今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!5月末まで無料。
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年05月20日

ベテラン・ネモが存在感を発揮して連敗ストップ

2軍で腐らず、上で活躍できる日を信じバットを振ってきたであろう日々…生え抜きのヴェテランにはキツかっただろう。気づけば、野手では井口・福浦の次に年長。レギュラーを取ったと思ったら、すぐに出現する数々のライバル…定住する場所はないが、
バットで存在感を見せ続ける男・根元。
男のバットの根元は…
(スイマセン、嬉しすぎて取り乱しております、俺。バットをお持ちでない方はお引き取り下さいませ)

3回裏にも勝ち越し打を放っていたネモが、10回裏にサヨナラ打。
3回裏の適時打も価値が高い。無死1,3塁から相手のボークで同点に追いついた後、1,2番の伊志嶺、大地が倒れた。無死のチャンスを同点止まりに終わらせず、この先数少ないであろう得点機のチャンスを逃さず、勝ち越したことによってゲームの主導権を得られた。ダフィーのエラーで先制されていた涌井も、これでエンジンがかかったことだろう。
そのダフィーも6回には2死からチャンスメイクの右前打を放ち、貢献する。続く清田がライトオーバーの2塁打を放ち、貴重な追加点を挙げる。清田の当たりは、うまいライト、たとえば清田が守っていればおそらく取れた当たりだったと思うが(ライト・ペゲーロ)、初球のカーブをいいポイントで捉えていた。これまで右腕のカーブ・スライダー系のカウント球には一瞬たじろいで後ろに引くような姿勢を見せていたため、外のボールは「チョーン」という感じでバットを軽く出すようなヒットが多かったんだが、これは自分の「間」で打てていた。こういう打球が「本来の」打球だろう。
ダフィーの打撃も、追い込まれてからボールをよく見極めてフルカウントに持ち込み、コースに逆らわないバッティングが出来ていたから、いよいよ日本野球に順応してきたか?と期待を持ってしまう。

これですんなり行かないところが8連敗のチームなのか、それとも首位を走るチームの底力なのか?7回表、島内、岡島の連打からピンチを迎えると、この2人のおかげで割を食っている元日本代表の聖沢が代打で登場した。セカンドゴロの間に3塁走者生還で、すぐさま1点差に詰め寄られる。
続く8回表は2・3・4番の対外国人戦だったが、涌井が最終イニングということもあって、ギアチェンジしたと見られ、この回に最速の150キロをマークしていた。これだけのタフなゲームで幾度のピンチを切り抜けているのに、まだこれだけの余力が残っているのか!無尽蔵のスタミナ健在だ。

ええ、涌井が最終イニングだから、「最後の力」を振り絞ってきたのかと思いましたよ。ところが9回表のマウンドにも涌井の姿が…
既に120球近く放っていた。
「内も相当、間が空いているから怖い面もあるよな…ここは涌井に頼るしかないか!」
涌井は1死後、島内にヒットを許す。するとここから楽天が意外な行動に出た。島内に替えてルーキーの田中を代走に送ってきた。
「この場面、経験の浅いルーキーには荷が重いだろ…緊張で、いいスタートが切れないどころか、逆に牽制でアウト食らったりするんじゃないか?」
ところがどっこい、このルーキー、初手からものすごい大きなリードを取っている。
「おいおい、恐いもの知らずだなぁ。今日の涌井の牽制、見たの?往年のターンが復活してたぞ」
実は今日のゲームで涌井が相当心に期すものがあることを感じたのが「牽制の素早さ」からだった。元来涌井は牽制が上手だったが、相手走者が警戒しすぎて、あまりリードをとってこなくなったこともあり、涌井の素早い牽制が影を潜めるようになった。FA移籍初年度あたりは不調の原因として、涌井が牽制せずに偽投で済ましていることもあるんじゃないかと思っていたぐらいだ。
しかし今日の涌井の牽制は「いいスタートなんか切らさないからね」という気迫漲る、素早いものだった。ただ、この場面、まさか1軍に上がってきて間もないルーキーが初球からスタートを切ってくるなんて思わないだろ。無警戒というより、相手がクレージーすぎる。しかも走りだしたら、驚くぐらい足が速い! あの落ち着き払った態度からしても、足には相当自信がある選手のようだ。
この足を見て、キャッチャーの吉田もテンパったのか、肝心な場面で涌井のフォークを止めきれず、田中を3塁にやってしまう。
そして岡島四球で迎えた藤田をボテボテのファーストゴロの打ち取るんだが、前進守備の福浦が取って懸命にバックホームするも、田中の足の方が速く、同点に追いつかれてしまう…
まさかルーキーの足にひっかきまわされて、エース涌井の勝ちが消える事があるなんて夢にも思わなかった。

それにしても7回裏に放ったルーキーの菅原の「快投」が、この流れを呼び込んだんじゃないかとも思った。ああいう投球は試合の流れを変えられる。
まさに「きりきり舞い」させられ、プロの厳しさを教えられる(アレ?なんでルーキーに教えられてるんだ!?)。
こんな投球が出来る投手が「ビハインド」ゲームで出てくるんだぜ?そりゃ昨年までの「泥縄継投」と訳が違う。強力打線と相まって、終盤でいくらでも逆転出来そうなチーム力が、今のイーグルスにはある。

10回裏はもう一人の凄腕ルーキー森原を攻め、1死2,3塁のチャンスを作り、ネモが決めてくれた。
これ当たっているネモを歩かせ、満塁にして福浦と勝負するものかと思っていた。なので3-1というカウントになった時、真っすぐを打つ気なく見逃していたが、ネモとしても勝負してくるのか「歩かし」なのか、よく判らないので対応が難しそうだった。ただ3-2になると、ある程度読めるものがあると思う。「これは勝負してくる。(そうはいっても一塁が空いているので)どこかで四球覚悟のストライクからボールになるようなフォークも来る」という対応に切り替えられた。なんとか150前後の真っすぐをカットして、8球目のやや落ち切らなかったフォークを、体勢を崩されながらも、ライト線に運んだ。素晴らしいヴェテランの対応力。こちらは本当に
「プロの厳しさを教えてやった」
でした。お見事!
森原は投げさせすぎじゃないだろうか?そろそろ疲労が出始めてもおかしくない。とにかく勝ちパターンの投手の登板数がハンパ無い。イーグルスが首位戦線に残るには、その辺の課題をクリアすることでしょうね。

とてもイイ試合で、野球の試合としても面白かった。
試合は今日も途中からだったがスポナビライブで視聴。解説が立川で、この人はクラさんの次ぐらいに「応援団」的な解説者だと思う。
クラも「それじゃプロではメシ食っていけませんよ」と、いつも厳しい事言ってるけど、相手がエラーしたり暴投したりすると「ヨシ!イケイケ、3塁までイケ!」と、単なる酔っぱらいオヤジ応援に代わりますからね(笑)立川はいつも「選手のお兄さん的」暖かい解説。
それに引き換え、コミと暴君は元OBと思えないぐらい「苦言・お小言中心」解説だよね。(薮兄さんあたりは中立組かな?)
立川の解説はホッコリさせてもらえるし、いいんですよ。問題は…
実況が山田
だったこと。相も変わらず「しったか」のオンパレード。はいはい、あなた普段はパ・リーグ見ていないんだから、ニッポン放送の巨人戦というシマから出ないで下さいね。
マリーンズの連敗話になると、「今日は18連敗時、3番4番をつとめておられた立川さんの解説でお届けしております」なんて言ってたけど、18連敗の頃は3番福浦、4番フランコの時代だからな!立川が4番だったのは、絶対的4番打者フランク・ボーリックの離脱で、やむなく「消去法」で入れられた2002年の一時期だけだから。こんなんマリーンズファンからすると歴史の基本だぞ? よくこんなに適当な事を公共の電波を使って言えるよな。
さらに球種も相変わらず適当。縦スラは大体フォークと言っていて、「いや、スライダーじゃないでしょうか?」と立川に訂正されていた。すると逆ギレしたように、往年の投手のスライダーが今でいうところのカットボールだった人が多かったことを名前を列挙して、言い始める始末…これも多分間違ってそうな情報で、ウザさを通り越して憐れになってきた(笑)つーか、「お前のどうでもいい情報はいいんで、目の前の三木の打席に集中して、お伝えしろ!!」と思ったよ。

そろそろ山田おろしを投書しようと思っている同志の方は1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 02:17 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。