今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!5月末まで無料。
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年04月03日

狙われた唐川のカーブ【迫りくる立花の影】

土曜の試合は花見につき未見。中村奨吾がエラーしたんだってな!ダイジェストでその場面を観た。無死満塁でホーム投げるか、ゲッツー取りに行くか一瞬迷ったそうで「頭のエラー」だな。
奨吾スタメン落ちの刑で平沢が先発。千載一遇のチャンスが巡ってきたな、大河!大成する奴はこういうチャンスを尽くモノにするからな。
でも、オープン戦の活躍がまったく認められない沖縄組(翔太&翔大)カワイソウ…なんで、こんなに極端に偏ってんの?

さて日曜の試合は、ツーシーマー侑己の曲球芸を見させられる。
左打者の遠くへ外れていく軌道…まるでデウンのような暴れっぷりだった。デウンから球速取っただけで、予測不能な曲がり具合は変わらなかった。唐川はこのキャラで今後行くのか?まとまりのあるピッチャーから180度方向転換して、荒れ球駆使の、ある意味ワイルドな方向に走りだしている。
でも結局、四球と四球を恐れて揃えに行った時の匙加減、まだまだベースになる出汁の味は完成してないと見える。一番力を入れる時は腕がかなり横から出ていた。

唐川が許した2本の本塁打。いずれもカウント球のカーブだった。
1本目は2-1というバッティングカウントから内川に投じたボール。2本目は勝ち越し点をもらった後に上林に打たれた2-1からのカーブ…。
いずれも2-1カウント。
後者は田村のサインに首を振って唐川が選択したボールという「違い」はあった。ただ昨年までのデータで、バッティングカウントからロッテの投手がカーブでストライクを取りに行こうとしている事が、データとして出てきているんじゃないか?昨年どこかで田村のリードの傾向として、そのようなことがあると思うと書いたことがあったと思う。「出し抜け」だから許されてきたが、ある程度相手方の頭にあると、高さを間違えるとかなり危険なボールになってしまう。向うのベンチには立花がいるんだが、勿論ロッテコーチ時代も打撃コーチだからバッテリーミーティングには出てはいなかったと思うが、ベンチで伊東監督のソバにいて、田村への忠告などを盗み聞きしていたことはあるだろう。その辺から田村のリードの傾向を彼なりに分析出来ているんじゃないか?このカウントでは、カーブが来る可能性が結構あるぞ…打者は頭の中にその情報がインプットされる。そうと思えるぐらい内川、上林のスイング共に迷いを感じさせない「ドンピシャ」なものだった。
なので上林に対しては、ツーシームで押しきろうと思っていた田村の冴えを、唐川が相手ベンチの読み通りの方向に自ら動いてしまったんじゃないか?これも外のツーシームでカウントを稼ぐのがままならない、といった部分に起因していることだと思う。

あらためてみてホークスの戦力がヤベェことを感じるゲームだった。上林って4年前の首位打者の長谷川を押しのけて出してもらってる選手なんだよなぁ…(中村奨吾って誰を押しのけて出してもらってたんだ?)
キャッチャーだって、FA移籍の鶴岡が出れない。この2人ベンチで傷を嘗め合ってるところがカメラで抜かれていた。途中出場対決は長谷川はペケで、鶴岡はマルだった。長谷川は唐川のボール球を2球振ったのが命取り。ただ唐川的にも長谷川に投じたツーシームがかなり思ったところへ行ってなかったので、次打者・上林の時に首振ってカーブを投じてしまう伏線になった。
鶴岡は打撃フォーム替えたな。一本足でタイミング取るような、割と最近流行りのフォームに。連続盗塁成功記録を持ち、昨年のCSで驚くべき三盗を見せた福田も、永遠の未完の大砲・江川も出れない…(江川よ、上林のホームランを満面の笑みで出迎えているバヤイか!?)
内野はこれにムネが入るんだぜ…ムードメーカーも何人いるんだよ!
マッチ一本…いやマッチ一人だけでも火を灯せるのに…そういや今日解説していた池田親興は現役時代マッチカットにしていたね。アガッチョ・ベイビー、アニッジョ・ベイビー、アオンチュ・ベイビー、ライトン!(←これ出囃子にするか〜?)

相手のローテも表ローテではなく、WBCの関係で「裏ローテ」がこの開幕3連戦に来ているんだよな…この後バンデン、武田、千賀が控えているわけで、1戦目こそエース対決だったものの、2戦目3戦目はローテの順繰り的に取らなきゃなんないゲームだったよなぁ。でも5番手6番手が相手でも4本か5本ぐらいしかヒット打てない訳で、これが逆(うちが5番手、6番手、相手が2番手、3番手)だったら、現状コテンパンにやられる心配しかない!

あえてポジ要素を探してみると、平沢のタイムリーが投手との駆け引きに勝って勝ち取ったものだったことと、走者がいる時のダフィーはセンターより右を意識した打撃が出来ることが判った事かな?
平沢は1打席目、東浜のツーシームシンカーに為す術ナシといった形だったにも関わらず、追い込まれてから、そのボールを意識しながらも内側の真っすぐをファールで逃げられ、最後そのボールを仕留められたことは高く評価していいんじゃないかな。打席内で「考えてる」打撃内容に映ったし、しばらくは平沢を使ってもらいたいと思ったね。
ダフィーも1戦目の1.2塁間を抜けるタイムリーといい、今日のセンター横犠牲フライといい、状況に応じたバッティングをしてくれるじゃないか!
パラデスは厳しそうだな…相当なアッパーカットだから、日本のピッチャーは近め近めを攻めてくるだろうし、その我慢比べに勝てれば、対戦二廻目以降に期待が持てるかも?今ん所はその予兆は感じないが…。

唐川が同点弾被弾後も続投したことは意外だった。球数的にも結構しんどそうな水域に入っていたし、ここで替えないのは「今年の唐川の一本立ちを期待する首脳陣の入れ込み具合」なのか、「1戦目の松永への継投が失敗に終わったから」というネガティブ要因による続投なのか、イマイチどっちなのか判らなかった。1戦目結果が裏目に出たことを引きずって、投手交替にブレが出るようではブルペンも安定しないだろう。始まったばかりなのに「相手と差がある」と、のたまう指揮官に、今年は何を期待して見ればいいのか、ファンの方が迷走してしまいそうだ!

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 00:03 | Comment(2) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
お久しぶりです,ポンタです。自分が冬眠しているときも,こっそり楽しませていただいています(笑) 今日コメントさせていただいたのは,実は,今年もそろそろパ・リーグTVにお布施をしようかと思っていたところで,3/28のスポナビライブに関する記事を拝見して,まさかの充実ぶりに,あっさりと宗旨変えしてしまいました(苦笑) 特に,今まで,ひかりTVの通常プランにない試合を見るときに,タブレットorPCのミラーリングで見ていたのですが,その画質のヒドさに辟易していたところ,スポナビライブのあまりの高画質とアプリの手軽さに,心を奪われてしまいました(ちなみに,私はFire TV使いです)。

野球に関する深い洞察のみならず,このような素晴らしいお役立ちネタを積極的に提供されているmansengoさんに,改めてお礼を申し上げたく,こちらにコメントさせていただきました(当該エントリーにはコメント欄が見当たらなかったもので)。

私の方は相変わらずゆるブログですが,一プロ野球ファンとして,また共に今シーズンを楽しんでいければと思っていますので,よろしくお願いいたします。
Posted by ポンタ at 2017年04月03日 22:05
>ポンタさん
書きこみ、ありがとうございます。
スポナビライブ記事が役立ったとの事、とても嬉しく思っております。ひかりTVで通常プラン以外の試合の画質の酷さ…って、全く僕と同じ悩みがあったんですね!(Fire TVいいなぁ)
こちらこそ今年もよろしくお願い申し上げます。復活されたブログの方も楽しみにしております!
Posted by mansengo at 2017年04月04日 01:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。