今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年09月17日

Edy利用で「10倍」にもなるコンビニキャンペーンが始まる!

Edyが9月から12月にかけて、コンビニと強力なタイアップキャンペーンを始めます。その一部は既にスタートしております。

edyministop_201709

9月15日〜10月15日のミニストップでのEdy利用で「楽天ポイント2倍」、更に「5の付く日」は「5倍」です!
ミニストップはWAON POINTカードとWAONの組み合わせ利用は許されておりませんが、「WAON POINTカード+Edy」は問題なくOKです。したがって「5の付く日」にWAON POINTカード提示してEdyで支払えば、
「WAON POINT2倍+楽天スーパーポイント5倍」
と、なります。
25日のミニストップはカーニバルですね…→常時還元率を2.2、マイル還元率を2.5以上にする方法【nanacoもモバイルSuicaも】

edypopla_201709

9月19日からのポプラは更に凄いです。しかも3か月間のロングラン・キャンペーンです。曜日・日にちに関係なく、
「いでつも楽天スーパーポイント10倍」!!
200円利用毎に10ポイントです。
ただし、条件として「ポプラEdy-楽天ポイントカード」の利用必須です。

rakutenedypoplacard201709

筆者も2014年に作って、しばらく利用した後にバックヤード行きになっていた「ポプラEdy-Rポイントカード」を引っ張りだしてきました。ええ、当時はまだ「Rポイントカード」でした。
2017年6月下旬より「カード式のEdyへも楽天ポイントをチャージ」、いわゆるポイントをEdyへ交換出来るようになりました。この「ポプラEdy-Rポイントカード」も、貯まるポイントが楽天ポイントなので対象です。写真下の「プロン党Edy-楽天ポイントカード」は筆者の「メインEdy」の一つなんですが、こちらは既にポイント→Edyの「改造済み」です。「改造」がどういう事かというと…。

楽天スーパーポイントと楽天Edy相互交換ページ
上記ページより、ポイントをEdyへ交換する手続きが行えるんですが、自分の楽天ポイント口座に紐づいたEdyの一覧を見ることが出来ます。

rakutenedykoukanpopla1

たとえば、「楽天カード付帯のEdy」や「おサイフケータイのEdy」は、以前よりポイントとEdyの相互交換が可能でした。よって制約もなく、今現在の期間限定ポイントおよび他社から交換したポイントを除く、すべての楽天スーパーポイントの総数=Edyへチャージ可能なポイント数となります。(上記は「10137ポイント」まで、ポイントをEdyへ交換出来る状態になっております)

rakutenedykoukanpopla2

ところがその他の、今年の6月から交換可能になった新参のEdyへは「初回500ポイントまで」という厳しい制限が存在します。
さらに「楽天カード付帯のEdy」や「おサイフケータイのEdy」へは即時交換完了なんですが、これらのカードへのポイント→Edyの交換には2日ほど時間がかかります…。
筆者の「ポイン党Edy-楽天ポイントカード」は1回500ポイント制限の交換をした後、2回目以降はこの制限が解除され、「楽天カード付帯のEdy」や「おサイフケータイのEdy」同様、「すべての交換可能な楽天スーパーポイントを即時に」交換出来る状態になっております!
したがって初回のみの制限のようです。 とにかく早く1回ポイントからEdyへの交換を行って、制限なくポイント→Edy交換が出来るよう「改造」してあげてください。
筆者もまずは「ポプラEdy-Rポイントカード」の制限が一刻も早く解除されるよう、初回交換を行いました(後述致しますが、2%増量キャンペーン中でもあります!)

  交換可能ポイント数 交換に要する期間
初回 10〜500ポイント 2日後
2回目以降 Edyの上限までは制限ナシ 即時交換

楽天Edyリーダーを持っていれば、カード式のEdyへも、自宅で「楽天ポイント→Edy」への交換も行えますし、勿論クレジットカードからEdyへのチャージや設定変更も行えます!


ポイントでの交換で足りない場合は、クレジットカードからEdyにチャージしましょう。最右翼は同グループの楽天カードです。貯まるポイントを同じにするだけでなく、Edyに対しての様々な特典があります。


ここのところ毎月月初から末日まで行われている「Everyday5ポイント」キャンペーンがあります。これは「100円以上Edyを使えば、毎日5ポイント」付与されてしまう、少額決済ほど還元率が高くなる取組です。
残念ながら楽天カード付帯のEdy限定のキャンペーンです。なのでEdy使う時の初回はどうしてもコレから使ってしまいがちなんですが、今回のポプラは「いつでも10倍」ですから、200円以上なら絶対にそちらの方が高還元になりますね…珍しい現象です(それぐらいこの「恒常的な」毎日5ポイントキャンペーンは強烈)。

edyrakuten2pakoukan_201709
毎月月の中頃には「楽天ポイント→Edy」へ「2%増量」で交換出来るキャンペーンが開催されております。
とうとう「毎月開催」という文字が躍りましたね…今後も恒常的に行われるということでしょう!)
1,000ポイント → 1,020円分のEdy
に交換できるわけです。ただし増量分の20円分は、翌月20日頃に「Edyギフト」で送られてくる形となりますので、その辺はご注意下さい。

mobileedypkoukan201709
↑先月のポイント交換増量分と共に、「お得ナビクリック分」や「ラッキータッチの当選」でもらったEdyなどもEdyギフトに到着しております。日々いろいろな形でEdyによるバックがあるのもEdyの魅力です。

従って、この増量交換キャンペーンを見据えると、楽天ポイントの価値って「1ポイント=1円分」より高いと見て、いいんじゃないでしょうか?なので「期間限定ポイント」は積極的に消費しつつも、通常ポイントの方は、いつでもEdyへの交換キャンペーンに参加出来るぐらいは温存しておくのも一つの手です。
筆者は「楽天ポイントカード加盟店でEdyも使える」お店で決済する場合は、「Edyを200円単位切り(200、400、600…と200の倍数分ちょうどでしか使わない)」するようにして、残りをポイント払いするようにしております。Edyは200円毎に1ポイント、端数は切り捨てられますので、出来るだけ端数を発生しないように使うのがミソです。
どの200の倍数で合わせるかは、「期間限定ポイントの残額」で決めてもいいかもしれませんし、(楽天カード付帯のEdyなら)「オートチャージされない範囲内で留める」といった使い方も出来ます。後者は月1回でもチャージすれば、「Everyday Edy」はMAXの5ポイント受け取れるので、クレジットカードからのチャージを極力抑えて、出来るだけEdyは楽天ポイントから交換して使う、といった際の「戦術」です。

9月〜12月のコンビニキャンペーンはまだまだ第1弾で、その後、

・(2017年10月1日以降公開予定) 【ポプラ】ポプラEdy-楽天ポイントカードに初めてチャージで309ポイントプレゼントキャンペーン
・(2017年10月1日以降公開予定) 【セブンイレブン】Edyチャージで50万ポイント山分けキャンペーン
・(2017年10月1日以降公開予定) 【デイリーヤマザキ】Edy決済で楽天スーパーポイント2倍キャンペーン
・(2017年10月2日以降公開予定) 【ローソン】Edy決済で楽天スーパーポイント2倍キャンペーン

と続々と各コンビニでポイントアップするキャンペーンが行われるようです。
なお、2017年9月30日で、それまでエース的存在だった「サークルKサンクス」が楽天ポイントカード陣営から脱し、完全にTポイント陣営に移籍します。楽天ポイントは使えなくなりますが、勿論Edyは引き続き使えます。期間限定ポイントの消費は無理ですが、「楽天ポイント→Edy」へ交換することによって、楽天ポイントはサークルKサンクスでも活かせ続ける訳です。
(まあTポイントになると言っても、ファミマ自体がドンキと組んで、独自のポイントを新たにおっぱじめることをブチ上げておりますので、Tの行方も予断を許しませんが…。)


楽天カードのEdyオートチャージキャンペーンは、9月も引き続き行われております。「くすりの福太郎」をはじめとするツルハグループもオートチャージ対象となったことで、ますますEdyオートチャージ出来る場所が広がっております。8月9月は、オートチャージされればポイント3倍の「1.5%」になります。


Edyチャージに、Edy利用に…最適はやっぱり楽天カードだと思います。オートチャージでポイントUPするなどチャージ系のキャンペーンも毎月必ずのように行われておりますし、楽天カード付帯のEdy利用では月のほとんどの日で「Everyday Edy」の特典ポイントがもらえます。
今回の「ポプラ」のようにポイント10倍になるキャンペーンがあれば、使い分けてもオッケーです。「ポプラEdy-楽天ポイントカード」へも楽天カードからチャージして、楽天ポイントを付けちゃいましょう!Edyはnanacoとは違って、1枚のクレジットカードから何枚のEdyへチャージしても問題ありません(nanacoは1枚のクレジットカードから1枚のnanacoカード、1台のモバイルnanacoまでしかチャージ出来ません)。なので、こういった場面毎にEdyを使い分けたい場合でも、全て楽天カードからチャージして、チャージでも利用でも、そしてキャンペーンでも全部「楽天ポイント」にまとめられる訳です。更に貯まったポイントは「2%増量」期間中にEdyへ交換してやれば、ポイントの価値は「1ポイント=1.02円」に格上げされることになります。
なお「JCB」ブランドを選んで楽天カードを作ると、「nanaco」へのチャージも可能となり、チャージするだけで1%分の楽天ポイントが貯まります。

 

さあ「スリーエイト」でも、「くらしハウス」でもポイント10倍だ〜!
(ポプラEdy-楽天ポイントカードにロゴを入れてもらえてないポプラグループの2ブランドです)

記事が「役立った」と思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 21:00 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。