今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!5月末まで無料。
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年01月12日

24勝0敗&年間最多勝の話

タイトル、田中将大の2013年の投手成績ではない。
大相撲初場所4日目の取組「白鳳対栃ノ心」の通算対戦成績だ。
白鳳 24 - 0 栃ノ心

右の相四つで、がっぷり組めば実力通りの結果が待っているだけ。得意な形が同じ力士相手には、余程のことがない限り取りこぼさない横綱の強さなんだけど、一体どうしてそんなことが可能なんだろうか?

解説を聞いていると「白鳳の肩の使い方が抜群に上手い」らしい。相手の嫌がるような位置に肩を動かすそうだが、そこまで持っていく速さも天下一品。となると、次回の対戦では「白鳳の肩の動き」に注目したくなってしまう。

そもそもスポーツって、「体」(タイ)をどのように使うかを選手の方は間断なく考えている訳じゃないですか、プレー中は。それにしては見る側がそれに無頓着すぎる。もうちょっと選手が体をどのように使っているかに、フォーカスを当てる解説があってもいいと思う。

栃ノ心の対白鳳戦24連敗は、歴代ワースト2位だそうだ(1位は栃光の対北の湖戦29連敗)
野球でも対戦成績で「カモ」「苦手」がはっきり色分けされる対戦がある。「なぜ、そのような結果になるのか?」たまたまなのか、体の使い方的に、必然なのか?今季も根拠を考えながら野球を見ていきたいと思う。

稀勢の里が好調だ。或は今度こそは…
昨年は年間最多勝ながらも、一度も優勝出来なかった。
横綱はともかく、琴奨菊や豪栄道といった安定感に欠ける大関が優勝出来て、稀勢の里がまだというところに不条理も感じる。
仮にですよ…仮に大相撲が年間90日の長期リーグ戦だったら、稀勢の里が優勝している訳じゃないですか!!

柏レイソルが2000年に年間最多勝ち点ながらも、前期も後期も別のチームが優勝したため、「3位」に甘んじたことがある。

年間最多勝って何だろう…

あ、千葉ロッテマリーンズのファンだけはそれを語る資格が無かったことを忘れてた!!
他球団のファンの皆様、ごみーーーん。

結論に苦笑しながらも頷いてしまった君の1票。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 00:47 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。