今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年08月29日

常時還元率を2.2、マイル還元率を2.5以上にする方法【nanacoもモバイルSuicaも】

弊ブログでは、1枚のクレジットカードとしてのマイル還元率では最高になるのではないか?ということで、 「JQ CARDエポスゴールド」を利用して、EdyやモバイルSuica、あるいはANA VISAプリペイドカードにチャージして活用する方法をご紹介しております。
「1枚のクレジットカード」としては、これが最強クラスだと思うのですが、実は別の方法も平行して利用しております。そちらの方がマイル還元率も高くなると思うのですが、いろいろ制約もあるので、あくまでも「平行」利用しております。

jiyudajmbkombi2

以前からメインカード的な位置づけとして利用してきたJALカード。2016年2月にミニストップでWAONでの収納代行やPOSAカードの購入が出来るようになったことで、このカードからチャージした「JMB WAON」でLINE Payカードを購入すると、「JALマイル」「ANAマイル」の双方で結構な還元を受けられるようになりました。
・JALカードからのJMB WAONチャージ…JALカードショッピングマイル・プレミアムに加入していればJALマイル1%還元
・JMB WAONでLINE Payカード購入…ミニストップで「5月付く日」に買えばJALマイル1%還元
・LINE Payカードの利用 2%還元(ANAマイルへの交換「ソラチカカード」所有者なら1.62%)
合計で「JALマイル2%+ANAマイル1.62%」の日系航空会社のマイルが3.62%貯まる組み合わせです。
この方法は、ミニストップでLINE Payカードの販売が始まった昨年暮れあたりから可能になった方法です。
「モバイルSuica」にLINE Payカードを設定することも可能なので、年会費1,030円かかりますが、モバイルSuicaで3.62%還元させるには、いい方法じゃないでしょうか?

しかしその後LINE Payカードの方で制限がかかり、現在では毎月最高で5枚までしかLINE PayのPOSAカードの利用が出来なくなりました。1枚の最高額面が1万円なので月間マックスで5万円。5万円分までしか使えませんし、プリペイドカードですから自ずと利用箇所も制限されます(例外的に「モバイルSuica」チャージには対応しておりますが…) 。

もう1つ「LINE Payカード」には問題点が…
最近「品薄」状態で入手しづらくなってきているんですよね。
店頭になければ絵に描いた餅、「幻の高還元技」となってしまいます。

jiyudajmbkombi1

プリペイドカードの制約が気になる方や、LINE Payカードが入手しづらい方に別の方法をご紹介します。説明がかなり長くなるので、途中「大したことないな」と思って読むのを止めないように!最後までお読み下さい。

実は昨年2月に 
WAONで収納代行・POSAカード購入が可能に!【ミニストップ】
が可能になった時、「これはこういうことも出来るんじゃないか…」と思い、初夏の頃1枚のカードを作りました。
「セディナカードJiyu!da!」
です。このカードいろいろな面で「自由だ!」なんですが、カード利用代金の支払方法まで「Jiyu!da!」なんです。どういうことかというと、
コンビニ払い
による、カード利用代金の支払が出来るんですね…普通のカードはこれは認められておりません。公に出来るのは、このカードを含め限られた数枚しかないんじゃないでしょうか?
もちろん普通に「口座引落」にすることも出来ます。また「リボ払い」にも「全額払い」にも対応、適宜変更可能で、そっちの方もJiyu!da!です。

還元率は0.5%と平凡なんですが、意外や意外、様々なところで「ポイントアップ」が図れ、結構使えるカードです。
たとえば、
・「イオン」「マックスバリュ」「ダイエー」をはじめとするイオングループの店舗
・「セブンイレブン」「イトーヨーカドー」
といった二大流通グループ両方の店舗で「ポイント3倍」の1.5%還元にすることが出来てしまいます!また「マルエツ」に至っては、毎週日曜5%OFFといった割引の恩恵を受けられます。
「iD」「QUIC Pay」といったポストペイ式の電子マネー両方とも紐づけることが出来るカードでもあるんですが「QUIC Pay(nanaco)」まで作れてしまいます。 Apple Payも利用出来ますが、セディナカードなんで「iD」になります。
基本「iD」や「QUIC Pay」を利用すると、上記の店舗でのポイントアップ対象外になってしまうんで微妙(その際はカードでそのまま払いましょう)なんですが、セブンイレブンでの「QUIC Pay」「QUIC Pay(nanaco)」はポイント3倍対象のままです。なのでセブンイレブンで「QUIC Pay(nanaco)」を使うと、
・セディナカード わくわくポイント1.5%還元
・nanacoポイント 0.5%還元
の合計2%還元となり、「nanacoボーナスポイント対象商品」のボーナスポイントも付与されますから、セブンイレブンにおいては最強のカードと言っても過言ではありません(2%還元を誇る「LINE Payカード」での支払でもnanacoボーナスポイントは得られません)。

また「宇佐美」での給油も3倍対象です。USAPY現金カードを持っていると、
・USAPYポイント 1%
・わくわくポイント 1.5%
・dポイント 1%
の3.5%還元まで行けます! (宇佐美は「USAPY現金カード」や「よく使うクレジットカード」をdポイント付与対象に紐づけられる仕組みがあるんですよ…)
参考:宇佐美の1回の給油で「楽天」「dポイント」他ポイントを荒稼ぎする方法
この他「海外での利用」も3倍なので、海外旅行に行かれた時に使うもヨシ、謎に海外扱いになってしまうオンラインショップで利用するもヨシです。余談になりますが、以前は「amazon.co.jp(日本のアマゾン)」もこの3倍対象だったので、知る人ぞ知るamazonのキラーカードだったんですが、残念ながら現在は対象外です。

それと「Edy」チャージはポイント付与対象外ですが、「nanaco」や「モバイルSuica」といった電子マネーへのチャージも依然としてポイント付与対象です。
そして冒頭の写真にも映っているモッピーなどセレス系のポイントサイトの利用者が作れる「POINT WALLET VISA PREPAID」へのチャージも、やはりポイント付与対象です。
モッピー!お金がたまるポイントサイト
「POINT WALLET VISA PREPAID」はクレジットカードからのチャージ手数料300円がかかってしまうんですが、セディナカード1社のみ例外的に手数料無料でチャージ可能です。ゆえに
「セディナカード 0.5% +POINT WALLET VISA PREPAID 0.5%」
と、プリペイドカード決済が出来るVISA加盟店であれば、どこでも1%還元にしてしまうことも出来るのです。ただし、こちらはチャージ制限として1回5万円まで。最大10万円分までPOINT WALLET VISA PREPAIDにバリューを残しておけます。このプリペイドカードの利用で付与されるポイントの方は利用60日後にモッピーの口座に加算されております。
moppypwvpcamp1000
現在9月30日まで、「POINT WALLET VISA PREPAID」 の新規発行で、もれなくもらえる300ポイントのプレゼントと合わせて、利用すれば1,000ポイント当たるキャンペーンも開催されております。
モッピーのサイトからPOINT WALLET VISA PREPAIDの詳細&申込ページは判りづらいんですが、

最下段、フッターエリアの右側にリンクがありますので、そこから詳細ご確認下さい。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ライバルのハピタスも「Pollet」という、同様のプリペイドカードを発行しており、こちらもハピタスポイントからのチャージと合わせて、クレジットカードからのチャージも可能となっております。
可能ですが、やはり手数料都度300円かかるんですね…セディナカード以外は。そうセディナカードからだったら「Pollet」にも無料でチャージ出来るんです!!

jiyudasele
セディナカードJiyu!da!なら「POINT WALLET VISA PREPAID」にも「Pollet」にも無料でチャージ出来て、ポイント付与もあるんです。

  モッピー ハピタス
プリペイドカード名称 POINT WALLET VISA PREPAID Pollet
1回のチャージ上限 5万円 30万円
チャージ上限 10万円 30万円
クレジットカードチャージ手数料 300円 300円
セディナカードチャージ手数料 無料 無料
還元 ポイント バリュー
還元率 0.5% 0.5%

共にセディナカードからプリペイドカードを発行している関係上、セディナカードからのみ、無料でクレジットチャージ出来るんです。
「Pollet」の方が1回に30万円までチャージ出来るんで使い勝手良さそうにも見えるんですが、「Pollet」の還元方法はポイントではなく、「0.5%分増量」なんです…ハピタスのポイントからチャージすると即0.5%分増えます。
10,000ポイントをチャージ → Polletに10,050円分チャージ完了
これがクレジットカードからチャージすると翌月中旬に50円分増える形となっております。
つまり「Pollet」の場合は、利用してもポイントやマイルで還元することが出来ません。「POINT WALLET VISA PREPAID」はモッピーのポイントになって返ってきますので、それを「ネットマイル」「PeX」「ドットマネー」に交換して、自在に他社ポイントやマイルへ交換出来るのです。
また後述しますが、今回の手法的には5万以上の部分はあまり関係ないかもしれないんです…。

まとめます。「セディナカードJiyu!da!」は基本0.5%還元カードですが、以下の利用法により1〜2%超還元カードになります。

・「POINT WALLET VISA PREPAID」 へチャージで1%還元
・「nanaco」「モバイルSuica」チャージで0.5%還元
・「イオン」「マックスバリュ」「ダイエー」で1.5%還元
・「イトーヨーカードー」でも1.5%還元
・「セブンレイレブン」での「QUIC Pay(nanaco)」利用で2%還元
・「宇佐美」で1.5%還元
・「藤田観光」で2.5%還元
・海外での利用で1.5%還元

プリペイドカード系では払えないものも、カード直払いかnanacoにチャージすることによって全て解決。プリペイドカードで1%還元が約束された他、特定加盟店では1.5%を超えてきます。

そして、そのJiyu!da!の支払を「WAON」や「JMB WAON」で支払いましょう。ミニストップで。支払方法を「コンビニ払い」にしていると、大体20日過ぎに明細と共にバーコード付きの払込票を送られてきます。25日にそのバーコード付払込票を持参して、ミニストップにて、WAONで払いましょう。(支払期限が27日までなので、25日払い込み忘れたらこの恩恵のことは忘れてすぐに払い込みましょう。Pay-easyでも払えます!)


JALカードからチャージした「JMB WAON」で支払えば、前述のように通常1.5%還元、5が付く日なら総計2%還元となります。
「収納代行だから、ミニストップで使ったWAON分はマイル付与されないのでは?」
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、付いてますね。5が付く日はしっかり2倍付いておりますし。ゆえに「セディナカードJiyu!da!」で利用した分に、全部「+2%」付けられてしまうのです!

・「POINT WALLET VISA PREPAID」 へチャージで1%還元+2%=3%還元
・「nanaco」「モバイルSuica」チャージで0.5%還元+2%=2.5%還元
・「イオン」「マックスバリュ」「ダイエー」で1.5%還元+2%=3.5%還元
・「イトーヨーカードー」でも1.5%還元+2%=3.5%還元
・「セブンレイレブン」で「QUIC Pay(nanaco)」利用で2%還元+2%=4%還元
・「宇佐美」で1.5%還元+2%=3.5%還元
・「藤田観光」で2.5%還元+2%=4.5%還元

セディナカードJiyu!da!の「わくわくポイント」はnanacoポイントなどに交換出来ますが、実はGポイントにも交換可能です。
Gポイント
Gポイントへの等価交換には条件があって、
「5,000ポイント」
以上のポイントが必要です。5,000ポイント以下の交換の場合は、
1,000ポイント → 800 Gポイント
と「20%減」になりますが、交換は可能です。
仮に5,000ポイント貯めて等価交換した場合、
5,000わくわくポイント → 5,000Gポイント → 5,000メトロポイント →4,500ANAマイル
とソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)を持っている人なら9掛け、「0.5%還元」を「0.45%」と殆ど損なうこと無くANAマイル化出来てしまいます。従って、このルート(ソラチカルート)を使うことを前提にすると、

  ソラチカを使ってANAに分散 JALに集約
「POINT WALLET VISA PREPAID」 にチャージ JAL2%+ANA0.9%
(計2.9%)
※注1
JAL2.51%
※注2
「nanaco」「モバイルSuica」にチャージ JAL2%+
ANA0.45%
(計2.45%)
JAL2.25%
「イオン」「マックスバリュ」「ダイエー」 JAL2%+
ANA1.35%
(計3.35%)
JAL2.75%
「イトーヨーカドー」 JAL2%+
ANA1.35%
(計3.35%)
JAL2.75%
「セブンイレブン」 JAL2%+
ANA1.6%
(計3.6%)
JAL2.75%+nanaco0.5%
「宇佐美」 JAL2%+
ANA1.35%
(計3.35%)
JAL2.75%
「藤田観光」 JAL2%+
ANA2.25%
(計4.25%)
JAL3.25%

合計マイル2.9〜4.25%還元可能な組み合わせということになってしまいます…JALマイルに集約したとしても2.25〜3.25%還元確保ですね。
※注1※注2…「POINT WALLET VISA PREPAID」 で貯まるモッピーのポイントは「ドットマネー」経由で交換。ANAの場合は「モッピー→ドットマネー→メトロポイント→ANAマイル」で+0.45%、JALの場合は「モッピー→ドットマネー→JAL」で+0.26%。
なお「JQ CARDセゾン&永久不滅ポイントが貯まるセゾンカード」をお持ちの方は、更にお得なルートがあったりします
ハピタス・モッピーのポイントを10%増しでnanaco・ANAスカイコインに【そして楽天…】

 jqkoukan
↑ ポイント交換ルート

ただ弱点もあります。
まず、ミニストップでのWAONによる収納代行は「5万円」までが限界ということです。WAON複数枚の併用による支払は認めらておりませんので、1枚のWAONの利用限度額まで、となります(超えてしまった分を現金で払う事は可能ですが、その分は当然ながら還元がなくなります)。
これを回避する方法としては
・Jiyu!da!をもう1枚作る
・「LINE Payカード」と併用する
などの方法があります。「セディナカードJiyu!da!」はJCB・VISA・Masterと3ブランドありますので、ブランド毎に1枚づつ作ることが可能です。しかし収納代行の手数料もかかりますから、そちらも2倍、3倍となってしまいますね…
☆Jiyu!da!の「コンビニ払い手数料」
10,000円未満…64円
10,000〜49,999円…108円
50,000円以上…324円
WAONで払えるのは5万までなので、49000円以下になるよう利用しております(50,000キッチリ使うと、108円→324円に増えるのは何気にデカすぎますよね)

現実的には「LINE Payカード」と併用したりするのがいいんじゃないでしょうか?(もちろん、その場合はミニストップでJMB WAONで購入します。JALカードからチャージして…もっとも最近は、その「LINE Payカード」も入手しづらくなっておりますが…)。
筆者は「Edyチャージ」や「スマートICOCAチャージ」、およびエポスゴールドカード特有のブーストなどが結構あるので「JQ CARDエポスゴールド」と併用しております。
JQ CARDエポスゴールド総合情報局
いいとこ取りしてますので、平均するとマイル還元率は常時3%を超えてますね。

また「JALカードの年会費」「JALカードショッピングマイル・プレミアム会費」に加え、「セディナカードJiyu!da!」のコンビニ払い手数料が毎回かかることを考えると、キャッシュバック派にはあまり旨味のない方法かもしれませんね…
ちなみにJALマイルは2017年4月から、
40,000マイル → 50,000円分のWAON
という新ルートが開設されたので、マイル還元率「2%」ですが、WAON還元率「2.4%」にして計算してもいい人がいるかもしれませんよ!
そう考えると結構JALマイルでキャッシュバックも視野に入ってくるかもしれませんが、もっとお手軽に考えるのであれば、 イオンカードセレクトを使う方が現実的かもしれません。


イオンカードセレクトは年会費無料の0.5%還元カードですが、WAONへのオートチャージでもポイント付与のある唯一のイオンカードでもあります。なので、セディナカードJiyu!da!と年会費無料カード同士を組み合わせて、すべての支払において「+0.5%」出来ますが、数字的インパクトが薄いようにも思えてしまいます…

しかし、このカードを使って行くとステージが上がり、ステージ毎にWAONオートチャージ時の還元率をUPさせることも可能なんです。
イオン銀行のイオンカード口座振替額+WAONの利用額の半年間の合算(4月~9月、10月~翌年3月)で判定され、資格を満たすと次の半年間は5日・15日・25日のオートチャージにおけるWAONポイントの付与率が次の倍率になります。

  利用金額 ポイント付与率
ステージ1 10万以上 1.5倍(0.75%)
ステージ2 30万以上 2倍(1%)
ステージ3 50万以上 3倍(1.5%)

イオンカードセレクトでのWAONオートチャージは最高で1.5%還元に出来るのです!ゆえにセディナカードJiyu!da!との組み合わせで、2〜4%還元に出来てしまいますね。
実は2016年6月から始まっている「Smart WAON」制度を利用すれば、イオングループ(WAON POINT加盟店)でのWAON利用は月間利用額の0.2%分のWAON POINTを上積みできるようになっております。
基本的に「JMB WAON」と違って、ミニストップにおけるWAONによる収納代行や、POSAカードの購入にはポイント付与がないんですが、この月間利用額分については付与されております。
従ってステージ3のWAONオートチャージの還元率は、WAON POINT加盟店に限っては「1.5%+0.2%」で、最高で1.7%還元まで高めることが出来るのです。セディナカードJiyu!da!との組み合わせは2.2〜4.2%還元となります。これも5が付く日にオートチャージされるよう段取りを組まないと取りこぼしてしまいますので、注意が必要です。

  ステージなし(0.5%) ステージ3(1.5%)
「POINT WALLET VISA PREPAID」 にチャージ 0.5+
セレクト0.5+
月間0.2
=1.2%
0.5+
セレクト1.5+
月間0.2
=2.2%
「nanaco」「モバイルSuica」にチャージ 0.5+
セレクト0.5+
月間0.2
=1.2%
0.5+
セレクト1.5+
月間0.2
=2.2%
「イオン」「マックスバリュ」「ダイエー」 1.5+
セレクト0.5+
月間0.2
=2.2%
1.5+
セレクト1.5+
月間0.2
=3.2%
「イトーヨーカドー」 1.5+
セレクト0.5+
月間0.2
=2.2%
1.5+
セレクト1.5+
月間0.2
=3.2%
「セブンイレブン」で「QUIC Pay(nanaco)」支払 2.0+
セレクト0.5+
月間0.2
=2.7%
2.0+
セレクト1.5+
月間0.2
=3.7%
「宇佐美」 1.5+
セレクト0.5+
月間0.2
=2.2%
1.5+
セレクト1.5+
月間0.2
=3.2%
「藤田観光」 2.5+
セレクト0.5+
月間0.2
=3.2%
2.5+
セレクト1.5+
月間0.2
=4.2%

この方法ならWAONへのチャージだけでなく、ライバル社の「nanaco」へもチャージ出来るようになりポイントが付いてしまうし、自社のイオンの「WAON POINTカードとWAONが併用出来ない」問題もクリアしてしまいます。あらゆる買い物が「ステージなし」でも1.2〜3.2%、「ステージ3」なら2.2〜4.2%還元にすることが出来ます。

コンビニ払い手数料は毎月の払いを5万円未満に抑えることによって、
108×12=1,296
年間コストを1,296円で済ませられます。共に年会費無料のカードですから、コストはこれだけで済みます。
留意しなければならないのは、イオンカードセレクトの「ステージ3」でMAX1.7%還元を目指すのであれば、半年間(4月〜9月、10月〜翌年3月)に合計50万円分、このカードを使わなければならないということです。
年会費無料の組み合わせですが、この方法で最高還元を得るまでには、「手間」「時間」が結構かかりますので、マイル派の方(「JALカード」+「JMB WAON」+「セディナカードJiyu!da!」)に特にオススメな組み合わせと、言えるんじゃないでしょうか?

この1年、25日に必ずミニストップで支払を行っていた男がお届け致しました。この間「POINT WALLET VISA PREPAID」 や「Pollet」が相次いで登場したり、ミニストップでも「LINE Payカード」のPOSAカード販売が始まったりと、激動の1年間でした。いろんな組み合わせ方が生まれて収拾がつかなくなりつつありますが、ここにまとめておきました。

モッピー!お金がたまるポイントサイト
モッピーで「POINT WALLET VISA PREPAID」を作りましょう。またモッピーから「セディナカードJiyu!da!」を申込、そのカードから「POINT WALLET VISA PREPAID」に30日以内にチャージすると、
+500P
もらえる取組も行われております。
moppycardchrge500

現在モッピーでは、「POINT WALLET VISA PRIPAID」所持者だけへの特別な優遇があります。

moppy5fun

「POINT WALLET VISA PRIPAID」所持者のみは、モッピーから買い物や申込を行うと、最短5分でポイントが付与されることになったのです!
もちろん例外なものもありますが、結構な数の広告が5分付与化になっております。今まで利用後1ヶ月から数ヶ月かかっていたポイントの還元が「5分」ですから革命的な変化です。

まとめ
・セディナカードJiyu!da!+JALカード+JMB WAONで月5万まで(月5万×3まで可能といえば可能)
・LINE Payカード+JALカード+JMB WAONで月5万まで
・残り及びTPO的にエポスゴールドの方が有効な時はJQ CARDエポスゴールド(年間100万利用で還元率最大)
この組み合わせで鬼のようにマイルが貯まります。

また「マイルなんて関係ない」のキャッシュバック派の方は、
・LINE Payカード+イオンカードセレクトのWAON(最大3.7%還元)
で5万オーバーしたり、LINE Payで支払えない場所をフォローするため、
・セディナカードJiyu!da!+イオンカードセレクトのWAON
の組み合わせを活かしましょう。Jiyu!da!のみでは2.2%止まりですが、「POINT WALLET VISA PREPAID」をかませば、VISAが使えるところなら2.7%還元になります。

記事が「役立った」と思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 00:12 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。