今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!5月末まで無料。
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年02月22日

楽天カードのnanacoチャージで20%還元

rrivo201702

19日、11月に参加した「あとからリボ払いをご利用でもれなく2000ポイント」のキャンペーンポイントが到着しておりました。
参考:楽天カード+Edyと、おサイフケータイEdyを使い分け、キャンペーンポイントを根こそぎGET!
上記エントリーで紹介して、実際に参加したキャンペーンです。
今期2度目…2万円使って、わずかな手数料を払うだけで都合4,000ポイント獲得してしまいました(これに+して通常のカード利用1%還元分)。

rcardrivo201611

楽天カードの管理画面「e-NAVI」のキャンペーンの項目を見ていると、様々なリボ絡みのキャンペーンがあります。
11月に開催されていた、こちらの「あとリボ」キャンペーン。
とにかく1万円でも「あとリボ」(当初1回払いだったものを、確定日前に「リボ払い」に変更する)すれば、もれなく2,000ポイントGETです。
ええ、nanacoチャージでも(笑)

「でも、リボ払いって金利手数料かかるんでしょ?」
計算すれば、1万円カッキリのリボ払いぐらいなら、殆ど手数料がかからないことが判ります。
(1か月目)5,000+(10,000×0.15÷12)=5,125
(2か月目)5,000+(5,000×0.15÷12)=5,062 
5,125+5,062=10,187
お支払コースを5,000円にしたら、1ヶ月目に125円、2か月目に62円、計187円のリボ手数料を払って完了。これで2,000ポイントがキャンペーンで入ってきました。

実は昨年6月ごろにも同様なキャンペーンに参加しているんですが、昨年3月にも、やはり来てました。短期間に3回も参加出来ていたんですね…
楽天カード「あとリボ」&ドコモ口座VISAプリペイドのWキャンペーンの年度末Wバズーカで26%還元
上の事例でも判る通り、JCBブランドだったら「nanacoチャージ」でもキャンペーン対象になって参ります。あとリボキャンペーンはキャンペーンの方も後からやってきますので、とにかくnanacoチャージを1万づつしておけば、「その項目だけ」あとリボにすることが可能です。
このキャンペーン、仕組みが判れば誰でも理解できると思うのですが、
「1万円に可能な限り近い金額程手数料が低くなり、還元率が高くなる」
という側面があります。なので1万円ちょうどの支払項目があると、その項目だけ「あとリボ」にすることによって、リボ手数料をミニマムに抑えられます。

もちろんカード会社の方は更なる「リボ払いの誘い」を仕掛けてきます。これで調子に乗っていると「3万円あとリボで2,000ポイント」キャンペーンなんかが来たりします。
(1か月目)10,000+(30,000×0.15÷12)=10,375
(2か月目)10,000+(20,000×0.15÷12)=10,250
(3か月目)10,000+(10,000×0.15÷12)=10,125
10,375+10,250+10,125=30,750
お支払を10,000円コースにすれば、750円程の手数料で、やはりキャンペーンポイントが入ってくる「計算」にはなります。
なりますが、3万円きっちりの支払項目がなく、複数の支払項目を選択して3万以上にするとブレ始め、支払回数が増えて手数料も増えます。キャンペーンポイント目当てにリボ払いされる方は、どこかで線引きして、「これ以上はあとリボはしない」と決めましょう。オススメは「1万円のキャンペーンまで」、ですね。

上記の「掟」の元に、あとリボ対策戦略を立てます。ポイントはnanacoチャージを1万円以上する場合も、「1万円ピッタシ」のチャージを1ヶ月に1回は入れておくことですね。こうすることによって、このような「あとリボキャンペーン」が不意にやってきた時に、手数料をミニマムにしてキャンペーンに参加できる態勢が整っている状態になります。


楽天カードはJCBブランドを選んでおけばnanacoチャージも可能になります。他にEdy・モバイルSuica・スマートICOCAチャージでもポイント付与あり。無論、Edyやモバスイのチャージ1万円分を「あとリボ」にして、このキャンペーンに臨むもよし。

リクルートカードが「1.2%」、楽天カードが「1%」なので、リクルートカードが「電子マネーチャージ最強」と簡単に烙印を押すサイト・雑誌が多すぎです。
楽天カードで2回「あとリボ」キャンペーン参加で1万チャージすれば、
20,000円チャージ…4,000+200(1%還元分)−374(リボ手数料)=3,826
リクルートカード:
300,000円チャージ…300,000×0.012=3,600
リクルートカードからの30万円分のチャージより実質還元額を上回っているのですから…。

記事が「役立った」と思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 08:36 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。