら途中でルーターのバッテリー切れ!!
しかなくカーラジオのスイッチ入れたら、結構北の方にいたから?まだ日が暮れるのが早いから?わりとクリアに東北放送でナイター中継を聞けた。解説はマリーンズ入閣も噂されたエースの佐々木さん。

続きを読む
posted by mansengo at 13:17 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2012年03月29日

いつからロッテファンになったんだよ!【ナイツひどすぎ&順位予想】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

Madonnaの全世界同日発売(今週月曜)アルバムを、月曜の夜にMOGで通し聴きしながらzzzzz・・・途中で寝てるのに、おかげで左のサイドバーのLAST.FMのマイアルバムベスト10、初登場1位に。しかし話題のアルバムが聞き放題って、ほんと凄い環境(昔のアルバム11枚セットをMadonna初心者向けに、3,000円強程度で売り出すらしいが、MOGなら全てのアルバムが$5で聞けちゃうから・・・)。

Madonnaって日本で同じような存在を強引に当てはめると誰になるんだろう?松田聖子?キョン2?安室?
「渋谷には安室ちゃんのファッションを真似した、通称「アラー」と…」
「アムラーね!カリスマの意味が違っちゃってるから」
のネタでお馴染みのナイツが、5月にマリンのフィールドテラス・スウィートで試合を見ながら野球TALKするっていう企画に呼ばれたようだ。
呼ばれるのはいい。だが、
「千葉ロッテマリーンズをこよなく愛するナイツが…」
この一文は”ネタ”にしてもNGだろ。これまで散々、寄席やライブで
「僕は巨人ファンなんですが」
という切り出しで野球ネタをやってきたんだろ!ニッポン放送の番組内で
「仕事をもらうためにロッテファンにでもなろうか」
という発言から、関係者が橋渡ししたみたいだが、なんていうかドッチラケ。
ナイツの漫才好きだったけど、この1件でかなり印象が悪くなった。

続きを読む
posted by mansengo at 03:10 | Comment(4) | 千葉ロッテ観戦記
2012年03月27日

間違いだらけの野球観戦術【年金を気にする】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

順位予想エントリは明日・あさってにアップ予定です。一部披露すると、
6位 北海道日本ハム

これは願望込みなのですが(笑)
千葉ロッテの最下位脱出と、野球をナメている、あの熱中先生国際派監督にはこういった結果をつきつけたい、という願望。
「斉藤佑樹が開幕投手だと〜!?」
意気に感じて本人は化ける可能性もあると思うが、周囲はドッチラケでしょう。
「このチームは斉藤のチームなんだ。」
ここまで毎年上位争いをして実績を積み上げてきたメンバーが、チームに殉じるという気持ちが薄くなっていくと思う。

続きを読む
posted by mansengo at 14:23 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2012年03月24日

同じ黒星見届けタメ息もらしてたかもね【ラスト1週間】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

この千葉で
交差点や駅のホームとか
君(閲覧者の君)と僕(書き手の僕)は、きっとすれ違ったりしていた。
離れた空の下で
同じ炎上や同じ黒星見届け
ため息もらしてたかもね

続きを読む
posted by mansengo at 01:44 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2012年03月01日

唐川はチャラくない、なぜなら…

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

久しぶりに名鑑なるものを買った。買ったといっても、本物の名鑑じゃなくて、名鑑が付録の号の週刊ベースボール(笑)
結構選手の名前知らないからね〜…住田ワタリとか、初耳…トレーニングコーチか。白土三平のマンガに出てきそうだな。
しかし中日は背広着て写真に写っている人が多いな。漸く「ガン」を駆逐して、我世の春を謳歌しますか。

続きを読む
posted by mansengo at 01:38 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2012年02月10日

岡田・伊志嶺VS清田・荻野貴【どっちのコンビがマリンの外野を守るのか】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

前回のエントリで、日経夕刊に3日に渡って岡田が取り上げられた話を書いたが、その日経連載最終日の日刊スポーツの終面のカラー面も岡田特集だった。いや、正確に言うと「岡田の奥さん」特集だった。単身赴任のいきさつなど興味深い内容だったが、正直ここまで赤裸々に記事にする必要ないのでは?と思ってしまった。例え岡田が1億円プレイヤーになろうとも、単身赴任はやめないそうだ。地に足が着いていると言うか、「一寸先は闇」というプロの世界をよく判っていると言うか…

続きを読む
posted by mansengo at 14:22 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年11月27日

2011千葉マリン26マイラーMVP発表&解剖

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

年度 受賞者 主な活躍場面
2008 大塚明 最後のヒーローインタビューとなるサヨナラ安打を放つも、その日のスポーツNEWSなどは一切見ず、リーマン破綻のNEWSを追いかけていたという。
2008 (特別賞)誠くん 熱狂的ロッテファンの父親に調教された小学生。名前の由来はもちろん某遊撃手。レプリカユニフォームの背番号は「00」
2009 川崎雄介 「チャッカマン」として大活躍!宿命のライバル「イトイダー」との「男と男」の…じゃなかった「左と左」の対決は炎上必至!?
2010 大松尚逸 前年までの「ボヨヨン」守備から、後半戦は全く打てず、バント出来ずで役立たず。「ジャマクセー」と嘲り受けながら、最終戦では「マツエモン」というキャラに昇華
2010 伊藤義弘 西ヤンに命令されて年中パシらされ続けた中継ぎの柱・「伊藤くん」。最終戦ではクローザーを務め、西ヤンに売られたケンカに勝つ! (ドラえもん幻の最終回オマージュ)
2011  

過去の輝かしい受賞者の顔ぶれです!果たして今年は誰になるのか?

続きを読む
posted by mansengo at 00:58 | Comment(6) | 千葉ロッテ観戦記
2011年11月21日

貧打野球、ここに極まれり!【日本シリーズ6・7戦】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

関東地区の第7戦の視聴率18%、完全にオワコンな野球ですね…北部九州地区の瞬間視聴率は62%にも達したらしいけど。野球熱の地域格差も今後どんどん広がっていくだろう。
野球熱の高そうな名古屋も、8年間の落合竜野球で相当テンション下がってんだろうし。そのテンションが下がったチームが4回も優勝し、5回も日本シリーズに進んでいるんだから、他のチームは推して知るべしな状況なんでしょう。

続きを読む
posted by mansengo at 22:02 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年11月18日

シリーズ第5戦は関ヶ原はたまたミッドウェイか

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

驚いたことに、前のエントリで予想(?)した通りの展開になり、この5戦目は天下分け目の戦いになる。中日は勝負をかけて、やはり中4でチェンを持ってきた。ホークスはやや余裕の山田起用。チェンで落とせば、後は「福岡冬の陣」」が待っているだけ。外堀は埋まっており、衆目の一致する結果が待っているだけだろう。

続きを読む
posted by mansengo at 01:26 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年11月13日

ノー感じな森野が流れを変えたと思う【中日の得失点差がヤバいことを知る】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

日本シリーズ第1戦、久しぶりにド頭から野球を見た。4安打対4安打の、今年を象徴するかのような貧打戦。和田が和田(ベン)にホームランを打たれるまでノーヒットピッチング。どこで流れが変わったかを、ゴンドラの高木豊は「余計なフォアボール」と判を押したような答えを出していたが、ちょっと見方を替えて、ここじゃないか?と思うポイントを挙げてみたい。多分誰も挙げそうもないポイントだと思うので。

続きを読む
posted by mansengo at 03:20 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年10月31日

ポストシーズン童貞喪失【2捕手の邪魔ものともせず】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

Uターンあたりの段階で優勝へもっとも近い位置にいるチームが失速すると、まずポストシーズンゲームは勝ちきれない。いつぞやの巨人に大逆転優勝を許した阪神も2位フィニッシュも1stで散った。昨年の西武もソフトバンク3連戦に3連敗しなければ確実と思われたが、3連敗して逆転を許し、CS1stでも1戦目から「大逆転」を許した。2006年の西武も言ってみれば、「それ系」?
今年の日本ハムはソフトバンクが圧倒的に強かったように見えるが、この勝ちまくったソフトバンクを「射程範囲」に捉えるぐらい、こちらも前半戦勝ちまくったチームだ。後半戦はロッテとよもやの「連敗比べ」をするような状態に陥り、前代未聞の「2ケタ連敗チーム同士の激突」しそうなところまで落ちた。やはり、通例通り1stシリーズで散華した。

続きを読む
posted by mansengo at 10:11 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年10月30日

パの誇り・ホセ・フェルナンデス【勢い対日本最強投手】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

CSが開幕した。この1stシリーズ第1戦はかなり要注目な試合だと当初から思っていた。なぜならダルビッシュ日本最後の登板の可能性濃厚だから。え?ファイナルシリーズ?日本ハムの今のチーム状態でファイナルへ行けるはずがないと開戦前から思っておりました。
しかし、それでもダルなら…。日本史上最強投手が、目も当てられない勢いで上ってきたチームに坑いきれるのかが最大の焦点。今回のCS1stシリーズ、ファイターズが勝ち残るためには、この初戦を取らないと話にならないはず。ダルの双肩にファイターズのすべてがかかっているといっても過言ではない。

続きを読む
posted by mansengo at 01:21 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年10月19日

CS進出争い最大のヒーローはダル?

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

「バイナムのお礼はまだか?」というオリックスファンからの恨み言が聞こえてきそうな夜です。17日の試合、こちらも成瀬−ロサ−薮田と繋ぎ、精一杯なことはさせて頂きました。あれが我々の今の限界なんです!
西武が負けて、オリックスがCS→日本一になろうものなら、今年のバイナムは原で決まりなところだったが。今日もエラーしでかしてたぞ!そういや昨夜のマリンで、最後打席に立つ原にライオンズファンから叱咤激励の大きな声が飛びかい、「たくやー!」の大声援が飛んでいたが、よもやピッチャーも「たくや」ということをお忘れではないか?マリーンズファンからは姓と罵声しか浴びせられないようなピッチャーだから、珍しく自分の名前を熱くコールされて発奮したという噂もある!

続きを読む
posted by mansengo at 02:58 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年10月18日

原に2008年の塀内を、そして自分を重ねる【CS時代の倒錯的野球観戦術】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

今季現地最終観戦ゲーム。見所は…
D1001068

なんだ、コレ!(笑)

続きを読む
posted by mansengo at 03:13 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年10月16日

杉内はいつもマリーンズに泣かされる

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

牧田が今日もセーブを上げたらしい。一時は大本命になったかと思いきや、チームの失速に合わせるように、伊志嶺がまたしても壁にぶち当たるような不調に陥ってしまった。ここのところゲーム終盤に代打を出されることが多い。さすがに新人王は牧田で決まりだろ…。
しかし今日あらためて、この選手いいなぁと思ったのが、6回ツーベースで出塁の川崎が、本多のセンターフライでタッチアップから三塁へ進塁した時。この時の伊志嶺のカバーリングの早いこと!普通ああいった当たりで、レフトが送球の延長戦上にまで達することは稀だ。きちんと基本通りのカバーリングが出来ていた。当たり前なんだけど、当たり前が出来ていない人が多いゆえに素晴らしい!

でもオリックス戦の1イニング5安打1点の大拙攻の影の立役者は伊志嶺だったよね。伊志嶺のバックホームっていうより、あの浅い守備位置のレフト前安打で2塁走者に3塁を廻られてしまうという「弱肩」ぶり。普通は手を回さないところだが、三塁コーチもグルグル手を回していた。完全になめられている。オフはとにかく肩を治してくれ〜!

続きを読む
posted by mansengo at 01:41 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年10月13日

井口チーム三冠&10月月間MVPへ向けて爆進中

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事


ハ〜イ、みんなの井口だよ!
マリーンズファンのみんな、ご機嫌の方はどうだい?
悪くないって?
アッハハハ、そうだよね。見てくれた?昨日のホームランと今日のマルチ。
みんなに勇気を与えようと僕も必死だよ。
厳しい戦いが続くけど、最後までフル出場で戦い抜く覚悟さ!

続きを読む
posted by mansengo at 22:23 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年10月10日

セーフティー&セフティースクイズ共に処理失敗で奈落の底へ

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

Kスタは今年も伏魔殿だった…と思わせる4連戦でした。
すいません、おとつい・昨日の試合の後の更新をはしょってしまいました。書いても詮無いことだらけのような気もしまして。なんつーか、

チーム力がない

っていう一言で片付けるしかないような。これにどうのこうのやっても、4位が関の山っていう未来が見えてますよね。カープは今年で14年連続Bクラスらしいですね。あれぐらいの長期低迷を覚悟しておいた方がいいよな。
荻野貴司奇跡の復活や藤岡の獲得、金持ち企業の買取、落合招聘…これぐらいの「ミラクル」が起きないと、チーム力がそう簡単に上がるとも思えない。

続きを読む
posted by mansengo at 20:55 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年10月08日

早くも3発!10月の月間MVP候補・井口(笑)

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

今日は帰宅が遅く、帰ってTVつけたら薮田兄さんが投げてた(笑)

ネモ「唐川、おめでとう」
唐川「ネモさん、最後ホームランありがとうございました」
雅彦「おめでとう!」
唐川「雅彦さん、リードありがとうございました」
雅彦「ウイニングボールはヤブ兄さんから渡してもらった方がいいかと思って、兄さんに預けたよ」
そしてノッシノッシとマウンドから降りてくる、その男。
唐川「兄さん、本当にありがとうございました。記念の10勝目を兄さんのアシストで上げたことを一生忘れません…あっ!!」
「おらよ!」

なんと、記念のウイニングボールをスタンドに投げ込んでしまう兄さん!!

「おい、たかが10勝ぐらいで浮かれてるな!お前のポテンシャルからして10勝なんて朝飯前、常に毎年15勝たなければダメなんだよ!」

唐川に愛のムチ!兄さんグッジョブ!

(本音)俺もやっていない二桁勝利をこんな若造が達成するなんて、許さん!!くやぢぃーーー!!

兄さん、来年17年目で初となる2ケタ勝利を待ってるぞ!いや、そろそろ衰えてくれ…

続きを読む
posted by mansengo at 02:16 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年10月07日

ドラマがあっても客が入らない野球。無抵抗主義野球に1万人も集まる野球。

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

5回ウラ1死1塁、打席に清田の場面から見る。
今日はCTCが倉さん、TwellVがジョニーと、「仮想ラストゲーム」らしくエースが登板。この2つをザッピングしながら見る。考えてみれば今年はスカパーでの視聴が多くて、TwellVとかほとんど黙殺してきたなぁ…

続きを読む
posted by mansengo at 03:15 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年10月05日

試合背景的にも、試合展開的にも、The消化試合

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

The消化試合。CS時代に入ってから消化試合がかなり減っている。実際今年も優勝は早々と決まってしまったが、まだ2位3位争いは続いている。しかし今日のゲームは両チームとも順位的目的が全くない、本当の消化試合になってしまった。当然観客動員にも影響してくる。マリンでの残りゲームは今日も含めて、あと4ゲーム。なぜかビジターの試合がかなり残っている・・・

続きを読む
posted by mansengo at 00:56 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年10月02日

流れが悪い者同士の野球はセオリー無視ってか!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

延長11回 2-2の引き分け…るような試合か!?

続きを読む
posted by mansengo at 01:29 | Comment(3) | 千葉ロッテ観戦記
2011年10月01日

連勝です!でも空気読めよ、上川!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

「ソフトバンクファンの皆様、オリックスファンの皆様、俺様のチームがやりましたよ!よもやの逆転サヨナラで皆様が苦しめられたキュウの野郎をギャフン!ホークス、マジック1ですねぇ。バファローズ、ファイターズに1.5差ですねぇ。タナボタの味はどうですか?いいお酒飲んでますか?」

ソフトバンクファン一同・オリックスファン一同
「今日はあんた、なんにもしてないだろうが!!」

続きを読む
posted by mansengo at 01:07 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月30日

【Edyビッグニュース】楽天Edy+カルワザ10/1開始!チャージ+利用で3.5%還元

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

ポイント関連エントリです。昨日の試合関連のエントリはこちらを御覧ください。

Edy関連のBIG NEWSです。
日経プレスリリース 楽天、ポイントプラス加盟店にサークルK・サンクスが参画

端的にいうと、サンクスでEdy利用すると楽天スーパーポイントが200円で2ポイント付くようになります。

続きを読む
posted by mansengo at 10:31 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記

上野!角中!イ、イグチ?薮…兄さん、頼むわぁ

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

「皆さん、長らくおまたせ致しました、俺様に久々セーブが付きました。その結果、チームは11連敗で脱出。マリーンズファンの皆さん、いいお酒飲んでますか?」

マリーンズファン一同「あんたのせいでほろ苦いわ!!」

続きを読む
posted by mansengo at 00:46 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月28日

連敗中の今こそ、丁寧な野球を!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

昨日は帰宅も遅く、試合は7回に入っていた。途中経過で0-5と聞いていたので、「今日も又ダメか…」と思いながらTVをつけると、なんと3-5になっていた。どうも細谷の3ランが出た直後だったようだ。そして正人が安打。更に雅彦も続く!

と思ったら…あららら。伊志嶺のタイムリーが出たので1点差まで詰め寄ったが、この走塁死は痛かった。「連敗中の雰囲気を変えるためには、これぐらいアグレッシブにいかなければならない」とは思わない。連敗中だからこそ、ここは自重してほしかった。雅彦的には積極的に行ったというより打球角度的に「2塁にいっとかなきゃマズいんじゃね?」っていうような2進に見えたんですよね。大事な試合の場合、これは相当痛い。大事じゃないから痛くない…っていうのがつもりつもって連敗が止まらず、20以上の借金が貯まるわけでしょ。そういう悪循環を断ち切るためにも、大事に試合を戦ってほしいな。2点差ある場合は、同点の走者は絶対に大事に行かなければならない。無死1,3塁でも充分じゃないか。上位打線に繋がるんだし。

続きを読む
posted by mansengo at 10:56 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月27日

6連勝対6連敗が9連勝対9連敗に【でもナイスゲーム!】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

QUICK QUENCHは最高ですか!?
僕も今噛みながらブログ書いてます。今日も貰って来ました、QUICK QUENCH。でも最近、他の会社のチラシをマリンでもらうことが減ったなぁ…貰えるモノは親会社の在庫品だけ(笑)不況なのかな…それともチャネルとしてのQVCマリンは終わっ…いや、何でもない。
あっ、シーガルズの兄ちゃんたちがチラシ配ってたな。商策的に、というより地縁的にっていう感じだが。昔はシーガルズの試合によく行ったもんだ。

D1001044

続きを読む
posted by mansengo at 01:35 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月26日

ネモはなぜ魔送球を投げるのか?

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

1-4で今日も完敗。ヘイデン・ペンの復帰ゲームとなり、彼はそこそこ好投。本人のコメントでは高めにいって痛打されたみたいなことを発していたが、ナカジのタイムリーは低めだった。おかわりのホームラン、ナカジーのタイムリーはペンの失投だったかもしれないが、あとの2点分は「おいおい、取ってやれよ…」の微妙な当たりだった。止めてやろうという気迫も見えなかった。ああいうプレーを見せられると厭戦感が一層漂う。ただでさえ連敗しているというのに…

続きを読む
posted by mansengo at 02:26 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月25日

【左対左】成瀬からグラビンにまで話を飛躍させる小宮山ワールドワイド解説の魅力

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

金曜の7連敗目の試合は未見。土曜日の試合はTwellVで小宮山解説で見る。小宮山解説が素晴らしすぎて言葉にならない。

続きを読む
posted by mansengo at 04:37 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月21日

ロッテ村へ帰ろう!【変革の嵐は去った】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

仲良しこよしで野球をしましょう。生え抜きだらけでヌクヌクと、大した成績も上げてないけど十何年PLAYして、引退試合も挙行してもらって、優勝?何ソレ?な幸せな野球人生を送りましょう。
こんばんは、ロッテ村落社会における集落の崩壊・近代化を見つめ研究し、ライフワークとしてきた社会学者をしておりますmansengoと申します、どーも。

ムラ社会千葉崩壊の外交史【祝・井口獲得】

上記2009年1月21日付当ブログの力作ネタエントリでございます。村田兆治はなぜ村を飛び出したかったのか?
井口はフロントの肝いりで入団しましたが、その際に村落の青年たちがどのような行動に出たのか?

続きを読む
posted by mansengo at 02:28 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月19日

石川サリ本格的暗黒時代到来警報

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

瀬戸山と石川がやめるらしい…
暗黒時代に逆戻りか…この人事をよろこんでいる方は新参のファンでしょう。後任の名前は明らかになっていないが、これより「有能」な人たちもそうはいまい。
ボビー時代より前の「社畜」系フロントのクソっぷりは、野球以前の問題が多かったように思う。つまりはあの時代の「優勝なんてとても無理」っていうチーム状態に落ちて行くんだろうな…ファンも減ることでしょう。若干でも勝利のチャンスがあるから、「敗因」を探りスケープゴートを決めて、それを叩き、それを肴にファンというものは盛り上がれるのかもしれない。チャンスがなくなれば、そういう元気も失せてファン離れが加速。だいたい今の低予算でコストカッター・カルロス・石川以上に有能なGMなんていないわけだから、戦力補強に関しては絶望的。ない援軍を待つような時代に突入していくのか…いや、身売り、移転…この人事を見て最悪なことしか頭に浮かばないわ(親会社のヤル気のなさを見て、去るのかこの2人は?)。ジュニアもヤル気なくしてるんだろうね。身売りはいいけど、移転はマジ勘弁ってとこだよな。

続きを読む
posted by mansengo at 11:28 | Comment(3) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月17日

勝機は唯1箇所塀内ヘッド後、岡田にその芽を摘まれる

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

今日の放送の解説はコミさんだったのか!?聞き逃した!
いやさぁ、スカパ〜ってさ、「しじみ習慣」っていうCMが流れるじゃないですか。
あれの「昨日飲まれましたね?」の街頭インタビューに出てくる、チュート徳井を気持ち太らせたような関西弁の30代ぐらいのサラリーマンがいるじゃないですか。あいつの「なんでこれ先に出さへんねん」や「得意先行かな、ならんねん」とか、なんでタメ口やねん?
最高にウゼェェーーー!
アホでしょ?(つーか、お前本当に素人さん?)

あのCMを見るとイラッ、としません?たとえあなたがラ抜き族であったとしても。
そのCMが見たくないから、ゆえに、

続きを読む
posted by mansengo at 01:06 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月16日

ドームで貧打「どうむ出来ひん!」な3連敗

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

14日の試合は未見。清田4番イン!ゲームを見逃す。
今日のゲームは5回頃からGAORAで。解説は水上。ロッテOBとしての水上は死んだ!ほとんど前ファイターズ2軍監督という立場から、ファイターズの若手にエール送りまくりな放送となる。GAORAだからしょうがないのか…にしても、ヒドかった(笑)

続きを読む
posted by mansengo at 03:25 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月14日

タイトルは味方の援護があって初めて…援護??

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

昨日テレビNEWSから流れてきたNEWS
「将棋の羽生善治さんの獲得タイトル数が通算80になり、史上1位に並びました」
このNEWSを聞いて、私が思ったこと。
「羽生善治って畠田理恵の夫だよな。。。」
違う!
「羽生善治って7冠王になって騒がれていた時があったけど、アレって「将棋界にニューヒーロー誕生!」っていうより、周りがヘボいからじゃねぇ?」
と思ってしまった… プロの世界でタイトル独占なんて、他のプロは何をやっているんだ!と。。。
野球の場合、3冠王ですよね。これを置き換えると、
「落合って…」
あ、全然ヒーローじゃなくて「アンチヒーロー」だった!信子と川崎球場の影響でヒーローたりえなかった!

続きを読む
posted by mansengo at 08:27 | Comment(3) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月12日

俊介株暴騰!タイミング良すぎの好投

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

俊ちゃんに余裕が出てきた。巡り合わせの賜物。若手投手陣たちの相次ぐ討死。小野晋吾も後ろに回され、マーフィーも先発失格の烙印を押されたまま、2軍降格…前半戦、「もしかして俊介、とうとうローテ落ちか!?」ということを話題にした。その時ちょっと間違ったことを書いちゃったことを、今さらながらに訂正するね。10年間ローテを守ってくれている唯一人の人物と書いたが、実際は昨年最終盤は、はずされてるね(笑)クライマックスで衝撃的な復活を遂げて、そのイメージが払拭されていたわ。日本シリーズ最終戦も実は炎上しているんだけど、その試合で日本一になっているので、チャラ。伊達に10年張ってねぇ。巡り合わせには恵まれまくってるのよ!

続きを読む
posted by mansengo at 02:29 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月11日

TKO負け…野球はタオルを投げられねぇ!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

3-18の大敗。見ていて痛々しくなるほどの「力負け」。試合になっていたのは、マーフィーをマウンドから下ろし、大谷をマウンドに送って「ゲームを壊さいぞ」と西村君が動いたところまでだった。現状のメンバーで繋いで行こうというのは、「試合を捨てました」と言ってるのに等しい行為であることを、白日の下に晒してしまった。5回より前に一縷の望みを託して先発投手をマウンドから下ろすには、酷使酷使の中でも一定のパフォーマンスを保つ驚異のいじめられっ子、スーパーのび太君こと、伊藤君の存在なくして成立しないこともこの日証明された。

続きを読む
posted by mansengo at 08:59 | Comment(4) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月10日

最後の1球まであきらめるな!上野好投の要因をいろいろ探る

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

唐川のことを「不思議ちゃん」と書いたことがあったけど、上野はまったくもって不思議なピッチャー。なんで抑えられているのか、イマイチ不明だ。コントロールの破綻がないと書いてしまえば、栓ないが、それにしたって甘いボールでカウントを稼げるほどプロは甘くない。しかし、(特にホークスは)上野のファーストストライクを結構見逃してくれるんだよね…

続きを読む
posted by mansengo at 01:30 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月09日

スライダーに頼りきりな投手たちが「大好物」です!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

昨日の興奮もなんのその、すぐ現実に突き戻してくれる、我等が千葉マリーンズ!
今日も5回途中ぐらいから見た。既にマウンドに先発小林敦の姿は見えず、大谷が放っていた。大谷って先発失格の罰ゲームでこのポジションにいるのか、伊藤離脱の余波で後ろにまわってるのか、測りかねる。(アレ?離脱する前から後ろにいたっけ?)

続きを読む
posted by mansengo at 03:05 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月08日

祝・連敗脱出。チームを鼓舞した意外な人物とは…

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

6連敗…試合前の練習も皆一様に暗い…しかし、ある男がいきなり、はじけた!

ビル 「ニイサン、イトーサンガイナクナッテ、サビシイネ」
「あんな奴、いてもいなくても変わんねぇーよ」

ビル 「キョウハ ワタシガ プロレスノアイテダ」
「この野郎!」
いきなりコブラツイストをかける兄さん!

ビル 「イタイー!シヌー!」
「口ほどにもねーな、ビル!」
そこへ帽子を取ったカルロスがニコニコしながら現れる。
「お!カルロス、髪切った?ボルトみてぇーな岡田といい、お前ら禊(みそぎ)の気持ちが出ていて、いいな!」
兄さん、ご機嫌になって、左にビル、右にカルロスを両脇に従え、肩から頭に手を伸ばし、ビルのハゲ(!)頭と、カルロスの短髪をナデナデ。

それを見て、暗かったマリーンズナインにも笑いが戻った!
「ヤブ、ふざけすぎとちゃうか?」
背後から声が聞こえる。
「人がご機嫌なところ、うるせぇなぁ、誰だ!…あっ、片平大先輩!サーセン!
片平大先輩(上宮高校出身)が今日のTV解説だったのだ!

続きを読む
posted by mansengo at 00:15 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月07日

酷使ニモマケズ ソウイウ投手ニワタシハナリタイ

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

さて今日の試合、5回表1死、角中の打席から見る。CTC。テレビ埼玉のネットを受けているようだ。解説は弟ヤン。すでに0-3。成瀬先発ゲームでこの体たらく。裏のマウンドで既に球数90を超えているという塩梅。

 

続きを読む
posted by mansengo at 01:45 | Comment(4) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月03日

ムードメーカーには頭が上がらない兄さん

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

傍若無人、唯我独尊という四字熟語しか当てはめようがない、あの男だが、そんな彼にも球界の中に頭が上がらない人はいるのだ!

続きを読む
posted by mansengo at 01:29 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月02日

伊藤離脱…試合どころじゃ、ねぇー!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

7回にその悲劇は起きた。中継ぎの柱・伊藤君が、陽の折れたバットが飛んできたことに気がつかず、左すねに破片が刺さって血まみれになるという大惨事。昏倒悶絶。もちろん、すぐに病院に直行。ベットに乗せられながらスタジアム外に来ている救急車まで運ばれる。

「おい、ヤブ、試合中にどこに行くんだ!」
「知れたことよ。こんな展開で俺を使う場面もないだろ。アバヨ!」

続きを読む
posted by mansengo at 01:42 | Comment(3) | 千葉ロッテ観戦記
2011年09月01日

唐川、小谷野逆恨み弾に泣く、以降ダル節電省力モードピッチング披露

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

駅前留学はNOVA(ノバ)!
駅前演説はNODA(ノダ)!
ジャマクセーメジャリーガーはGUCHI!

ネタにしても全然韻も踏んでおらんがな!しゃらくせぇ、そんなこと気にすんな。
NOVA&NODAで思い出したのだが、80年代にマラドーナが(日本の)缶コーヒーのCMに出演していて、むりくり、
「NOVA!(ノ〜ヴァ=商品名)」
と言わされているCMがあった。
俺が通っていた高校は千葉北西部・東京下町・埼玉極東部・茨城極南部から生徒が集まっていたため、広範な地域差別が横行していた。下町のクチの悪いサッカー部の奴が、同僚のサッカー部の野田から通っている男に、このマラドーナのイントネーションで、
「NODA!(ノ〜ダ!)」
って言っていたのを思い出した(笑)
通じない話かもしれないので、YOU TUBE、カモン!

2番目のCMでマラドーナ「NOVA」言ってます。

当時のマラドーナは紛れもなくヒーローでした。俺はカレッカ、プラティニ派だったけど。

続きを読む
posted by mansengo at 01:19 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月31日

ブルペンひとりビアスタジアム

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

理想的な試合展開での久々の勝利。相手が武田勝だっただけに、難しい試合になるかと思いきや案外楽勝な展開に。マリーンズは今年、武田・ダルビッシュと当たっていなかったので、ファイターズ戦の戦績が良かっただけ…なんて思っていたんだけど、これで明日ダル食っちゃったら…

続きを読む
posted by mansengo at 02:05 | Comment(4) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月29日

お得意様から星を稼ぎ、同僚に迷惑をかける迷投手【それでも食っていける!】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

週末のゲーム、土曜は7回まで見て出かけてしまったため、一番いい場面(あの男登場シーン)を見逃した!日曜のゲームはTVはつけていたが、「ながら」で他にやらねばならないことがあったので、ボーーッと経過を眺めている程度なので、更新をしようかどうか迷ったがメモ程度に。

続きを読む
posted by mansengo at 01:35 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月27日

近鉄マリンズ対ロッテブルーウェー…ブらない!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

今日も又、マリーズファンが心をひとつにして、今の偽らざる気持ちを叫ぶ時間がやってまいりました。昨年も散々使ってきた、お決まりのフレーズ。司会の私がきっかけの言葉を述べましたら、ご唱和下さい。さん、はい。

「元メジャーリーガー」、

最高にジャマクセーーー!!!

続きを読む
posted by mansengo at 03:39 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月26日

福岡総決算・25安打対27安打で何勝何敗?

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

この3連戦を通じて、「あれ?」と思ったことがひとつある。ホークス打線がかなり狙い球を絞りこんできていることだ。前回のヤフー3連戦であやうくスウィープされかけたことに懲りて、その時と同じピッチャーを徹底的に洗い出している感じがした。
今日のゲームを見てても、

「なんで上野の初球の入り方、甘めのまっすぐを見逃すんだ??」
という疑問に包まれた。全部見逃したんじゃないか?初球のまっすぐを。これを里崎が気がついていたのかどうかしらないが、バンバンまっすぐで1ストライク目を稼いだ。上野の好投の最大要因はここにあった。しかしなぜ振らないのか?振ってきていたら、お決まりの炎上コースだったんだろうか?ここが謎だったが、今朝の朝刊にヒントともいうべき昨日の松中のコメントが掲載されていた。

続きを読む
posted by mansengo at 00:12 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月25日

劣勢的展開を跳ね返すPOWER!それは何!?

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

このブログの読者はマリーンズファンの次にファイターズファンの方が多いと聞く(誰から聞いたんだ?)
ごめんねごめんねごめんねー 弱くて
こんばんは、ホークス独走の片棒を担ぐ千葉ロッテマリーンズです。

でもね一言言わせてくれ。あんたらも楽天に負けるなーーーー!
ピッチャー誰だよ?糸数?初回に4点取られてるし!ていうことは・・・糸数的には

楽天打線(初回に4点取られる超強力打線「こえぇぇー」
ロッテ打線(プロ入り初完封をアシストしてくれる超協力的な打線
「ラクショ!」
っていうことでFA?

続きを読む
posted by mansengo at 01:04 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月24日

久々福岡でマリーンズ暗黒期時代のような試合を見た!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

さすがに今日の内容を見ると、今後のシーズン残り試合に大きな希望を持って見届けるのは、かなり難しい状況であると言わざるをえない。前節、西武に逆転サヨナラ勝ちしておいて、よかった・・・としか言いようがない。現状の対抗馬のオリックスが泥沼の7連敗に陥っているので、かろうじて今の地位が保たれているが、その後ろの楽天・西武に抜かれる可能性は大いにある。最終的には西武が来るかな・・・

続きを読む
posted by mansengo at 00:35 | Comment(3) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月22日

ベテランが繋ぎ、角中・根元でサヨナラへ【貧打解消のキーマン】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

「俺より1個上なのに、8イニングも放るのかよ・・・うおおおおお、俺こそ伝説なのに、アイツには負けれない。俺にも回マタギさせろ!!」

実は兄さんはオツには1目置いている。天上天下唯我独尊と思われがちな兄さんだが、なんといっても兄さんは
先発失格組
というコンプレックスを抱えて、今日も投げているのだ。兄さんはリベンジの牙を研いでいる。かつて西口−薮田の先発予告ゲームは完璧
捨てゲーム
であった・・・。

「来年、40歳対39歳の先発対決で真の決着をつけてやる!てめぇは8回が限度かもしれねぇが、楽々完投して今こそ「格の違い」を見せてやるぜ!」
見たい!年寄りの冷や水・完投チキンラン対決を!これぞホントのカントウダービー?

続きを読む
posted by mansengo at 09:58 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月21日

自ら進んで回マタギに走る伊藤君、そのワケは…

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

7回のマウンドのお勤めを終えた伊藤君は、あることに気がついた。
「今、2対3で負けてる。僕が7回。ロサが8回。相手の岸をウチの打線が打てる気配がない。ていうことは9回…

てぇいへんだーーー!

デェイエットーー
「てぇいへんだー」と「デイエット」はなんとなく語感が似ている。デイエット?昔日ハムで8番打ってた外人。

伊藤君は叫びながら走りまわる。22世紀から来た(ホントか?)ロボットの名前を叫びながら。

続きを読む
posted by mansengo at 00:56 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月19日

逆に考えるんだ。本来今日は9点取られて負けるはずのゲーム

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

「・・・・・・面目ねぇ。よりによって鶴岡にホームランを打たれるとは…。鶴岡にホームラン打たれる奴なんて泡瀬以外いないと思っていたのに…不甲斐ない。」

泡瀬?

続きを読む
posted by mansengo at 02:17 | Comment(4) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月18日

大敗的展開に一人ほくそ笑む男

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

6回表のビッグイニングで、ほぼ勝敗は決した。この回から見出したんだが、さすがに今日はこの回だけ見て、見るのやめた。大谷、中郷の悪い面が全て出てしまった。大谷が中田にカーブ攻めしているのが印象的だったが、さすがにあれだけ見せられると慣れてくるというか、「張る」もんなんだな。初ちゃんによれば、前の打席までも相当カーブを見せていたようだし。打たれるべくして、打たれた感じだが、初ちゃんによれば5回までも「何で抑えられているのか不思議な出来」だったそうだ。今年に入ってから大谷の甘いボールを打ち損じてもらえているケースが多い。しかし6回を超えるごろから許されなくなってくる。ショックな出来事が起きると、それに拍車がかかる。この日も中田にカーブを拾われ、稲葉のショートゴロをエンドランをかけられたがゆえにヒットになってしまったところから、キナ臭い匂いは漂い始めていた・・・。

続きを読む
posted by mansengo at 08:33 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月17日

暴走!ワイルド兄さん【兄さん究極の夢】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

9回表終了時点で4-1の3点差。ここまでエース成瀬が力投。
「成瀬、9回も行けるか?」
「ハイ!行かせて下さい!」
「さすが、エースの心意気だ。ブルペンの井上さんに電話しよう」
トゥルルル トゥルルル

続きを読む
posted by mansengo at 08:49 | Comment(4) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月16日

伝説の男の球団公認プロフィール作成秘話

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

千葉ロッテマリーンズに、アメリカ帰りの凄い人がいます。
井口さん?
もっと(ある意味)大物が。今日はその方のプロフィール作成をお願いしないといけないんです。気が重いっす…。

続きを読む
posted by mansengo at 00:31 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月15日

オレの辞書には回マタギなんてねぇ!【兄さんカッコ良すぎ】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

勝った!まさか勝てるとは思えなかった。最悪の流れ。方程式を計算できない頭の悪い人が監督というハンディ。無死2,3塁のチャンスで1点も入れられないクソ打線。その「負の流れ」を、あの危険な男がすべて断ち切る!
パパパンパパン パパパンパパン…ターミヤーブター

ロサ 「ニイサン、キョウはタスカッタヨ、アリガト」
「おう、カルロス。無死2,3塁でのバトンタッチ、ありがとよ!あそこは0点に抑えることもワケなかったんだが(←ウソツケ!)お仕置きに、1点取られておいたぞ!不甲斐ないお前には自責点という名のお仕置き、偉大なる俺様にはセーブ、だ(注:だから2点はやれない)」
清田 「やっぱ、さすがっすネ、兄さん」
「おう、清田。9回のイージーフライ処理ごくろうさん」
清田 (ズコッ、とコケる)
「それと、清田。ヒーローインタビューお前が受けて。オレ、ファンの前で「チームの勝利に貢献できて嬉しいです」とかウソつくの嫌だから。」

続きを読む
posted by mansengo at 02:59 | Comment(3) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月12日

マリーンズ×PASMOでTIMESポイント荒稼ぎ

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

ポイント関連エントリです。昨日の野球関連エントリはこちらより。
今日はSuicaとPASMOを中心としたネタです。

続きを読む
posted by mansengo at 11:59 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記

幻の対ホークススイープを求めて、今日も僕は「ネタ」る

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

既に6点取られた後の6回から視聴。今日はあまり書くこともない。

続きを読む
posted by mansengo at 02:27 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月11日

ナイスゲーム!大谷粘投・ゴリ3ラン・兄さん最高!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

序盤の3,4回のあたり(?)はラジオ日本の「マリーンズナイター」で聴取、6回以降NHK-BSで視聴。今季のベストゲームの一つじゃないか?大谷がオーティズの一発の1点で凌いでいる間に流れをこちらに引き寄せ、7回クリーンアップの四球→安打→本塁打という最高の点の取り方。そしてカルロス→あの男と繋ぎ盤石の逃げ切り。地味に守備固めの高グッチもいい動きしてたし(笑)

続きを読む
posted by mansengo at 00:50 | Comment(3) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月10日

ナル&サト・野球界屈指のイケメンバッテリーコンビ復活

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

昨日の9回裏の前のブルペン。

「Hey、カルロス!ヨンテンサ。You Should GO!」

ロサ「ワカッタヨ、ニイサン・・・サンテンサ、ジャナイモンネ。」

続きを読む
posted by mansengo at 08:33 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月07日

【あの有藤にツッこまれる】時間稼ぎ野球

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

震災下のプロ野球は、時間制限アリ〜のだからフットボールの技術の応用が肝要。イマ・エスタのコーナーフラッグ周辺でのボールキープ技術は秀逸。さらに普段は空振りばかりしているサトザビッチが、平野の速球にファールで粘る粘る。それでも「あと1分足りない…」っていう時は、イマ・エスタもサトザビッチも最後の奥義を持っている。「秘技・バット投げ」バットをボールボーイが拾いにいってる時間も結構バカに出来ないぜ!

続きを読む
posted by mansengo at 02:31 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月04日

夜の9時半、サトの小細工、薮田兄さんに心通じず

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

9回裏4-4の同点、2死無走者、打者鶴岡。時計の針は9時27分
「札幌は夜の9時ハン」そりゃ、東京は夜の7時!

ここからサトザビッチがイエローカードぎりぎりの遅延行為テクに出る。状況をよく解ってらっしゃる左翼席の一部サポーターからはブーイングも。「おお、温いファンが多いかと思っていたけど、札幌もやるようになったやん」

サト「ヤブさん。エヘヘ、これ(こうやってマウンドに足を運んでいること)も時間稼ぎの一環ですわ。鶴岡ですから、3球以内に料理することも可能ですけど、そこはあえて、2つはボール球挟んでくださいね。そしたら丁度9時半回るさかい、引き分け確定ですわ」

「ま、どうでもいいけど(つーか、こんなセーブどころか勝利もつかない場面で、伝説の男を無駄使いしすぎだろ、西村のどアホは!)」
サト「絶対お願いしますよ。もし9時半前に終わっちゃったら、ヤブさん、10回も投げないといけないハメになりますよって」

「俺様のスタミナ考えれば、別にそっちでも構わないぜ(どっちにしろヤル気ねーけど、セーブがつかない時点で)」
サト「いやいや、糸井とかに廻ってしまいますさかいに…(ホフパワーにあわやサヨナラのあたり打たれてるくせに、よーゆうわ、このオッサン!)」

そして、やりすぎて、鶴岡を3-0にしてしまう薮田兄さん!
慌ててストライク入れて、おまけにヒットを許す愉快な薮田兄さん!
スケールズに続かれ、完全にサヨナラのピンチに陥ってテンパる薮田兄さん!
さすがです…キャラ通りの展開です。

続きを読む
posted by mansengo at 23:20 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月03日

中田翔劇場に助けられるラッキー勝利

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

「代打二岡だと?まだ野球やめてなかったのかよ!?なめてんのか、梨田は。16年目でクローザーを勝ちとった・伝説の男のまっすぐを、あんなヘッピリゴシで打てるはずないだろ!てめぇも早くモナ同様、引退しさらせぇ!ウオリャ〜〜」
と叫びつつも、二岡に対してフォークボールを連投する薮田兄さんであった…。

続きを読む
posted by mansengo at 00:03 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年08月01日

犠打処理悪送球の悪夢

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

日曜の試合、対マー君戦は4〜5回あたりと、終盤の8〜9回あたりのみ視聴。見ている時に敗戦につながる失点シーンがあった。

続きを読む
posted by mansengo at 02:00 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年07月27日

進学校出の職業野球選手=雑の、フ・シ・ギ

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

今日の試合は4回表あたりから、途中パラパラと抜けながらも最後まで見た。でも6回裏の長〜いライオンズの攻撃の時は一切合切見てたよ。「いつ終わるんだよ、この回!」と本気で心配してくるぐらいのグダグダぶり!関東ダービーはこうでなくちゃ…違うか。

続きを読む
posted by mansengo at 00:59 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年07月21日

祝・ゴーレム山本、六大学・NPB通算初勝利

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

六大学でも勝ったことがないピッチャーが、とうとうNPBで勝ってしまった…

NPB地に堕ちたり!

しかし、これは初めてのことではない。最後には浅草橋ヤング洋品店で中学生にヒットを打たれて球界を去った、小林至に次ぐ記録だ。
球速120キロ台の小林至が公式戦に姿を見せることはなかったので、オープン戦での勝利だけどな!
もちろん六大学で未勝利なピッチャーがいる球団なんて、ギャグ球団でしかありえませんから、小林至の所属球団はあえて注釈を加えないけど。
獲得理由=カネヤンの気まぐれ

続きを読む
posted by mansengo at 00:40 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年07月20日

俊介のローテ防衛に立ちはだかるイ・スンヨ

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

スコアぐらいブログに貼れよ!的なブログです。

今日の薮田兄さん。
9回表1死2塁。M3-1Bs 2塁走者代走早坂、打者サト。
「よ〜し、サト。タイムリー打ってくれ!2点差と3点差じゃ大違いだからな!」
カポ〜ン!
「ああああああああ!」
2ランホームラン!
「マジ、ヤル気ねぇ…おい、上野!・・・そうだ、アイツは先発にまわってたんだよな。マジ使えねぇ。なんで俺の隣に川越あたりが投げて準備していない訳?ベンチも4点差開くと思ってないよな。サトがホームラン打つなんて、これっぽっちも考えてないよな。サト…いや、俺に失礼だろ!」
マウンドに登る前の恒例のブツブツも、今日はこんなカンジ…
「マジ、西村頭悪すぎ。明日完投能力の無い晋吾だよ?こんな4点差で俺様ちゃん使うなんて、もったいないことして、明日の俺様ちゃんの「おいしいセーブタイム!」に支障をきたしたら、どうすんの?マジ、使えねぇ監督」

 

続きを読む
posted by mansengo at 03:49 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年07月18日

投は勿論上野、打は工藤が強烈アピール

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

今日初めて、MXの「これからはパリーグだ!」を見る。出演のお笑い芸人はホークス担当・竹山に、オリックス担当・岡田圭右。司会はMXでしか見かけないイッツミーの息子に、松中の姪。and 駒田徳広。駒田が大オチを持っていくオイシイ役回り。ていうか、それを差し引いてもお笑い芸人以上に、駒田兄さんの方が面白いという事実!
今日のメールテーマが「パリーグで今年一皮むけた選手」。紹介映像では中田に唐川、グッチあたりが映っていたが、各パネリストはこんな感じ。ホークスファン竹山は「山田」、岡田圭右は「寺原」・・・なるほどね。で、駒田兄さんがフィリップを勢い良くバンと廻す!

斉藤俊雄

兄さん、面白すぎだろ・・・「横浜や、ロッテに1年間いて、全く目立ってなかったのに、いまや毎日のように試合出て、1試合に1本ぐらいヒット打ってますからね」いや、よく見てるなぁ。そういや駒田の紹介は、「巨人・横浜で活躍し2000本安打も達成した…」というものではなく、「前楽天コーチの」一文だった!どこまでパリーグオンリーなんだよ、この番組!
こりゃ毎週チェックだな。あっ、次回7月24日は丁度アナログ終了してるから、次回から見れない…

続きを読む
posted by mansengo at 03:11 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年07月17日

小林覚醒で川越補強成功説。大谷は杉内より長い回を投げる

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

金曜の試合は未見。土曜の試合は7回表から最後まで。
まず、金曜の新聞の話題から。普段目を通さない東京新聞を見た。何気に東京新聞は昔、「都新聞」と名乗っていた頃から職業野球押しの新聞で、名記者・大和球士を生んだ。その余香が残っているのか、中日新聞の資本が入ったことも影響しているのか、今でも一般紙の中では讀売と双璧なぐらいプロ野球の記事が充実していると思われる。

木曜に初勝利をあげた小林敦のネタが載っていたが、何でも「同じ体格・体型」の川越の体の使い方を参考にして、プロ入後フォームを微調整したらしい。「参考」じゃなかった、「盗んだ」と書いてあった。本人が引退後、そのエピソードを披露するのもいいが、まだ川越、一応現役だし(笑)ライバルなんだから、その辺はオフレコにしておけよ!まぁ川越もそう言われて悪い気はしないだろうが。小林が本格覚醒して、ローテ定着なんていうことになったら、川越補強はそういう意味で「成功」になってしまう・・・(ていうか、最近本人も地味に抑えてねーか!?興味ないけど。)

続きを読む
posted by mansengo at 02:12 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年07月15日

ほぼ2球種で7回2安打の小林敦の「怪」投

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

1.糸井 .328
2.坂口 .319
3.本多 .316
4.井口 .315
5.栗山 .304
6.田中 .290
7.高須 .289
8.小久保 .282
9.中島 .281
10.川崎 .280

これが現在のパリーグ打撃十傑である。非常に寂しい数値である。ここから気がつく点がありますか?

続きを読む
posted by mansengo at 01:51 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年07月14日

【小宮山激賞、西村は最敬礼】伊藤、チームを救う力投

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

マリーンズのベンチに、みんなの願いをかなえてくれるマツエモンがいるかと思ったら、単なる石川のスパイだったというオチで、昨日ファンタジー・マリーズファンを裏切ってしまったmansengoです、だうも。(まあ昨年のレギュラーシーズン最終戦でキレイに完結させているので、余計なスピンオフだったけどネ)
「僕、マツエモ〜ン。今日は選手会長だけど試合に出れませんでした。これぞ『和』!」

でもガンツ先生はマリーンズベンチ内に本当にいたぞ!いつも目を充血させて謎采配を繰り広げている色黒のオッサンが、7回表のピンチを切り抜けた後、口を開けてアゴをパクパクさせはじめたぞ。
お腹が開いた!ビーガチャン!
「今日のイトウくん、1000点」
ウォオオオオオオ。ニシムランツ先生が採点した中では、過去最高得点を出したァ!

続きを読む
posted by mansengo at 01:17 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年07月12日

22でヴェテランの風格漂う唐川&40手前だけど若い人たち

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

調子がイマイチの唐川に替わって、7回のマウンドに上がったのは伊藤くん。
「今年も俺を殺す気かよ!」
フォアボール、送りバント確実なバッターにスリーボールと、散々。見るに見かねてマウンドを下ろされる。

 

続きを読む
posted by mansengo at 22:55 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年07月11日

難敵・攝津≠ジョニー!?

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

攝津の前に為す術なし…

攝津って、ジョニーと投げ方がかぶる。独特の小さなテイクバックと力強い着地。どの球種でもストライクが取れて、とりわけカーブでいつでもカウントが稼げるところが特徴的。勝気むき出しで向かってくる気風のいいピッチングと面構え。中継ぎの柱だった昨年、一昨年は、そういった持ち場の差で、そこまでの意識はなかったが、先発に廻ってからの攝津は、投手としてのタイプ・資質的にも、かなりジョニーにかぶる。

続きを読む
posted by mansengo at 02:19 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年07月09日

正人躍動。成瀬を超絶援護。

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

アラサー女とダジャレ大好きオッサンという、ユルい職場にいそーな、脳ミソがとろけそうになりそうなコンビがお届けする野球中継。今日のブログ、まずはそれにツッコンでいこうと思います。

 

続きを読む
posted by mansengo at 00:36 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年07月07日

小野晋吾、味方打線にラブ(0点)注入!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

ヒーローインタビューで晋吾が新境地(新キャラ?)を見せた。楽晋吾だったのか・・・野手に向かって「ラブ注入」とかやってるんじゃねーだろーな?どうりで野手が打たないわけだ・・・「LOVE=0点」・・・(テニスで「サーティ・ラブ」とか言うだろ)愛は勝つ・・・じゃねーんだよ、愛は0点なんだよ!

続きを読む
posted by mansengo at 00:55 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年07月06日

転校生を迎えた大人しい岡田君の変身記念日

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

今日の試合、何が驚いたって…
唐川の乱調でもなく、カスティーヨの4安打でもなく、
岡田が又ひとつ違ったステージに立ったことに驚かされた。

続きを読む
posted by mansengo at 01:33 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年07月03日

大谷を援護する打者陣、そうはなるかとリリーフ陣

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

ベンチで不安げな表情で伊藤のピッチングを見つめる大谷。まさかの「一発出れば同点」、相手打者は4番打者、というところまで追い上げられた。「やっぱり僕は勝てないのだろうか・・・」そう思っても不思議ではないような状況だ。
しかし、ここは何とか伊藤が踏ん張って、マウンドを降りてきた。
「ワリィワリィ、大谷。ブルペンで薮田さんにさぁ、セーブがつく状況で投げさせくれって頼まれたもんだからさぁ、1点お前の自責点借りて状況を作り出したぜ!」
「伊藤兄さん!」

続きを読む
posted by mansengo at 11:11 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年06月30日

4番打者の一打を信じる少年のストーリィ

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

昨日の斉藤祐樹攻略のゲームの映像は全く見れず。
この写真を見て、「斉藤=川越」説をさらに強く思った。
斎藤 2軍施設でファンサービス「戻ってこないように」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
中に川越が入ってるだろ。川越、1軍に上がってるのにほとんどマウンドで見ないのは、斉藤祐樹影武者説まであるな。

続きを読む
posted by mansengo at 23:46 | Comment(1) | 千葉ロッテ観戦記
2011年06月28日

唐川エースの証明、サブローの大仕事

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

サブローって大仕事したよね。去年の納会で唐川を泣かすっていう・・・
その悔しさをバネを唐川という強力なエースが生まれたわけだから。本人今年何もしてなくても、「よくやった!」と思えてしまう。いたらいたで、チンタラ&ボーンヘッドを見せられるかと思えば、むしろこっちの方がいい仕事(笑)

前回及び前々回登板を見て、(このブログでは)不安を感じていたのだが、その不安を払拭するような内容で唐川が1-0完封。味方が拙攻の連続で、追加点を取れないという、一般的に「逆転される流れ」の試合で、相手に反撃の芽すら与えない完璧ぶり…いやー恐れ入りました。もう、エースとして認めます。被弾グセ招き猫のことはもう忘れました。
「ワタシノコトモ、ワスレナイデ。ドゾヨロシク!」・・・ええーい、No.シックスナイン、お前はサブロー以上に何もしてないだろうが!

続きを読む
posted by mansengo at 22:07 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年06月27日

西村ピンクユニ仕様采配ズバリ。南VSフィガロ、炎の対決(脇役;俊雄)

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

とにもかくにも勝った。「不思議な勝利」だった。先発・渡辺俊介の好投がもちろん殊勲甲で、「そういうピッチング出来るなら、毎回試合作ってよ。それがハードル高いんなら、せめて2回に1回ぐらいは…」と、複雑な気持ちにさせてくれる好投だった。今日は緩急が冴えていて、オリックスのバッターがことごとくタイミングをはずされていた。的場がよく打者を観察していた賜物だろう。

続きを読む
posted by mansengo at 01:27 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年06月26日

平野に見下ろされ、イスンヨプはナメすぎ…

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

土曜日の試合を観て。阿波野解説のスカパーで4回あたりから、最後まで見る。今江がバットを放り投げた時、見事な提言が。バットを投げたものに罰則のようなものは作れないか、と・・・確かに危険だからなぁ。
「僕達の頃にもいましたよ、バナザードっていう選手が。バット投げて、自分で拾いに来るんですよね。」それが怖かったと。

続きを読む
posted by mansengo at 03:11 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年06月20日

今江と宮本・PLのキャプテンシー 正人とネモ「最後の聖戦」

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

昨日の試合はスルーで、今日の試合について書きます。
4連勝STOPでマウンドを任されたのが唐川。ここまでの安定感あふれるピッチングを見れば、誰しも期待したくなるところです。ところが・・・

続きを読む
posted by mansengo at 02:13 | Comment(2) | 千葉ロッテ観戦記
2011年06月16日

岡田+アルバラデホがマリーンズに流れを引き寄せる!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

すごい試合を見た(5回からだけど・・・)。
昨年の開幕3試合目で、「ヤバい、我々は外野版・小坂を手に入れてしまったようだ」と書いたが、撤回です。そのセリフは今日のための言葉でした。
「我々は外野版・小坂を手に入れてしまったようだ」

 

続きを読む
posted by mansengo at 02:13 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2011年06月15日

井口大ブレーキも総力将棋で3連勝

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

サッカーから将棋になりました。セルジオ越後が解説でよく使うフレーズ。最近の野球を見ていると、ほとんど将棋。将棋見て楽しいと思う野球ファンがそんなに多くいるとは思えないのだが・・・

先手 ロッテ 相矢倉 後手 巨人

続きを読む
posted by mansengo at 02:15 | Comment(3) | 千葉ロッテ観戦記
2011年06月13日

消極的な伊志嶺が3-0からスイング、初本塁打

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

お久しぶりです。
12日の試合をTV観戦していて、伊志嶺のホームランに興奮したので、久々にブログを更新してみます。

続きを読む
posted by mansengo at 02:38 | Comment(3) | 千葉ロッテ観戦記
2010年11月08日

あきらめない野球。その姿勢に感動しました!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

douage
↑ 69番、はしゃぎすぎ(笑)

続きを読む
posted by mansengo at 02:26 | Comment(4) | 千葉ロッテ観戦記
2010年11月07日

「持ってる男」はサブロー?高橋?延長15回無為!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

成瀬対チェン。今シリーズの「関が原」?「奉天大会戦」?「ミッドウェイ海戦」?ともいえる、事実上の行方を決める一戦は壮絶な残塁合戦の末2-2のドローとなった。

続きを読む
posted by mansengo at 10:46 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2010年11月06日

誰も知らない西岡剛の大記録への挑戦【RS,PS合計試合数】

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

見せかけのデータの真の意味に常にツッコミ、野球の記録をもっとシンプルにしろと提唱しながら(安打という項目をなくせetc)、その実、誰よりもデータに詳しい(←ウソコケ!)mansengoです。どーも。

続きを読む
posted by mansengo at 00:28 | Comment(4) | 千葉ロッテ観戦記
2010年11月05日

クラさんも俺も「3塁行け!3塁行け!」「谷繁落とせ!」

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

野球中継の放送のスケジュールが詳細に書かれてあるブログがあって、いつもそこを参考にさせていただいている。
●●●●新・「プロ野球」中継事情●●●● - Yahoo!ブログ

ここで実況や解説者からレポーター、新聞のラテ欄に書かれてありそうな文言までチェック出来、重宝している。
ほお!今日は三重テレビでも、千葉テレビの中継がネットされるんだ。名古屋でも映るのかな??と思って調べてみると「サービスエリアは伊勢湾環状帯」と書いてあった。愛知県西部の大部分(むろん含む名古屋)と岐阜県の一部までカバーしているようだ。

続きを読む
posted by mansengo at 03:08 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2010年11月04日

勝利をどうぞどうぞ。日本シリーズで初めて痺れました。

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

ダチョウ倶楽部のギャグの中で一番好きなのが、「どうぞどうぞ!」と、一歩後ろに下がって譲ろうとする奴。なんか昨日の試合を見ていると、中日が何度も「勝利を、どうぞどうぞ!王手を、どうぞどうぞ!」と言いながらも、こちらが「いっすか?俺行っちゃって、いいっすか?じゃあ、お先に」とためらっていると、「いつまで調子に乗ってんだよ!」と後ろから頭をひっぱ叩かれる、上島竜兵のような役回りの試合だった。

続きを読む
posted by mansengo at 10:44 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2010年11月03日

シリーズ全局のターニングポイントを制する清田の勇気

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

1戦目・・・吉見が悪すぎた→中日の負け!
2戦目・・・ビル、ド派手に炎上→マリーンズの負け!
3戦目・・・山井が悪すぎた→中日の負け!

先発ピッチャーのコンディションで全てが決まる、あまり起伏のないシリーズですなぁ、今のところ。
ここまでの戦いぶりが見事すぎるので、なんかそのまま行っちゃいそうな気もするのですが、現実として、ペン、唐川がどれぐらい投げてくれるのかはフタを開けて見ないと判らない。もし4,5戦目を連取されるようなことがあれば、成瀬で勝てても、7戦目が苦しい。そうなったら中4日で俊介が行くのかな?

続きを読む
posted by mansengo at 03:08 | Comment(4) | 千葉ロッテ観戦記
2010年11月01日

マーフィー秋の大運動会参加種目「玉入れ」

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

季節はもう秋・・・誰もいない海・・・

「よ~し、パパ、頑張って入れまくっちゃうからね!」
日頃運動不足を指摘されているビル・パパ、ゴミ箱に紙くずを捨てに行くのも面倒くさくなり、遠くから投げる始末。これが又、ゴミ箱に入らない!
練習の成果を見せようと、息子の運動会の「玉入れ」に参加するも、これが又、入らない。参加者中最下位の成績で、子供の前で赤っ恥をかく始末。しかし、これぐらいの恥はなんともない。
「この季節になると思い出すなぁ・・・ジャパンシリーズでもサトのミットに玉が入らなかったことを・・・」(自分の投げたボールに、「エビ反り」になりながらキャッチする里崎を思い出しながら回顧)

続きを読む
posted by mansengo at 10:20 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2010年10月31日

手短に第1戦感想。いい試合の中にもダメな奴らがいる!

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事

日本シリーズ1戦目を見ていて・・・

宏之の顔面がKスタ連続逆転劇を食らった頃と同じようにこわばっていた・・・
ボールも最悪。まっすぐはありえないぐらいシュート回転して、制御不能。それゆに置きにいってるんですよね・・・典型的やられるピッチャーのパターンになっていたが、森野がド甘いボールを打ち損じてくれてゲッツー。昨日の試合はここが最大のポイント。これ、もしちょっとでも打球のコースが右か左にずれていると大変なことになっていたぞ!

続きを読む
posted by mansengo at 13:11 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記
2010年10月27日

千葉テレビで日本シリーズ!?

HOME千葉ロッテ観戦記 > この記事



マジッすか?これは?
あれ、大事な部分がブログ上からは見えないな。
大事な部分を下記に引用いたします。

第1〜5戦はNHKBSで中継されるほか、第1戦はテレビ愛知、第2戦は東海テレビ、第5戦は千葉テレビでローカル放送される。第3戦はテレビ朝日、第4戦はテレビ東京、第6、7戦はフジテレビが地上波で全国放送する。
引用元: asahi.com(朝日新聞社):日本シリーズ、第5戦も地上波なしが決定 - スポーツ




千葉テレビでは日本シリーズの放送予定はないって
アナウンスメントされているという別の情報を
聞いたこともあったんだけど・・・。


続きを読む
posted by mansengo at 09:24 | Comment(0) | 千葉ロッテ観戦記

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。