今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年08月11日

1点差に追い上げるも、相手継投の前に打者8人奪三振5

初回の3失点を、3回の角中のタイムリーで1点差に詰め寄るも、次の回に再び3点取られ、突き放された。マリーンズは更に追いすがり、再び1点差に詰め寄ったものの、届かなかった。

唐川、めでたく2桁到達!
敗戦の方ですが…自身2度目の二桁敗戦で、ロッテのエースとしての風格が出て参りました。やっぱヒトケタ勝利フタケタ敗戦は萌えるね、ウン!個人的には「8勝12敗」がフェチ心を一番くすぐられる。

何の話だ!?
1点差で負けるっていう事は、どこかで余計な失点が無ければ勝てたかもしれない話でもある訳だ。
初回の3ランだって、先頭明石のストレートの四球も点になってんもんな。ここ最近の明石の打率が.133。立ち上がりとはいえ、この不調な打者に対して1球もストライクが入らないのは厳しい。
それと4回表の3点の方の福田秀平。初球セフティー仕掛けてきてたから、バントの線も濃かったけど、「どうせバントだろ?」ってことで入れたファーストストライクを叩かれた。これで8番の甲斐に送られて理想形を作られてしまった。ただ続く上林も一時の勢いが無くなっていて、昨日は高谷に送られなかった代打を送らるぐらい、ベンチの信頼度も下がっている打者だったはずだ。上林、明石といったホークス不調組に対してもインサイドを使えず、ほぼ外へ逃げるツーシーム一辺倒になってしまったことが原因では無かっただろうか?上林には最後スライダーで攻めたが、これも内側へ食い込むボールを想定しているのに真ん中へ行くわ、明石に対してのツーシームは厳しいコースだったにも関わらず、踏み込まれて狙い打たれた。

福田の安打が痛かったかな。福田にしても、緒戦塚田をファーストに抜擢して守備でやらかしたが故に、福田がファーストでスタメンのチャンスを貰っているだけで、状態は決して良くないはず。ホークスも層が厚いように見えて、内川一人いないだけで、結構野手陣のやりくりには困っているように見える。
上林のレフト前2点タイムリーには、レフトの翔平がフェイクを入れて、2塁走者のスタートを遅らせようという工夫を見せていたが、福田の走塁には何の影響も与えられなかった。かなり早い段階で「落ちる」と判断出来ていたなぁ…(何であんなに早く判断できるのかの理由も知りたいところ)。ホークスの抜け目の無さって、こういうところにあると思う。そういう1点が最後、「相手より1点だけ余計に取れている状態」に繋がっている訳で、こういう野球が出来ない限り頭は取れないなぁ…と思わせるものがあった。

もっとも、力負けせずに打球を打ち返せることが先決か(笑)
救援陣が凌いで、6回裏に代打ペーニャのタイムリーで1点差に迫ったら、普通はホームチームの流れになるはずだよね?
でも7回1死から出てきた、森-モイネロ-サファテの前に今日も沈黙。モイネロは角中に3-0としたので、「こりゃフォアボール間違いなしか!?」と思ったところから三振に取りやがったからね。崩れそうで崩れない。
東浜降板後に出てきた投手3人に対して、打者8人奪三振5でパーフェクトに抑えられる始末。
来季の新政権にはまず、「力強い打球」が飛ばせる打者を一人でも多く育てるプロジェクトを開始してもらいたい。
さらば、KOTESAKI野球!

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 00:00 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。