今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!5月末まで無料。
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年04月07日

有吉プロ初ホールド【佐々木は呼ばれたのに、お立ち台に呼ばれず…】

6日の試合は佐々木対ハンカチおじさんのマッチアップ。
驚いたのはハンカチの投球が「これはもしや、本当にやるかもしれない…」と思わせるものだった事だ。これに関しては後述しよう。
まずは皆さん、一番知りたいと思っている「佐々木の内容」だと思う。これに関して俺流解説を施してみよう!

まず今日は初登板のコンディションとしては最悪だったことを挙げねばなるまい。風速MAX13メートルで、試合中止にしてもおかしくない位の強風だった。2万5千も入っちゃ、やめられないよね。ひとつ疑問なのが、4月5日6日に平日デーゲームを行う意図。いや昨年は確か、1日か2日ぐらいだったので、春休み期間中のジャリども…失敬、子供さんたちを集めやすい日取りだったと思うんだが、今年は新学期始まってんじゃん?5日は始業式だからまだいいものの、6日はもう授業始まってるよね?昨日マリンに行ったので確認出来たのだが、子供さんの野球チームを大量に招待しているらしく、それ専用の受付テントがあったなぁ。

おっと、またどうでもいい事を呟いている!
昨日のスタンリッジは牽制少なかったよなぁ…え?スタンリッジは昨年度牽制球数両リーグNo.1投手なぐらい、牽制好きなんだぜ。「オイ、ケンセイナゲルゾ」的なフェイクもよくやる、稀代の牽制好き。それが牽制少ないんだから、野球への熱意も衰えているんだろう。残り僅かな野球人生。あと何回彼の登板を見なければいけない…おっと失敬…彼の雄姿を見れて「思い出」を作ることが出来るか?
「残り少ないチャンスをどう活かせるか?彼の野球人生、そろそろチャンスの数も限られてきているでしょうから」
暴言だ!いや暴君だ!
ハンカチおじさんに対して、こんな辛辣なコメントを寄せる本日の解説者・サト。まあ、事実なんですが(笑)

こちらはまだまだチャンス回数券を沢山所持しているとみられる佐々木千隼。いや、ゆめゆめ油断めされるな。藤岡を見てみい。6年前のドラ1だけど、もう回数券を使い切って、中継ぎでパワハラを受ける日々。鬼十則片手に暴威を振るう鬼軍曹をそろそろ懲戒免職にしないと。おっと、また何の話しているんだ?
強風の中、制球を乱した面もあったが、「失投」らしき失投が無かったことにコントロールのいい投手である事が伺えた。ええ、このブログ的には「四球の少ない投手≠コントロールのいい投手」ですから。
ただ、枠にいかないボールも多く「明らかなボール」も多かったという事実。これに対して田村がゼスチュアで「真ん中めがけて投げろ!(そうすれば風でコーナーに流れるから)」っていうような指示をさかんに送っていた。
田村も自分と同い年の投手と初めて組んだ喜びにあふれたような、生き生きとしたリードをしていた。「俺が引っ張っていってやる」といった、プロでの先輩風を吹かせようとしていたんだが、勝負処では佐々木が自分の信念を貫き通す場面が多かった。具体的には対大谷翔平。2度ほど彼との対戦の時に、田村のサインに首を振って投じたボールがある。もちろん、あのボールしか無いだろう…と思いながら見ていたのだが、思った通りの
シンカー
だった。たとえば、
20170406ootanichihaya

勝ち越し点をもらった直後の5回表の対戦。この回、先頭の中島にヒットを許し、ノーアウトの走者を出しながらも西川を三振に取って、1死2塁(中島が盗塁)で大谷を迎えた場面。
2-1というバッティングカウントで、田村のサインに2度程首を振って投じたボールがシンカーだった。ストライクを取りに行く時も、勝負に行く時も、このボールに頼ることが多そう。バッターは駆け引きの中で見抜いていくと思うが、それでも通用するのかどうかが今後の見所。

4回のマウンドに上った時、「あれ?」と思った。
それまでと違ってセットポジションになっていたんですね…走者がいない段階から(それまでは無走者時ノーワインド)。これは風の影響を受けにくいから、「こうしなさい」と英二にでも言われたのか、本人の発案なのかは不明。また、その効果の程も不明。4回5回はいずれも先頭打者の出塁を許しているので、今日に限っては結果的に失敗に終わったんだけどね(笑)
初手からセットのピッチャーは歴代結構いる。リリーバーに多そうだけど、先発に回った小林宏之なんかもセットポジションでずっと放るピッチャーだった。

「もちろん俺様の事もお忘れなく」

6四球も出したので球数は嵩み、5回97球で降板することになったが、最後の中田を三球三振に切って取り、渾身のガッツポーズも決めて、お役御免となった。近藤を敬遠して中田勝負に出たんだが、英二がマウンドに行ったので、
「さては、『この回が最後だから、思いきり行け!』位の激を飛ばしたのかな?」などと想像しながら見ていた。
本人も内容的に満足いってないようなコメントだったが、充分潜在能力の高さを見せつけたと思う。風が無い時どこまでやってくれるのか?期待して待ちたい。

一方のハンカチおじさんだが、こちらはフォームが変わった。前よりリリースポイントを高くして縦の意識「角度」にこだわるような投球に走っていく気配を見せていた。投球の大半がツーシーム。時折フォークを挟んで、低目へ上から投げ込むイメージの投球。ゴロアウトピッチャーだったはずなのに、今日はフライアウトが多かった。風が強い日だったので、フライアウト指向が危険な日だったが(笑)、縦系にモデルチェンジした事がフライアウトの多さからも窺い知れた。
内容的にはハンカチの方が佐々木より勝っていたと思う。ただ大地とアジャにやられた。先制点は大地1死後からの安打、ダフィーの2-2から大地盗塁(&ダフィー空振り三振)で、スコアリングポジションに進んで好調アジャが見事に返した。盗塁が活きた。今季チーム初本塁打もチーム初盗塁も大地か…勝ち越し点も大地が死球で出塁し、アジャがライトオーバーのツーベースを放って迎え入れた。
全体的に低めに投げられていたハンカチも、走者を置くとボールが若干高かった。またアジャがファーストストライクをよく捉えた。低めにボールが集まっている訳だから、高めに浮いたところを、すかさず逃さず捉えなければダメ。シーズン開幕以降、両外国人が低目を追いかけて空振りを取られるのとは対照的に、低めへの見極めが出来ていたアジャ。本人が「高めに目付出来ている」と、その理由を明かしていたが、その理由は伏せたままの方が良かったんじゃないか…?

タイムリーを放って意気揚々と帰ってくるアジャに、ベンチから「ナイスバッティン、ぶうやん!」という声が飛んでいた。アジャではなく、「ぶうやん」と呼んでいる輩もいるのか!?中日にいた中田だっけ?ブーちゃんとか呼ばれてたの。プロでは大成しなかったから、それに似たあだ名はどうかと…
佐々木の後をつないだ有吉もピッチャーらしからぬ上半身デブ…もといマッチョな体型だよな。「和製ロジャー・クレメンス」とでも呼びたくなるような体型。「千葉のロケット」と、でも名付けるか!?
オリックスに入った澤田っていう投手をはじめて見た時ビビッた。
「相撲取りか!?」
おかわり君がマウンドから投げているのかと見間違えた。開幕シリーズで打ち込まれていたので、抹消されるかとも思ったが、まだ生き残っているようだ。運が良ければ次の京セラで遭遇するかも?
京セラといえば、アジャの親衛隊が現れるのかな。今出囃子で使っている「ゆず」の曲は日生のCMソングだったんだよな。それぐらい愛社精神に満ち溢れている男だけに、仲間も多かったようだ。彼が打席に立つ時だけ声を上げる集団が目についたんだよ、昨年か一昨年だったか忘れたけど京セラドームでの試合で。声援だけじゃなく日生十則(そんなんあるのか?)の連呼や、
♫日生のおばちゃん、自転車で、笑顔を運ぶ、ふるさとよ〜
のデューク・エイセスばりの男声合唱も待ってます!

有吉は結果を出し続けているよね。今日だって、プロ初ホールドなんだから、初勝利の佐々木をお立ち台に上げるんなら一緒に上げてやっても良かったんじゃないか?う〜ん、梶原失格!
東京情報大出身なんだよな。東京情報大とか日本ウェルネススポーツ大(菅原の母校)は校門の前を通ることがあるので、勝手にシンパシーを感じている。ウェルネスのウェア着たスポーツ選手が利根川に架かっている「栄橋」をランニングしているところを、見かけるよ。
そういや昨日の試合で、さかんに東金市と九十九里町がマリンビジョンでPRしてた。有吉は東金なんだよね?1点差の6回に出てくるぐらいだから、じょじょに首脳陣の信頼を勝ち得てきている最中かな。佐々木やハンカチが(風で)投球フォームのバランスを崩しているシーンを見かけたが、有吉は涼しい顔で風の影響を全く受けていなかったのが頼もしく映った。

内取締役も今季初出勤。こちらは伝家の宝刀スライダーで全くストライクが取れなくて、悪戦苦闘。田村のサインに相当首を振ってたけど、「ははーん、スライダーが風で制御出来ないから、真っすぐで押すんだな」と思っている通りの、真っすぐ押し。真っすぐと判っていて打たれないんだから、さすがの一言。今年は非常勤役員になるのか、期間工になるのか知んねーけど、あたしゃーアンタにこそ鬼十則を適用させたい。
「取り組んだら離すな、殺されても離すな、目的完遂までは…」
ハイ、殺されても離すな、で従業員を死に追い詰める某D通の社訓です。

濃厚気味エントリを明日以降も期待する方はクリック!マリーンズのblogランキングに飛びます。

角中の攻められ方が変わってきたな…

posted by mansengo at 01:00 | Comment(3) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
佐々木のポテンシャルは思っていたより高そうですね。風の影響もあったんでしょうが、時折シンカーが真横にビューンと曲がっているように見えて凄かったです。ハムの左打者には気の毒なストライク判定が多かったようには思いますが。投球フォームは右腕が縮こまったような感じなのが気掛かりですが、mansengo様どうでしょうか。
有吉は威風堂々とした投げっぷりで頼もしいですね。
ご祝儀というこでマリーンズオンラインショップにて千隼ふるーTシャツを購入しました。
Posted by 京都カモメ at 2017年04月07日 09:40
昨日は現地でしたが、本当に有吉ナイスピッチでした!
勝ちの権利を持った初登板のドラ1ルーキーを継いで、1点差6回は相当きつかったと思います。
打順の巡り合わせはありましたが、4点差の8回に余裕で慣らし運転している取締役と比べると、プレッシャーのかかり方が違いましたよね(笑)
Posted by 松本マリーンズ at 2017年04月07日 13:20
書きこみ、ありがとうございます。

>京都カモメさん

投球フォームに関しては、私も前で放れてないなと感じたんですが、おそらくは跳ね返ってくる風の影響でバランスを崩してしまった部分もあるんじゃないかと思います。次回その辺注目ですね。

>松本マリーンズさん

かなりしんどく痺れる場面で、おまけにマリンの風初体験だったと思うんですが、涼しい顔して投げているところに唯者ではないなと感じました!
Posted by mansengo at 2017年04月08日 09:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。