今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!5月末まで無料。
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年02月02日

唐川のように微妙に腕を下げた俊介の前の31番投手

渡辺俊介の前に背番号31を付けていたピッチャーを覚えておいでだろうか?俊介の31番が長かったので、忘却の彼方に去っている人も多ければ、9割のロッテファンは存在自体知らない選手かもしれない。
小島弘務という中日でそこそこ活躍して、移籍してきた選手だ。
この人のプロ入りの経緯が凄い。1回、プロ入団を取り消されて「浪人」になってしまったという曰く付きの選手なのだ。

とある本で、この選手が浪人中何をしていたのか知る。
居候
だった…しかも、居候している家が凄い。凄すぎて、居づらくなって3か月で飛び出してしまった。どんだけ凄いかと言うと、ある日電話がかかってくる。
「あなた、中ちゃんから電話よ〜。ゴルフに行きましょう、って」
「アイヨ」
奥さんに呼ばれて電話に出るダンナさん。小島は中ちゃんの正体を後で知る。
中曽根康弘だった
どんなアンポンタンな野球バカの若者でも知っている元総理大臣から、直にゴルフの誘いの電話がかかってきて、奥さんが中曽根元総理の事を「ナカちゃん」とか呼んじゃってる、この家は…

元首相からゴルフに誘われるぐらいだから、多忙を極めていそうな、このオジさん。毎日浪人…いやプータローとも言える小島の1,000球の投げ込みに付き合っていた。「実はヒマなのか?」
ビックリする話だった。結局、鼻っ柱の強い若者は投手でもないこのオジさんの指導に反発する。
最終的には翌年無事「再度」プロ入りすることが出来た小島だが、この時のトレーニングで思考を重ねた末、腕を若干下げたフォームを確立した。結局すぐに入団するより、「回り道」したことによってプロで生きる術を見つけられた。指導法には反発したものの、そのトレーニングにつきっきりで付き合ってくれたオジさん…。

小島のフォームを思い出すに、ほぼ上手投げなんだけど、なんか「上」と言うには引っかかるフォームで、よくよく見ると、ちょっと横から出ている。昨年フォーム改造を行った唐川のような、パッと見は判らないんだけど、やはりよくよく見ると少し横気味から出ていることが判るようなフォーム。
マリーンズを自由契約になった後、台湾に渡り、その後学生野球の指導者になっているようだ。

京都出身なんだけど、のっぺりとした白面の顔だち、なんとなくお公家さんのような雰囲気もあった選手…

あ、この人も関西出身で公家のような顔と言われていた時もあったような…
居候
もしているし!(高校時代)

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

この本には俺が長年にわたって確信していた、そのオッサンの「背中」に関しての証言まであった…っていうか、選手達も皆絶対に彫り物があると思ってたのかよ!!!
いや、この事実を知れただけでも買ってよかった。

posted by mansengo at 02:21 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。