今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年11月26日

涌井の牽制に関しての個人的考察

昨日、今オフ初めて「球辞苑」を見た。お題は「牽制」。
牽制に関しては昔から食い入るように見ていたので、結構驚かない話が多かったような気がする。
西が語っていたことは「基本」かと思っていたんだが…
(最後に刺せるよう、強弱をつけて「餌」を撒く)

kyujien_kensei

上記は10年間の牽制刺数ランキング。
ちなみに涌井は牽制の秒数ランキングでは2位に入っていて1秒を切っていた。牽制の秒数の1位は
「もしかして関谷?」
と思いながら見ていたのだが、関谷が3位に登場してしまったので、
「ていうことは1位は涌井か…」
と思ったら、涌井はその後すぐさま2位で登場してしまった(笑…1位は西)。

データスタジアム担当者が冒頭、全投球数に対する牽制の数を表示していて、それに対して牽制死の数も出てきていたが、この項でまとめるのであれば、母数は全投球数ではなく「走者がいる時の投球総数」で示すべきかと思った。
牽制をもらった数の多い走者の方で、1位にカープ田中、2位に西川、3位に源田、4位に秋山、5位京田…という並び。ほぼ想定通りの面子で数もおおよそ判った(1位2位が200超え)。
実は私、データスタジアムがこのような詳細なデータを取り始める前から、自分でスコアブックに記入する時は牽制の数も記入することがあった。好きだった川口が、ものすごい牽制をするピッチャーだったので、「一体どれぐらい牽制球を放っているんだろうか?」っていう興味から、つけはじめた。(小さい黒点を牽制の度に記入)
記録することは結局「数の並び」でしかないんですよね。「牽制の質」まで毎回チェックしていくことは難しい。ただ今回西が言っていたように、セットに入る前の走者を見たまま牽制するパターンって、涌井なんかも多いし、牽制のうまい投手ほど、様々なバリエーションを持っていると思う。「A」「B」「C」と牽制を3タイプぐらいに分けて記録していかないと、実戦に用いるデータとしては役立たないかもね…。

涌井が一時期ターンからの速い牽制を殆どしていない時期があったんですよ。西武の最後の方の頃だったか、マリーンズ移籍1年目の頃だったと思うけど、これが投球の不調と因果関係があるんじゃないかと、(個人的に)真剣に疑っていた時期があった。かなり抑止力が効いてきていて、プレート外して走者見ながらの牽制や「偽投」で済ませられるようになっていただけのことかもしれないが、速いターンでの牽制が復活してから投球も安定してきているように見受けられる(或は不調時は走者を極度に意識することをあえて避けていたのかもしれない。余計な事に気を回さないように…)。どことなく「遊び心」も必要になってくる牽制は、心に余裕がある時こそ冴えてくる部分もあるんじゃないだろうか。
ゲストの鈴木尚弘は「オールスターに出場した時、ピッチャーが涌井君だったんですけど、彼は本気で牽制で刺しにきた」と話していて、笑いを誘っていた。

今回は鈴木尚弘の話でもちきりになってしまったので暴君が比較的おとなしかった(笑)暴れる隙もなかったというか…捕手からの牽制の奥義を尚弘をバッターとして立たせて実践していたが、わりと基本的な事を話していて、ほとんど居る意味なかった。
でも最後の最後に「3塁に牽制を投げて、走者に当たりそうだったと思った瞬間、ヘッドスライディングをしてくれたおかげで(ボールが当たらず)アウトに出来る事がある。3塁にヘッドスライディングで帰る走者はヘタクソな選手」と、今日も誰かをヘタクソ扱いして締めることだけは忘れていなかった…。

レジェンドのコーナーでMXTV解説の面白おじさんが登場して、全部持っていってた(ヒゲの山内ね)。ボークスレスレの牽制が出来るような投球フォームの開発に余念が無かった話が始まった時「あ、これはもしかしてバックスイング時に突然静止してしまうボークの映像が流れるかも!」と思ったら、やっぱりその映像、使われてました。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 09:38 | Comment(2) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
僕も「球辞苑」は大好きで、好きすぎて特に今年は早くペナントレースが終わらないかな、などとまで考えていました。
牽制刺数トップが西というのは想像外でした。僕も涌井かなあ、と思っていましたので。
で、それよりもびっくりしたのが西武の牧田です。そんなに牽制球放っていたっけ?見落としゲームが多いだけ?
Posted by 大沢公 at 2017年11月28日 12:51
>大沢公さん

書きこみ、ありがとうございます。
牧田は牽制の回数はそれ程多くない感じですよね。投球テンポが速いんで、走者側もこちらに放ってこないという油断が生じやすく、意外と「牽制刺率」が高いのかもしれませんね…(牽制死/牽制数)
Posted by mansengo at 2017年11月28日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。