今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年05月16日

1日にEdyを複数回使う時の手順

電子マネーの老舗である「楽天Edy」は、加盟店数(いわゆるEdyを使える場所)も他の電子マネーと比較すると多かったりします。違った種類のEdyを所有して使い分けている場合、どのような「手順」で使い分ければいいのか?筆者が実践している方法をご紹介したいと思います。

■最優先、少額決済時
まず、暦日(AM0時以降)一発目の決済は楽天カード付帯のEdyで決済するようにしましょう。


こちらの「Everyday5ポイント」のキャンペーンが行われているからです。これは、「1日1回100円以上Edyを使えば、毎日3ポイント」プレゼントされる企画の発展版で、その月1回でも楽天カードから付帯のEdyにチャージすれば「1日5ポイント」と、もらえるポイント数も増えます!
(1ヶ月1回もチャージしなかった場合は従来通りの3ポイントになります)

100円以上で5ポイントですから、還元率はMAXで5%!200円以上利用でなければ付かない「Edyでポイント」ですから、100〜200円の決済時にも有効です。
たとえば平日、決まった飲料を1本買うことが決まっていれば、それ用に「楽天カード付帯のEdy」をあてがってもいいですね。ペットボトルのお茶とか、コンビニのコーヒーマシンの100円コーヒーとか最適ですね。缶コーヒーであれば、ポイントカードと組み合わせて、5本購入で1本もらえるキャンペーンが行われている場合も多いので、「ポイントカード(Ponta等)+楽天カード付帯のEdy」で支払えば、5本毎に1本、さらに1ヶ月平日20日間で「5×20=楽天スーパーポイント100P」貯まっているので、購入する際の「足し」になるでしょう。

なので「毎日一発目」、あるいは毎日決まった100〜200円の買い物があればソレ用に「楽天カード付帯のEdy」を投入しましょう!
「Every day5ポイント」キャンペーン参加にはキャンペーン登録が必要なので、楽天カードの管理画面「e-NAVI」から参加登録しておきましょう。今月は2日から開始しているので「2日〜31日」までです。ここ数カ月続いているキャンペーンですが、どんどん開始日が早まっており、今月はとうとう2日スタートになってしまいました(笑)


楽天カードを持っていれば、豊富なEdy関連キャンペーンに参加出来る他、貯まった楽天スーパーポイント(通常ポイント)をEdyに交換することも可能になります。

edy3pa201705

楽天スーパーポイントからEdyへの交換は、毎月月の半ば頃に「3%増量」で交換出来るキャンペーンが1週間行われており、現在開催中です!
電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | キャンペーン情報 | ポイントからのチャージでチャージ額の3%分プレゼント!
なので、このタイミングを狙って交換すれば、楽天スーパーポイントの価値は「1P=1.03円分」あると思っていいでしょう。こちらの交換が可能なのは「おサイフケータイ」か「楽天カード」を持っていてEdyを活用している人のみなので、iPhone派でEdyを利用している方は楽天カードを作った方がいいと思います。

edycharge2bai201705

楽天カードからのEdyチャージは通常「0.5%」(200円で1ポイント)と、他の利用より付与ポイント数が半減するんですが、上記バナーのような「ポイント2倍キャンペーン」が月の大半で行われているので「実質1%還元」と言っても過言ではなかったりします(今月は8日から31日までですね)。
ゆえに「Every day5%」と組み合わせると、
「Edyチャージ+Edy利用」で最大6%還元になります。
このチャージ2倍キャンペーンも楽天カードの管理画面「e-NAVI」からキャンペーン参加登録して下さい。

■2回目以降

1日Edyを複数回利用する際、2回目以降は「おサイフケータイのEdy」が有力です。あるいは前の項目で「1日1回決まった100〜200円の決済を楽天カード付帯のEdy」で払っている方は、「それ以外のEdy決済」をおサイフケータイで支払いましょう。
「おサイフケータイのEdy」であれば、「楽天スーパーポイント」以外のポイントを貯める設定にすることも可能です!

・ANAマイル
・Ponta
・Tポイント
・GREEコイン
・ヨドバシゴールドポイント
・ビックポイント
・エディオンポイント
・マツキヨポイント
・エポスポイント
・.moneyポイント

等を設定出来ます(Ver.によって貯められるポイントが異なるので、上記のポイントでも貯められないものもあります)。
特に「ANAマイル」は「AMCモバイルプラス」に加入することによって「Edy200円利用毎にANA3マイル」貯めることも可能になり、Edy利用の還元率を高めることも可能です。

また、「1日1回50円以上」利用すれば「ラッキータッチ」というクジを引くアプリが用意されているので、当たればEdyがもらえます。1ptであれば結構な確率で当たります。このほか2pt、5pt、10pt、100ptなどのあたりが出るようです(1等は1,000pt)。1pt=1円分のEdyで、すぐに還元されます(Edyギフトで受取)。
なお「ラッキータッチ」はEdy以外にも、モバイルSuica・nanaco・WAONの1日50円以上の買い物でクジが引けますので、1台につき最大4回引けます。

リクルートカード_PC
1.2%還元のリクルートカードは「VISA」か「Master」を選択すると、Edyチャージでもポイント還元されます。このカードで貯まるリクルートポイントは「Ponta」と即時等価交換可能なので「実質Ponta」と言ってもいい存在です。おサイフケータイならEdyで貯めるポイントを「Ponta」にも出来ますので、「チャージ1.2%+利用0.5%=合計1.7%Ponta還元」でEdyを利用出来、ラッキータッチが当たれば「Ponta1.7%+Edy1円~分」と、なります。


エポスカードは0.5%還元ですが、リボ払いにするとポイントが倍になるので実質1%還元も可能です。
参考:エポスはリボ金利手数料ゼロでポイント倍も可能
上記エントリーでも詳細を解説しておりますが、タイミングによっては金利手数料を払わず2倍化することも可能です。
おサイフケータイのEdyでは「エポスポイント」を設定することも出来ますので、「チャージ1%+利用0.5%」をエポスポイントで統一して貯めることも可能です。
参考:Edy&モバイルSuicaチャージNo.1はエポスカード
エポスカードは利用していると、年会費無料のままゴールドカードにアップグレードできるインビテーションがやってくることもあります。ゴールドカードになると年間50万利用、年間100万利用でボーナスポイントが生じますので、Edyチャージの還元率を前述のリボ2倍と組み合わせ、「最大2%還元」まで引き上げることも可能です。エポスポイントはANAマイルにも交換出来ますので、「AMCモバイルプラス」との組み合わせの相性も抜群で、ANAマイルを貯めている方にもオススメです。

ちなみにJALマイルとも交換出来ますから、両方貯めている方には更にオススメです。ノーマルカードだとEdyチャージ1%還元でもJALマイルと交換すると0.5%になり、リクルートカードからチャージして貯めたPonta(1.2%→0.6%JALマイル)の方が優位ですが、ゴールドカードに昇格するとボーナスポイントの絡みで、Edyチャージで最大1%分のJALマイルを貯めることも出来るわけです(カード年間100万利用時2%還元になるので、2:1でJALマイルに交換しても1%還元となります)。
また、おサイフケータイのEdyで貯めるポイントを「.money」にすると、JALマイルとは「1:0.52」での交換となりますので、「エポスポイント」「Ponta」を設定するより、若干ですが交換レートの方が有利となります。EdyチャージでJALマイルを貯める方は、「エポスゴールドカードからチャージ1%+Edyで貯めるポイントを.money設定のEdy利用0.26」で最大1.26%分のJALマイルが貯まり、「JALカード+JMB WAON」の組み合わせ(JALカードショッピングマイル・プレミアム加入で1.5%)に肉薄する還元率となります(JALカードの諸経費を考慮すると、こちらの組み合わせも侮れないかも?…エポスゴールドカードは年会費無料で維持することも可能ですから)。

■プロントを利用する場合

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロン党Edy-楽天ポイントカード
価格:540円(税込、送料別) (2017/5/16時点)



プロントは「Edy」が利用出来、さらに楽天ポイントカードを提示すると別途楽天ポイントが貯まる「楽天ポイントカード加盟店」でもあります。もちろん、それぞれお持ちの「Edy」「楽天ポイントカード」(アプリ版もあります)を利用してもいいんですが、プロントを使って行くならプロン党Edy-楽天ポイントカードの利用がオススメです。
なぜなら、このカードのEdyで支払うと昼・夜問わず「飲料オール10%引き」になるからです!10%引きは大きいです。楽天ポイントとEdyの併用でも10%引きになるので、Edyは200円単位で切って使ってます。端数を楽天ポイントで払う訳です(飲料は10%OFFになるので、その辺を計算するのがめんどくさいですが…笑)。
またバータイムなら、このカードの提示でワインを「枡付き」に、ハイボールを1.5%増量にアップグレードしてくれる「ごひいき」があります。10%OFFな上、飲める量が増えるのでお得感があります。

なお「プロン党Edy-楽天ポイントカード」は、他のEdy加盟店でEdy支払しても普通に楽天ポイントが貯まるので、おサイフケータイを持っていない方の「通常利用用Edy」および「楽天ポイントカード」としても有効です。

という訳で筆者は、
・楽天カード付帯のEdy
・おサイフケータイのEdy(楽天スーパーポイントが貯まる設定)
・おサイフケータイのEdy(ANAマイル・エポスポイントが貯まる設定)
・プロン党Edy-楽天ポイントカード
の4枚を日常使い分けております…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スタジアムEdyカード
価格:324円(税込、送料別) (2017/5/16時点)


実は仙台の「koboパーク宮城」で野球観戦することもあるのですが、その場合は上記の「スタジアムEdyカード」も持参します。これも入れると5種類ですね…。まあ、こちらは年1回か2回程度ですが。こちらも「プロン党Edy-楽天ポイントカード」同様、koboパーク宮城以外でのEdy利用でも楽天ポイントが貯まります。ただ、スタジアムEdyカードは「楽天ポイントカード」機能が付帯されておりませんので、あしからず。

おサイフケータイのEdyを2台以上用意すると、「Edyオンライン」を使って、「楽天スーパーポイントが貯まる設定のEdy」から「その他のポイントが貯まる設定のEdy」にEdyを送ったりすることが出来るようになります。
「楽天スーパーポイントからEdyへの交換」は、「楽天スーパーポイントが貯まる設定のおサイフケータイ」に限定されておりますが、こうすることによって、「ANAマイルやPonta、エポスポイントが貯まる設定のおサイフケータイEdy」へも、上述の3%増量キャンペーン時に楽天ポイントから交換したEdyを送りこめます。1台のおサイフケータイでも、貯めるポイントを変更すれば出来ないことはないのですが、ポイントの変更に3日待たなければならないので不便です。

Edy使い分けの極意、いかがでしたでしょうか?
出来る範囲内で、取り入れてもらえればと思います。

記事が「役立った」と思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 09:57 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。