今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年03月04日

【ファミマTカード改悪】JQ CARDエポスならどこでも戦える

どうやら3月31日で、ファミリーマートでのファミポートからのLINE PayチャージにファミマTカードの利用が出来なくなるようです。(家から徒歩1分のファミリーマートのファミポートの上にも張り紙が掲示されてあり確認しました)。
昨年登場した「LINE Pay」へのチャージで、唯一クレジットカード経由でチャージ出来る方法として注目を浴びました。その後コンビニやドラッグストアで「LINE Payカード」が販売されるようになったので、電子マネーで支払えるところは間接的にクレジットカード払いで購入出来るようになりましたが、月5枚の制限付ですから月間5万円までですね。筆者はミニストップでJMB WAONで購入しております。むろんJALカードからチャージして。5日・15日・25日の購入だとJMB WAONの利用2倍マイルで、POSAの購入でもこれが適用されてしまいます…

(JALカードショッピングマイル・プレミアム入会の)JALカードからのチャージ 1%
5が付く日のPOSAカード購入 1%
合計2%

これに「LINE Pay」利用分2%ですから、月5万限定ですが、合計4%還元可能になってしまいますね。貯まったLINEポイントをANAマイルに交換すると、
JAL 2%
ANA 1.62%
の両マイル計3.62%還元状態になります。
LINE Pay+ファミマTカードの組み合わせでANAマイル常時2.12%還元

ツルハグループでは2017年2月15日まではクレカ・各種電子マネー・商品券などでもPOSAカードを購入出来たので、筆者も「2.4%還元化」されたEdyで何度か購入しました(→EdyでANAマイルをMAXに貯める2つのコース【2.4〜2.7%還元】)。
ANA 2.4%
ANA 1.62%
計 4.02%
残念ながら「EdyによるANAマイル還元率最高3.3%還元」になる「JQ CARDエポスゴールド」到着前に終了しておりました(笑)これでしたら3.3+1.62=4.92。常時ANAマイル最大還元率4.92%でJCB加盟店で決済出来ることになってしまっておりました。
ハイ、思い出&机上の空論、オワリ!

さて、いわゆる「改悪リスク」は、どのカードにも付いて回るものですが、このJQ CARDエポスゴールドはGポイント、エポスポイントへ交換出来、そこからの多彩な交換ルートが用意されているので、ちょっとやそっとのことでは怯まないと思います。たとえソラチカカードへの交換ルートが無くなったとしても、他の分野で高還元カードとして生き残れる事でしょう。ていうか、エポスポイント→ANAマイルの交換ルート(10:6)が確保されていれば、ANA分野でも充分戦えるでしょうから。

今日は「JQ CARDエポスゴールド」を使ってJALマイルを貯める場合のシミュレーションをしてみましょう。
JALマイルへもエポスポイントから直接交換出来ます。
エポスポイント 1,000 → JALマイル 500
と、一般的な「10:5」ですね。残念ながらJALの方には、ANAのような「ゴールド・プラチナ会員限定」のレートアップはございません。
ではセルフレートアップさせちゃいましょう!
筆者は毎年8~10月の期間の「dポイント25%レートアップ交換期間」を活かして、25%増ししてdポイントに数万ポイント送りこんでおります。
dポイント期間限定はマクドナルドで使えた&今年も25%割増で他のポイントから交換出来る!

もちろんdポイントとしても活用しているのですが、一部はJALマイルに交換することもあります。
JQ 1,000ポイント → Gポイント 1,000ポイント →dポイント 1,250ポイント → JAL 625マイル
と、通常交換より12.5%増しでJALマイルへ交換出来ます。(dポイントからJALマイルへは5,000ポイント単位でしか出来ないので注意)
仮に「JQ CARDエポスゴールド」で100万利用した場合のJQポイントを当てこみますと、
JQ 20,000ポイント (中略)→ JAL 12,500マイル
となり、JALマイル還元率は1.25%となります。

  WAON Edy モバイルSuica スマートICOCA nanaco
JALカード
JQ CARDエポスゴールド

電子マネーチャージでマイル(またはポイント)を稼ぐための対照表ですが、JALカードはWAONチャージに対応しているものの(めでたく2018年3月31日までチャージによるマイル付与キャンペーンは継続されます!)、その他はカラキシです。モバイルSuicaチャージでマイルが付与されるのは「JALカードSuica」だけで、「JALカードSuica」だとJMB WAONへのチャージ非対応カードです…「JALカード TOKYU POINT CllubQ」も2017年4月から、PASMOへのオートチャージのJALマイル付与を取りやめ、オートチャージ分はTOKYU POINTへの加算になってしまいました。

なので年間100万ぐらいはカードを利用するJALカードユーザーで、電子マネーの利用がWAONより「Edy」「モバイルSuica」「スマートICOCA」の方が多い方は、おそらくは「JQ CARDエポスゴールド」の方がマイルを貯めやすいと思われます。まあWAONは破壊力のある電子マネーなので、JMB WAONをうまく活用出来ている方なら、そのままでいいと思いますが…「JQ CARDエポスゴールド」は年会費無料なので「JALカードのサブカード」という位置づけにしたとしても機能することでしょう。

たとえば、リクルートカードのVISAやMasterはEdyチャージでポイントも付与され1.2%と高還元です。貯まるポイント「リクルートポイント」はPontaと瞬時交換可能ですから、実質Pontaのようなもんです。
Edyはおサイフケータイを使い、貯めるポイントを「Ponta」に設定することも出来るので、
Edyチャージ 1.2%+ 利用 0.5% = 1.7%
をPontaにまとめることも可能です。なので、それをJALマイルに交換することを前提にすると、「0.85%」JALマイル還元ペースでEdyを利用していることにもなります。JALカードをメインにJALマイルを貯めている方のサブカードとしても有力なカードです。

エポスカードもEdyチャージでポイント付与され、なおかつ、おサイフケータイで貯まるポイントを「エポスポイント」に設定することが出来てしまいますから、
Edyチャージ 1%(リボ払い持)+ 利用 0.5%= 1.5%
とエポスポイントにまとめられ、それをJALマイルに「2:1」で交換出来るので、「0.75%」分のJALマイルがEdyのチャージ+利用で貯まります。ノーマルカードでもOKです。なお「JQ CARDエポス」はEdyで貯まるポイントでの表示は「エポスポイント」になっておりますが、「JQポイント」が貯まります。JQポイントはエポスポイントと相互交換可能なので、エポスポイントに交換してからJALマイルへ交換出来ます。
ただ、このエントリーで話題にしている「dポイント25%増し技」を使えば、
1.5×1.25=1.875
1.875÷2=0.9375
となりますので、Edyチャージ&利用で「0.94%」還元させることも、「JQ CARDエポス」だったら出来るということです。

これはノーマルな「JQ CARDエポス」の素で出来てしまいます。「JQ CARDエポスゴールド」のボーナスポイントを絡めると、どうなるでしょう?
「サブカードなので100万は利用しないよ」という方でも50万ぐらいは使うかもしれません。そうなるとEdyチャージで1.5%です。
チャージ1.5+利用0.5=2.0
2×1.25=2.5
2.5÷2=1.25
EdyでJALマイル1.25%還元です。
「モバイルSuica」「スマートICOCA」の場合、恐ろしい事に「選べるポイントアップショップ」に選択出来てしまいポイント3倍化可能です…。
ゴールドで50万利用している場合2.5%還元になってしまいます。
2.5×1.25=3.125
3.125÷2=1.5625
モバイルSuicaおよびスマートICOCAで1.56%還元です。

なので「JQ CARDエポス」だけでもdポイント25%増し期間に交換さえすれば、JALカードのEdyチャージ&モバイルSuicaチャージサブカードとして機能するのです。「JQ CARDエポスゴールド」になったら、さらにヤバいということで。
ただ、エポスカードからはnanacoチャージ出来ませんから、nanacoにこだわる方はリクルートカードをJALカードのサブにオススメ致します!

これはJALマイルを貯めるための方法として書いているので見落としがちですが、経由地のdポイントでそのまま使うことにしたとしても優秀です。
(モバイルSuicaをポイントアップショップで3倍化して年間50万利用すれば、最大dポイント3.125%還元可能な訳ですから…)
dカードは1枚に「クレジットカード」「dポイントカード」「iD」の機能を搭載し、使い勝手のいいカードだと思いますし、こえたらリボを絡めれば1.5%還元も可能な優秀なカードだと思います。でも、やはり「Edy」や「モバイルSuica」チャージにはポイント付与しておりません。つまりdカードやドコモの利用料金10%還元のdカード GOLDの、サブカードとしても機能するということです。

サブカードとして、もちろんメインとしても、抜群の働きを見せることは間違いない「JQ CARDエポスゴールド」。そこに至る前の「JQ CARDエポス」でも、かなり戦える事がお判り頂けたかと思います。
詳しくはJQ CARDエポスゴールド総合情報局を参照下さい。
いっておきますが、「JQ CARDエポスゴールド」は年会費永年無料なのですよ!!

記事が「役立った」と思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 11:40 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。