今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年03月09日

国際試合独特の重苦しさを吹き払う中田・筒香弾

オーストラリアの4番が苦労人デニング!
もう、これだけでオーストラリアを応援したくなってくる不思議…
おはようございます谷中中谷マニアです。

オーストラリア戦は不安な投手陣が奮起し、投手戦の末、勝った。苦しい展開で勝てたことは次につながると思う。
日本最大のピンチは5回ウラ。同点に追いついた直後、1死満塁のピンチを背負う。ここまで行き着くのには伏線があった。先発の菅野が先頭打者のデサンミゲルにデッドボールを与え、さらに9番のハーマンにつながれたことで投手交替。デサンミゲルは1打席目に本塁打を放っており、慎重にならざるをえないところ、懐を攻めようとしすぎて当ててしまう。すると8番オールティエンは三振に取るものの7球を要し、この時点で57球となった。そして9番のハーマンにはなんと9球を費やした末にショート横内野安打を放たれてしまう…

「1次ラウンドの球数制限:65球」
回が始まる前は「この回を投げきってくれるだろう」という期待がベンチにもあったと思う。しかし蓋を開けてみれば、下位打線相手に球数を要し、さらに1死1,2塁というピンチを残して降板せざるをえない、最悪の部類に近い展開。
マウンドを引き継いだ岡田が
6球連続ボール
という、渡米前の中後を見ているような暴れっぷり。侍に選ばれるぐらいだから普段はまとまったピッチャーなんだよな?岡田も「菅野さんがこの回までは放ってくれるだろう」という余計なヨミでもあって、心の準備不足だったのか?
1死満塁で6球連続ボールのピッチャーがマウンド上…
展開的にも失点濃厚なところ、キャッチャーの小林が一声かけにいったことが功を奏したのか、開き直って投じた「初めてのストライク」でゲッツーに仕留められた。相当ラッキーだった。マウンドから降りてくる岡田は「生きた心地がしない」といった顔つきだった。

ところが6回裏に千賀が三者三振の快投を見せると、7回表に中田翔が相手の代わりっぱなを1球で仕留めた。この後は千賀-宮西-牧田と「パ・リーグ便利屋リレー」で逃げ切る。
途上8回表に筒香の2ランが生まれる。これも2死からの青木の四球が呼び込んだものだった。この日前日と、相手の与四球からもらったチャンスで得点出来ているところが大きい。中田も本塁打まで無安打だったが、前日も2四球を選んでおり、きっちりチャンスメイクには貢献していた。
しかし筒香である。この打撃には震撼せざるをえない。下半身の動きと上半身の動きが、なんか違うように、いつも見える。バットが腰の動きより、かなり遅れて出てくるので連動していないというか…。日本の長距離打者にはいないタイプのポイントの近さで、率も両方追及していける珍しい打者だ。このホームランの時は右肘を咄嗟に抜くことによって、最善のポイントでボールを捉えることに成功している(これが違っていれば飛距離が稼げても、ファウルエリアに打球が飛んでいただろう)。手元で動くボール全盛の現代、この打撃をしていければまさに鬼に金棒。

不自然に見えるような上半身の動き…実際映像で見ると、きゅうくつなバッティングに見えるんだよねぇ。力強いうねりを生み出す下半身とは対照的に、この柔らかい右肘の使い方が「違和感」を感じてしまうのだろう。
それを見ながら過去の誰かを思い出す。
アスレチックス(後ヤンキースなど)のジェイソン・ジアンビ!
なんでジアンビの事がパッと出てきたかというと…
オーストラリア・ナショナルチームのユニフォームが限りなくアスレチックスなんですもの!
(オレ、好きなのよね、A'sのユニフォーム…)

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 09:54 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。