今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年01月29日

サト大暴れだったファウルの回【ファウルの思ひ出】

球辞苑の「ファウル」の回に暴君がゲスト出演していた。
粘りまくる中島の絵を見ながら、徳井編集長の
「こういうバッター、キャッチャーから見たらどうなんですか?」
という問いに対して、
めんどくさい、ですね」
と答えていた。一番めんどくさいのは、アンタの対応だけどな…って徳井の顔に書いてあったような…

まあ、それぐらい「大暴れ」でした、暴君。
「中島攻略法」を延々と説明して、ドヤ顔。やりきった感あふれる清々しい顔してました。
速いボール系ならカットされるので、「カーブ」を投げさせる。
「そうすれば手首が返って、ファーストゴロ、セカンドゴロになります」
と、言い切ってたね。カーブが持ち球にないピッチャーだったら…と鋭い質問が飛んでくるも、膝元へのスライダーで、ボール1個分の出し入れ…とか、そんな回答してたよね?
「でも、コントロールがないピッチャーは…」
「それは僕の知ったことじゃ、ありません!!」
出た「サド(サト)スティック・リード」の内幕!難しいボール要求して、投げきれない投手に逆ギレ…この辺散々ネタにしてきましたよね、このブログは。

あと細谷がマリンでのファールの追い方の極意を語っていた。細谷もこんな番組に出て、ウンチク語れるようになったんだなぁ…と、ちょっぴり感慨にふける。
なんでも内野手ファール刺殺数ランキング3位だったそうで、1位2位が外国人のため「日本人1位」の栄冠。1位2位はぶっちゃっけ要素ゼロの運だけって感じだけど(ロペス&ゴメス)、規定打席立っていない細谷の3位入りは賞賛に値するだろう。ファースト・サード両方こなしていた面もあるけど。このランキングは一塁手と三塁手以外、入りようがない…キャッチャー?まずないでしょう。マリンでのファールフライって言ったら、またドヤ顔している人が控えてますから…もちろん又、アノ鉄板自慢ネタを披露してました。

レジェンドで高田GMがインタビューに答えていて、「俺は狙ってファールにするタイプのバッターじゃなかったから」と、中島とは違う面をアピールしていた。
昔、巨人対中日の試合をラジオ聞きながらスコアブックにスコアを付けたことがあったんだけど、「高田が粘るかなぁ…」とちょっと楽しみにしていたら、高田のお株を奪うように中日のピッチャーの堂上が打席で15球ぐらい粘って、スコアに書ききれなくなるぐらいファールを打ったことを記憶している。9番打者なので助かった。スコアブックはなぜか10人目を記録する欄があったりするので、そっちにはみ出していた。
堂上ってバッティング良かったんですよ。代打で起用される事もあったと思う。なので息子2人がプロの打者になってるしね。あ、これは関係ないか…

ドヤが1軍2軍を行ったり来たりする選手の方が「三振前のバカ当たり」をよく打つ的な話していたね。この話でパーーッと思いだした選手が1人。高口が珍しくスタメンに起用されて、移籍第1号か!?という「幻のホームラン」を左翼ポール際に打って、取り消されたことを思い出した。結局ホームランを1本も打つこと無く、サブローの人的補償で去った高口…守備要員系でしたが、ファイターズ時代は結構代打で使われていた記憶もある。

どうでしょう、今日の思い出話。相当ディープでしょう?叩けば、いろんなもん飛び出すよ。

訳が判らないスイッチが入る俺に今季も期待する君の1票。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 00:59 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。