今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2017年01月04日

昨年印象に残っている試合でヤフオク4月6日の3発を挙げる人が多い【奨吾・アジャ・デスパ】

今年、2017年のパ・リーグを占う上で、昨季のようなことにはならないんじゃないかと思う理由がある。補強を見る限り、西武以外のチームがどこも投手力を増強しているので、
泥縄継投の隙をついた一気の攻め
を起こしにくくなってきたことだ。昨年のマリーンズはここで点を稼いで逃げ切る試合が多く、後半相手投手陣が整備されてくると、めっきりこの手のゲームが減った(5月の週末の楽天戦あたりがピークだった)。
結局投手力が拮抗してくると、最終的には打力勝負になってくる。
打力では1枚…いや2枚落ちるかもしれないマリーンズはどう戦って行くのか?

デスパイネが抜けて、替えの外人頼み?
あるいはアジャ、中村奨吾の覚醒待ち?
アジャ、奨悟がコケれば砂上の楼閣。でも、この辺しか上積みも期待出来ない(笑)

デスパイネが残って、この2人が覚醒する…
この夢物語が現実化した試合が昨年4月6日のホークス戦だった。
千賀対チェンのマッチアップで、やる前から敗色濃厚なゲームでもあったんだが、そのチェンがアップアップのピッチングで3イニング連続失点でKO。でも3イニング連続失点で「3」点しか与えなかった事が最終的に逆転勝ちに結びついた。
この試合ヤフオクドームまで見に行っていた試合なんだが、チェンの序盤の内容を見ていたら、とてもじゃないが勝てるような雰囲気は無かった。
3回 65球 6安打 2四球
だからね…よく3点で済んだよ、本当に(ホークスの拙攻以外の何物でもなかったが)。

この後、中村奨吾が2ラン、アジャがソロを、千賀から放ち追いついてしまうと、9回表同点で出てきた抑えのサファテからもデスパイネが勝ち越し本塁打を放って4対3で勝ってしまう…。
実は、奨吾の前の田村が2死ながらも粘って出塁して、直後に2ランが出たのが大きかった。序盤低打率に泣きながらも、既にこの後化ける「雰囲気」があった。出塁率が高かったのだ。
田村の打撃開眼は立花のチェック機能が働いた結果でもある
週刊ベースボールでもアジャと裏方さんがこの試合を「印象に残る試合」に挙げていた。
千賀-サファテのリレー
強いボールを投げるピッチャーの時は、今宮のところにもボールが飛んでこないから、RFって何?的な話を書いたエントリーでも取り上げたリレーだが、その盤石な2人から3本の本塁打だけで勝ってしまったんだから、まさに「夢物語」だった。

そのデスパは今季相手側ベンチに座っていることになるだろう。
果たして、アジャ・奨吾は…?
頼む、どっちか1人だけでもいいので覚醒してくれ!!(←2人ともと願わないところが現実的)


↑ 翌日は長崎に移動して見れなかったけど17対8で勝った。その翌日の九州のスポーツ新聞の1面。

新春の願い事からして慎ましやかなところ(単なるネガティブ?)に笑った人も1票!マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 08:31 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。