今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!5月末まで無料。
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年03月13日

小久保の継投…そして3-2の牧田は「プロ中のプロ」

前日の球辞苑のテーマ「3-2(フルカウント)」で、3-2被打率No.1の牧田がその極意を語るインタビュー映像があったが、「9回二死満塁3-2で何を投げる?」という質問に対して、「右打者ですか?左打者ですか?それによっても違ってくるし、そこまでの過程(おそらくはカウント推移的な事だと思われる)によっても違うので…」と前置きをしつつ、多分それを投げるんじゃないかというボールを挙げてくれた。
「右打者だったら…内角高目に真っすぐ…を投げるじゃないんですかね。左打者だったら…やはり内角高目に真っすぐ…ですかね」
このVがスタジオに戻されると一斉に、「右も左も一緒やねん!?」というツッコミが入った(笑)

11回裏2点差リード1死1,2塁3-2。
makitaboga

3-2から牧田が投じたボールは…2球連続内角高目!!
7球目は1球速報的にはベルトぐらいの高さになっているが、実際に見た時はインハイに見えたぞ。きっちり詰まらせて、ゲッツーを狙いに行く投球が、この極限下で出来ていた。バットを折るぐらいのいいコース過ぎて、逆に1個しかアウトが取れなかったが。MLBの球宴にも選ばれる強打者ボガーツを抑えた、この1球は大きかった。

とにかく相手の1-6番が凄まじい。バリバリのメジャーのレギュラークラス5人+NPB本塁打記録保持者のプラスワン。下位打線との落差が激しく、「この山」を乗り切ることが日本逃げ切りの条件となっていた。いや、そこを意識しすぎたことも9回に追いつかれた要因かもしれない。
8回宮西がバタバタしたため、同僚の増井を1死満塁からブッこんで鎮火。増井は開き直ったように真っすぐで勝負した。増井と言えばフォークの投手だが、この日は真っすぐで押した。オランダのバッターも情報が入ってるらしく、増井がウイニングショットとしてフォークを投じてくることをマークしている。そこを小林がよく見極め、裏をかいて真っすぐで押しきった。小林は打者の狙いを的確に読めていたのか、かなりリードが冴えていたように思う。

8回想定外に走者を出したことが9回上位打線を迎える打線の流れとなり、「上位なら技巧派の牧田より球威のある則本」という選択になったんじゃないだろうか?時折映るブルペンを見ていると、8回宮西、9回牧田という「形」が出来上がりつつあるように思えたが、土壇場で形を崩した。
小久保采配でよく判らないのは、小林を使い続ける頑固さを持っているのに、クローザーに牧田を固定しない考え方だ。俺なんか、小林に打席が回るたんびに「ここは代打だろ…」と思ったよ。そこを続打で小林が尽く安打で出塁(一時は勝ち越しとなるタイムリーも!)するもんだから、「もしや…神采配?」と思っちゃう訳よ。10回の代打内川という代打策も成功したけど、結局このクローザー選定で誤ったら、またもやバッシングが起きるんだろうね…
いや、俺は別に小久保が好きでも嫌いでもなんでもないが、失敗した部分だけ持ちあげて叩きまくる奴らには反吐が出る。

牧田も悔しかっただろう。そんな気持ちを抑えて、10回11回と難しいイニングの回またぎで完璧な投球を披露してしまう訳だから「プロ中のプロ」と絶賛したくなっちゃいますよね。1球のミスも許されないところで、ノーミス。だって11回ウラなんて、表は2点止まりだったから、いきなり先頭打者から「一発打たれたら終わり」っていうシチュエーションじゃないですか!このタイブレーク(11回は無死1,2塁からスタート)という超絶後攻有利なクソルール、なんとかしろや…。クローザーから外され、結局上位打線と、更に厳しい局面で当てられメンタル崩壊につながってもおかしくないところで最高の結果出すんだもんな。

先発の石川は3回5失点…序盤はあまり見れなかったのだが、スクープに本塁打を許す場面は見ていた。2球目にカーブを投じてスイングしてきていたのに、3球目も同じようなコースに同じカーブを投げて、今度はドンピシャ。おそらく日本の打者相手なら(遠目で)「本塁打はない」コースだったと思うが、遅い球でアウトコースに踏み込むことを許してしまった時、メジャーのバッターは簡単にスタンドに放りこむ。2球目は若干タイミングが合っていなかったが、真っすぐ待ちでもカーブにスイングし、1球でカーブのタイミングに合わせてくる技量には恐れ入る。

いや、でも、これがWBC。これこそがWBC。国と国とのガチ勝負。国の威信をかけてバリバリのメジャーリーガー達が本気で向かってきてくれることに興奮を抑えられない!親善試合のぬるい日米野球の時代から考えると、野球ファンにとっては夢のような時代になったもんだ。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

いろいろあったけど、両軍には「素晴らしい試合をありがとう」という気持ちしかない。

posted by mansengo at 09:06 | Comment(2) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
WBC!国の誇りをかけた両チーム、そして観客の1球に対する集中力といったら尋常ではなく、やはりリーグ戦とは次元が違いますね!日本がピンチに陥った局面でピッチャーが始動に入る瞬間、まさに球場全体が波を打ったように静まり固唾を飲む…、あの極上な雰囲気に身を置きたいと思いましたよ!
Posted by ハマリーンズ at 2017年03月14日 01:09
>ハマリーンズさん
書きこみ、ありがとうございます。
そうですね、日本の守備の時間帯は静寂が襲ってきますよね。聞こえてくる打球音…至福の瞬間かもしれません!
Posted by mansengo at 2017年03月14日 08:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。