本バナー経由限定!アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)が年会費無料のキャンペーン継続中!(終了日未定なので、お早目に)
2017年01月07日

Tポイントと楽天ポイントを両方「使って」払える店

昨年夏(2016年7月)に関西旅行へ行った際、京セラドーム大阪での野球観戦の後の遅い夕食を取った時の話です。

warayakimisemae 
ホテルの近くにあった「わら焼き部」という居酒屋で、夕食を取りました。

warayakibukatsuo

「かつおのたたき」ですが、炭焼きではなく、藁で焼いているんです!
高知県の伝統的な料理法で、カウンター席の前のガラス越しに、実際に藁焼きしているところが見れます。今まで感じられなかった素材の旨さを引きだせているような調理法に感じました。
かつお以外にも、サーモン、鶏、豚トロ…わら焼きにして出してくれます。
店のコンセプトが「土佐」ですから、坂本龍馬のフィギュア人形や「おーい!竜馬」の漫画全巻などが置いておりました。

tmachi_warayaki

Tポイントの「街のお店」というところで検索すると、このお店がTポイント加盟店であることが判ります。

trireki_warayaki

Tポイントカードを提示し、今回は「貯める」にしました。実際、20Tポイントが後日付与されておりました。支払には「楽天カード」を利用したんですが、これには訳があります。
実はこのお店、楽天カードポイントPay利用可能店でもあるからです。

楽天カード払いでポイントが使えるBar
こちらのエントリーでもご紹介致しましたが、「楽天スマートペイ(当時。現在の呼称は「楽天ペイ」)」導入店舗では、楽天カードで支払う際に
「楽天ポイントを利用して、残り額をカードで支払う」
といった事が出来てしまうのです。

enavipointpay

楽天カードの管理画面「e-NAVI」で「各種お申込み」の欄に「楽天カードポイントPay」という項目があるので、そこをクリックしてみてください。

このように、筆者の場合「お支払時のご利用ポイントの上限設定」を2,000ポイントに設定しております。なので、もし「楽天カードポイントPay利用可能店」に巡り合った際に楽天カードで支払うと、自動的に2,000ポイント利用され、残りがカード決済となります(店の人にこのサービスを使うことを告げる必要はありません)。もちろん期間限定ポイントも使えます。

rpointpayhenkou

難しいのが、この「ポイントの上限設定」のポイント数です。もちろん変更可能なんですが、今自分が持っている全てのポイントを消費したい場合は「上限を設定しない」に設定しておきましょう。 ポイントがある分だけ使われます。
たとえば「期間限定ポイントだけ消費したい」という願望がある場合は、カッキシ使い切ることがこのシステムでは難しいので、事前にそれに近い「上限」に変更しておくことで、それに近いことも出来ます。が、2,000ポイント以上になると、「5,000、10,000、15,000…」といった按配で5,000ポイント間隔になってしまい、かなりザックリとした設定になってしまいます。

rakutenpay_warayaki

このように「楽天スマートペイ」で支払ったことがポイント明細に現れます。楽天カードで支払っただけなのに、2,000ポイント消費されました。

rcardmeisai_warayaki

そして、これが楽天カードの明細ですが、250円だけカード決済したことになっております。2,250円の飲食代が
2,000円分 楽天スーパーポイント
250円分 楽天カード
で支払われたことになります。

つまり「Tポイント加盟店」であり、なおかつ「楽天カードポイントPay利用可能店舗」であるこのお店は、
「Tポイントと楽天スーパーポイントを両方利用して払える」
夢のお店でもあるということです!
もし、「Tポイント250ポイント」を利用して、楽天ポイントカードPay設定済みの楽天カードで飲食代を支払えば、

2,000円分 楽天スーパーポイント
250円分 Tポイント
と、すべてポイントで払えた訳です。しかもライバル相乗りという考えられない事態です。これも、両者がいろんな方面にサービスを押し広げた故のあだ花でしょう。

【スクープ】Tポイント・Ponta・楽天が貯まるPOICHI加盟店発見!!
2016年秋から始まった「POICHI」は
・Tポイント
・Ponta
・楽天スーパーポイント
のいずれかの共通ポイントを選択して、貯めたり使ったりすることが出来るサービスなんですが、筆者はイの一番に高田馬場で加盟店を見つけました。
しかし、この「POICHI」は3つの共通ポイントの「いずれか」のみ利用できるサービスです。
わら焼き部さんのように「楽天+Tポイント」両方使えるケースは、ほとんど事例が無いのではないでしょうか?

もちろん
「楽天カードからおさいふケータイのEdyにチャージ、そのEdyで貯まるポイントがTポイントに設定してある」
なんていう場合も、楽天とTポイントが両方貯まっていると言えますが…でも「両方使える」というのは無理でしょ?
これが「Tポイント街のお店」と「楽天カードポイントPay」の奇跡のコラボレーションで可能となるのです。
おそらく、どんなお店でも「楽天ポイントとTポイントのポイントカードを両方提示して、両方ともポイントが付く」というケースは無いでしょう。
・Tポイント加盟店でTポイントカードを提示し、楽天カードで支払う
・楽天ポイント加盟店で楽天ポイントカードを提示し、Yahoo! JAPANカードで支払う
無論こういった「共通ポイントカード提示+共通ポイントが貯まるクレジットカードで決済」という組み合わせのケースでは、違ったポイントを両方貯めることは可能です。
でも、「ポイントを両方使って払う」となると、不可能ですよね。本来、クレジットカードはポイントを使って払えるようなものじゃありませんから…。

楽天カードの面白い点は、こういうところにもあります。
「楽天カードポイントPay」なんですが、利用可能店舗以外にも使える店はあるようです(先のエントリーで紹介した船橋のBarはリストに掲載されておりません)。
最近は「楽天ペイ」という別の取り組みも始まっており、スマートフォンだけでバーコードで決済できるお店もあります。
鎌ヶ谷のらーめん屋でスマホ「楽天Pay払い」、楽天スーパーポイントで食え!
幕張ファイ◯◯◯!
上記の2エントリーは「楽天ペイ」の方を実際に利用した際のレポートなんですが、実はこれ以外にもう1店舗、「楽天ペイ」のリストに掲載されている店に行ったことがあります。結論から申し上げると、楽天スマートペイの端末でカード決済しておりましたが、店の人に「スマホのバーコード決済などは行っておりません」と言われてしまいました。「楽天ペイ」に関しても認知していない模様でした。仕方なく、楽天カードで決済すると、後日利用明細を調べると、
2,000ポイント
分は「楽天カードポイントPay」としてポイント利用されていたのです!

「楽天ペイ」加盟店で、楽天ペイを通さず楽天カードで支払うと、「楽天カードポイントPay」が適用されるようです…。(←自分で言ってても頭がこんがらがりそうです…)

筆者としては楽天ペイスタート時のキャンペーン継続期間中で「楽天カードを設定して楽天ペイを利用したら、10%分ポイント還元」に惹かれていた部分もあったので、楽天ペイで払えなかったのは痛恨事でした。加盟店に徹底周知するような取組を行ってもらいたいと思いました。


↑ 楽天カードは「Edy」「楽天ポイントカード」機能以外にも、街のお店での決済に使える、いろいろなサービスが用意されております。
「楽天ポイント加盟店」…カードで支払うとポイントが2倍、3倍になる加盟店。全国の「ENEOS」も加盟てしており、楽天カードで払うと常時ポイント2倍(特典分も通常ポイント)です。
これの飲食店バージョンが「楽天ダイニング」です。「楽天ダイニング」「Rakoo」アプリなどで検索すると、地図付で加盟店舗が見つかります。 大手・中堅の居酒屋チェーンは殆ど加盟しているといっても過言ではないです。
「楽天カードポイントPay」…楽天カードで支払うだけで、設定したポイントが残っている場合はポイント払いしてくれる仕組みです。
「楽天ペイ」…スマートフォンだけでバーコード決済が完了する仕組み。今までカード決済が難しかった個人経営の飲食店や美容室などで導入が進められております。
と、あらゆる方法でポイントが貯められ、カード決済なのに「ポイントが使える」ところまであります。
「楽天ポイント加盟店」はポイント2倍、3倍(ダイニングの場合、まれに5倍・10倍・20倍のことも)になりますので、2〜3%還元カードに、「楽天カードポイントPay」もカードの利用分とは別にポイントPayの1%分が付きますし、「楽天ペイ」も+0.5%分付く上に
楽天ペイ: スマホで支払いOKな新サービス「楽天ペイ」。ポイントプレゼントキャンペーン実施中!
このようなキャンペーンも随時開催されているので、高還元になります。2,000円の利用なら「楽天カード1%+楽天ペイ0.5%+キャンペーン15%=16.5%還元」ですね!まあまあ、そんなに少額の利用ということもないでしょうが、1万円の利用でも4.5%程度にはなります。
ちなみに「楽天ポイント加盟店」「楽天ダイニング」と「楽天カードポイントPay」は楽天カードのみのサービスですが、「楽天ペイ」は他のカードも設定可能です(VISAかMasterブランドのクレジットカードか、楽天カード)。

この辺の意味合いを正確に把握できているからこそ、今回のような「楽天ポイントとTポイントを両方使って決済可能なお店」のようなところを見つけることも可能なのです。
当ブログでは引き続き、他のサイトではお目にかからないような「街のお店」で使えるテクニックも掲載して参りますので、是非ご参考下さい。今までポイントや電子マネー・クレジットカードの利用などで後手に回っていた「街のお店」の逆襲に期待し、応援して参ります!
「楽天ペイ」のレポートで紹介した「麺や木蓮」さんが、最近「旅プリカ特約店」(旅プリカで決済すると、JTBトラベルポイント3%分付与)にも加盟していて、ビックリしました!やるなぁ…

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 21:07 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。