最強クレジットカード「JQ CARDエポスゴールド」の全貌が判る。年間100万の利用で還元率2〜3%にも達するモンスターカードです。
2018年03月21日

Edy「3ジャンル77」の落とし穴/dカードプリペイドを高島屋で使うのは気をつけた方がいい

こんにちは、キャンペーンに踊らされる人です。

電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | キャンペーン情報 | 買いまわりでおトク!楽天Edyを使おうキャンペーン!

この今月から始まった「Edy買い回り」キャンペーンなんですが、説明ページの説明に不確かな部分があり、サポートに問い合わせると間違った案内をされてしまいました…

edy377drugfoodlogo

ページ内に「コンビニ」「ドラッグストア」「飲食店」のロゴがあるんですが、コンビニはほぼEdyが使える所が網羅されているのに比べて、ドラッグストアと飲食店は一部しか掲載されておりません。
これは当初、
「今回はこのロゴが掲載されている店舗だけが、3ジャンル77の対象店舗なのか?」
「それとも同ジャンルのEdy加盟店は全店舗対象なのか?」
どちらか判別付かない記述でした。
たとえば飲食店では「マクドナルド」「モスバーガー」などのロゴが掲載されておりません。これが今回のキャンペーンの対象になるのか、ならないのか?

最初サポートに問い合わせたところ、
「ならない」
という回答でした。つまり飲食店は
・ドミノピザ
・リンガーハット
・プロント
・銀座ルノアール
・大戸屋
に、今回の買い回りキャンペーン対象は限られるという回答でした。
PCのキャンペーンページには5店舗のロゴが入っているので、そういうふうにとらえてしまう人も多いでしょう。
ところがスマホ版のこのページを見ると…
買いまわりでおトク!楽天Edyを使おうキャンペーン!
「買いまわりでおトク!楽天Edyを使おうキャンペーン! 対象店舗」全チェーンが表記されており、飲食店もズラズラ出てきます。
「マクドナルド」や「モスバーガー」も対象です。
再度サポートにこの件を問いただしたところ、
「申し訳ございませんでした。そちらの案内が正しいです」
との事!危うく機会逸失するところでした。いや1回、今回の対象店舗を利用していたのですが、
「3ジャンル77の対象じゃないから、今回はEdy使わなくていいや」
と別の決済方法を選択してしまっておりました…。ま、でもその後、しっかり対象のEdyに加盟している飲食店を使ったので、無事条件をクリア出来ました。スマホ版のページに書かれてある対象店舗の方が「正しい」ので、皆様お気をつけください。

edyautocamp201803
電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | キャンペーン情報 | Edyオートチャージでポイント3倍
3月14日からは、Edyオートチャージによるチャージポイントが3倍になるキャンペーンも始まっております! 4月7日までと期間も長めです。
最近は「Edyチャージ2倍」「Edyオートチャージ2倍または3倍」というチャージによるポイント倍増キャンペーンが頻繁に行われております。Edyチャージ時のみポイント付与率が「0.5%」と半減してしまう楽天カードですが、時期を選べば普通にカードを使う時と同様の「1%」、更には普通のカード利用より割りがよくなる「1.5%」でEdyにチャージ出来てしまいます。

さらにEdyの利用に対しても「200円で1ポイント」に留まらず、「Everyday Edy」で1日3ポイント、もしくは5ポイント付けてくれます。Everyday Edyの付与条件は「1日100円以上のEdyによる買い物」です。200円以下の買い物に対しても、ポイントが付いてしまうのです!そして月に1回でも「Edyオートチャージ」を実施していれば、1日5ポイントもらえてしまうのです(オートチャージ未実施の月も1日3ポイントもらえる)。
こちらは一応キャンペーンですが「毎月開催」と銘打たれており、大体月の初めの方は行われていないのですが、第1月曜日から月末ぐらいまで、月間25〜30日は稼働している感じです。

極端な例ですが、「Edyオートチャージ3倍キャンページ時にチャージ」したEdyで、飲食・コンビニ・ドラッグストアの3店舗500円づつ利用した際の還元率を求めてみましょう。
1,500円チャージ → 1.5%…22pt(便宜上)
1,500円利用 → 500円×3回利用なので…6pt
Everyday Edy → 3日分…15pt
3ジャンル77 → 77pt
合計 120pt 還元率 8%
これらをうまく複合させれば、還元率最大8%、それもすべて楽天スーパーポイントの同一口座にまとめることが出来てしまいます。


店舗でオートチャージ出来るのは楽天カードだけであり、「オートチャージ3倍」キャンペーン対象者は必然的に楽天カード所持者となります(Edyのスマホアプリにもオートチャージ機能がありますが、あれは別物で、店舗でオートチャージされるわけではありません)。
また楽天カード付帯のEdyのみ「Everyday Edy」により、1日最大5ポイント稼げる訳ですから、もはやEdyを使っていくなら楽天カードは「必携」とも言えます。現在は「Edy」のみならず「楽天ポイントカード」機能も付帯されておりますので、ツルハドラッグなどでは「(この1枚で)ポイントカード提示して、なおかつEdyで支払う」ことによって爆発的に楽天ポイントも貯められてしまいます。更に今月から毎月開催キャンペーン「3ジャンル77」が開始されたので、「飲食店」「コンビニ」「ドラッグストア」といった、最も電子マネーが活躍できるシーンでのポイント荒稼ぎが出来る状況になって参りました。他の電子マネーと併用するにしても、この3ジャンル3店舗分の利用は毎月欠かさずEdyで支払いたいところです!

楽天が「第4の携帯会社」に名乗りを上げて以降、その楽天との関係がギクシャクしているドコモの方も、dポイントを活用した凄いキャンペーンを今月行っております。
dショッピングやdトラベルはcolleeeを使ってキャンペーンポイントに上乗せ【20日はdショッピングデーも複合】
3月20日には、dショッピングやdファッションの利用で50倍以上になるキャンペーンが行われておりましたし、3月21日には、
電子書籍[コミック・小説・実用書]なら、ドコモのdブック
の方で75倍、更に春のスーパァ〜チャンスキャンペーン25倍と組み合わせて「100倍」になってしまうものまで現れました。

3月14日〜21日までは、dポイントカード加盟店であり、dカード特約店でもある高島屋の方で大々的なキャンペーンが行われており、CMもバンバン打たれておりました。
dポイントカード|春の全館SUPERポイントウイーク|タカシマヤ
私も春のスーパァ〜チャンスを10店舗にするためもあって、3月14日に高島屋の対象店舗で食料品を購入しました。

dpritakasimaya20180314

dカードプリペイドを用い、1,080円の買い物に対して、
・消費税分の80円をdポイント期間限定ポイントを利用
・残り1,000円分をdカードプリペイド
で支払いました。
最大6.5%と書かれありますが、この場合何%還元になるでしょうか?dカードプリペイドへのチャージ部分は除いてお考え下さい。

私的には「食料品はdポイントカードのキャンペーン5倍のところ3倍に減額されてしまうので、4.5%還元になるのでは?」と思っておりました。
ところが打ち出されたレシートを後で確認して愕然とします。

takasimayareciet15

dポイント0!
しかもdポイントカード番号は「N000」になってしまっております。ポイントカードが認識されなかったのか?いや、80ポイント利用した事はしっかりと反映されております。
この件について問い合わせたところ「dポイントカスタマーセンター」「購入店舗」「高島屋担当」と、たらい回しにされた挙句、満足いく回答は得られませんでした。最後、高島屋の担当から
「しっかりお客様の番号はこちらで認識されているので、ご安心下さい」と言われましたが、ポイントに反映されないのでは意味がありません…。

正解を得たわけではありませんが、おそらく高島屋(食料品売場だけ?)でdカードプリペイドを「プリペイド」として利用すると、dポイントカードの方が「排他」されてしまうという事なのでしょう。排他なのにポイント利用できるのはおかしな話ですが…とにかく今回はdポイントカードの「通常0.5倍」が「キャンペーンで3倍の1.5倍」になった部分しかポイント付与されておりません。つまりdカードプリペイドを利用することは今回の高島屋においては著しく「損」だったのです。おそらく、dカードプリペイドを「dポイントカード」として提示し、他の決済方法で決済してやればポイントカード部分の「3倍」が反映されたと思います。こちらは「春のスーパァ〜チャンス」の店舗数を増やすためにも利用した部分もあった訳ですから、ポイントカードとして認識されないと困るのです。今回の件は本当に「痛恨」でした。
食料品購入の際には、「dポイントカード+dカードプリペイド」といったW取りは出来ない…これが高島屋のローカルルールのようです。


dカードの場合も、高島屋の食料品売場での利用はdポイントカードの部分は付かず「2%」になってしまいます。
ただ、他の売り場では「通常3%→今回のキャンペーン7%」になってしまうので驚異的です。高島屋をよく使われる方には3%還元も大きいと思いますので、普段使いの際にもdカードはいいんじゃないでしょうか?


ライバルの三越伊勢丹の方では年会費実質無料のMIカード(エムアイカード)スタンダードが登場しました。通常還元率0.5%、三越伊勢丹での利用も1%に留まりますが、今夏以降「WAON POINT」と「MIポイント」の相互交換が始まります。WAON POINTを間接的にJALマイルにしたい方には必携のカードとなりそうです。
WAON POINT → MIポイント → JALマイル

記事が「役立った」と思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 12:29 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。