本バナー経由限定!アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)が年会費無料のキャンペーン継続中!(終了日未定なので、お早目に)
2016年12月23日

ミニストップ「WAON POINT」サービス開始【WAOポン!終了】

waopon

ミニストップはイオングループのコンビニです。なので、お客さんには出来る限り電子マネー・WAONを使ってもらおうという魂胆が見えるサービスがありました。
「WAOポン!」というサービスはケータイサイトに自分の持っているWAON番号を登録しておくと、そのWAONを使ってミニストップで買い物をするとボーナスポイントが付く仕掛けになっておりました。
筆者のような「JMB WAON」ユーザーは、ボーナスポイントの対象外でした。ミニストップでWAOポン!ボーナスを受けたいと思えば、普通のWAONと使い分けが必要でした…(ただし「ソフトクリーム20円引き」のような割引系は「JMB WAON」でも対象でした)

このWAOポン!サービスが12月26日に終了します。
WAONでクーポン(WAOポン!)サービス終了のお知らせ | MINISTOP

代わって12月27日より、いよいよミニストップでも「WAON POINT」サービスが始まります。

waonpointcard201612

ここで非常に判りにくい「WAON POINT」に関して、確認の意味もこめ、まとめてみたいと思います。

◯「WAONポイント」と「WAON POINT」の違い
まず電子マネーの「WAON」利用で貯まるポイント「WAONポイント」と、現金の支払でもカードを提示するだけで貯まる「WAON POINT」は全く別のポイントであることを認識する必要があります。今後、JR東日本の「JREポイント」のように、一つにまとめていく意思があるのでしょうが、発展途上過程の段階では紛らわしい事この上ありません。

「WAON POINT」(「POINT」がアルファベットの方)…ポイントカードのポイントです。「Tポイント」や「Ponta」、「楽天スーパーポイント」「dポイント」等と同様の共通ポイントという位置づけです。主にイオングループ関連の店舗で、カードを提示して貯めるポイントです。
現金・商品券・他社のクレジットカード・他社の電子マネーの支払でも、ポイントが貯まります。反面、「WAON」や「イオンカード」の支払では併用出来ないという難点があります(後述)。
貯まったポイントは1ポイント=1円分から、そのままWAON POINT加盟店で利用可能なので、WAONポイントに交換したりする手間は不要です。WAON POINT加盟店ではない、WAONが使えるお店(例:マクドナルド、吉野家etc)で使いたい場合は、WAONポイントに交換→WAONにチャージといった手順を踏めば利用可能です。

「WAONポイント」(「ポイント」がカタカナの方)…従来からある電子マネー「WAON」利用で貯まるポイント。貯まったポイントはWAONにチャージして利用。

大まかに説明すると、こんなカンジなのですが、注意すべきは「イオンカード」と「WAON」の存在です。実は「イオンカード」、「WAON」は、新たに「WAON POINTカード」を作らなくても、そのまま「smart WAON」サービスに登録することによって、「WAON POINT」を貯められるカードとしても機能します。 ただし、「WAON」や「イオンカード」では貯まったWAON POINTをそのまま使うことは出来ないので、WAONステーションやイオン銀行ATMまたはFamiポートで「WAONポイント」に交換して、それをWAONにチャージして使うようにします。
「smart WAON」とはWAON POINTが貯まるカードの統合WEBサイトです。こちらに登録することによって、「WAON POINT」を扱えるようになります。
WAONは自分で登録する必要がありますが、イオンカードは自動的に「smart WAON」に登録されるようになっております。楽天ポイントカードのように、1つのアカウントに「15枚」まで、「WAON POINT」サービスにポイントカードや各種WAONを紐づけ可能なんですが、イオンカードについてのみ1枚までのようです。
WAON POINTカード加盟店での、「WAON」「イオンカード」の取扱ですが、これ自体で「WAON POINT」を貯められますので、他の「WAON POINTカード」を提示する必要はありません。
ただし「イオンカード」でカード決済してしまうと、WAON POINTは貯まりません。その代わり「ときめきポイントが常時2倍」で付きます。通常0.5%が1%になるので、実質「WAON POINTカード分+イオンカード分」と同じという事なのでしょう。「イオンカード」を提示し、現金決済した場合は「WAON POINT」が貯まります。

イオンカード決済で「ときめきポイント2倍」になるお店
  • イオン
  • イオンスタイル
  • ダイエー
  • グルメシティ
  • マックスバリュ
  • イオンスーパーセンター
  • ザ・ビック
  • アコレ
  • ピーコックストア
  • サンデー
  • KASUMI
  • KOHYO
  • マルナカ
  • ホームワイド
  • まいばすけっと
  • ミニストップ
  • イオンモール
  • イオンタウン
  • イオンリカー
  • イオンバイク
  • R.O.U
  • スポーツオーソリティ
  • 未来屋書店
  • イオンコンパス
  • 四六時中
  • イオンシネマ
  • イオンペット
  • saQwa
  • タルボット
  • ikka
  • イオンボディ
  • ハックドラッグ
  • ウエルシア薬局

ほぼ「WAON POINT」サービス加盟店は網羅しているような感じです。今回加入することになったミニストップも既に2倍ですし、ウエルシア薬局やハックドラッグといったTポイント加盟店でも実は2倍になります。

「WAON」支払の場合は「smart WAON」サービスに登録済みか否かで、貯まるポイントが変わってきます。登録済みなら「WAON POINT」が貯まり、未登録なら、従来通り「WAONポイント」が貯まります。
「Smart WAON」に登録すると、従来の「WAONポイント」が貯まらなくなるので、
「今まで貯めたポイントがムダになってしまうじゃないか…」
と思ってしまいがちなんですが、実はWAONステーションやFamiポートで
1WAON POINT → 1 WAONポイント
に1ポイントから交換可能なので、最終的にはまとめて、同じ1枚のWAONにチャージすることが可能になります。
実は「WAON POINTサービス加盟店」でsmart WAON登録済みのWAONを使うメリットもあります。従来のWAONポイントは
200円で1ポイント
しか付きませんでしたが、smart WAON登録済みのWAONは
200円で1WAON POINT+月間利用額の500円毎に1WAON POINT 
をオマケで付けてくれるので、還元率が0.5→0.7に上がります。これはあくまでも「WAON POINT加盟店」でSmart WAON登録済みのWAONを使った場合であって、「ただWAONが使えるだけのお店」は今まで通り0.5%還元のままです。


唯一、WAONチャージでもポイントを稼げるカード、イオンカードセレクトの場合はどうなるのか?
これはイオンカードですから、前述の枠内のWAON POINTカード加盟店でそのままカード決済しようとすれば、「ときめきポイント2倍」ということになります(1%還元)。
オートチャージされた付帯のWAONで払うと「チャージ0.5%+利用0.7%」で1.2%還元となります。もしイオンカードセレクト利用分のイオン銀行口座振替利用金額が前半期(4〜9月/10〜翌年3月の6か月間)10万円以上あれば、5日・15日・25日のWAONオートチャージでは下記表のように、チャージで付与されるポイントがUPします。

  利用金額 ポイント付与率
ステージ1 10万以上 1.5倍(0.75%)
ステージ2 30万以上 2倍(1%)
ステージ3 50万以上 3倍(1.5%)

従って、WAON POINTサービス加盟店でのイオンカードセレクト付帯のWAON利用では、うまく5が付く日にオートチャージするように運用できれば、
10万円以上 0.75+0.7=1.45%
30万円以上 1+0.7=1.7%
50万円以上 1.5+0.7=2.2%
と、「MAX2.2%還元」になります。
参考:Edy・nanaco・WAONへのチャージはこのカードで決まり!【最新電子マネーチャージノウハウ全集】

これに今まであったキャンペーン時の「WAONポイント5倍」といったボーナスが、「WAON POINT5倍」とWAON以外の支払にまで対象が拡大されております。
とにかく、
・WAON POINTカード
・WAON(smart WAONサービス登録済み)
・イオンカード
のいずれかを持っていれば、「WAON POINT◯倍」や「WAON POINTボーナスポイント対象商品」といったボーナスポイントを獲得出来るようになります。

「JMB WAON」は現状、「smart WAON」に登録出来ず、「WAON」で支払おうとするとWAON POINTカードの提示を受け付けてもらえないので、蚊帳の外になります。もっとも「JALカードショッピングマイル・プレミアム」登録済みのJALカードからJMB WAONにチャージして買い物すれば、どこでも1.5%マイル還元になっているので、元々が非常に高還元だったと言えます。ただ「WAON POINTカード」をお持ちであれば、カードの方で支払った方がいいかもしれませんね。イオンなら元々「JALカード特約店」なので常時2%還元可能です。チャージした「JMB WAON」より、常にJALカードでそのまま払った方がいいですね。「WAON POINTサービス」が開始する前は「通常時はJALカードの方で支払、WAON5倍デーの時はJMB WAONで支払う」という使い分けがテクニックとされてきましたが、貯まるポイントがWAON POINTでもいいのであれば、常時「WAON POINTカード提示+JALカード決済」という組み合わせでいいと思われます。でも、「マイルの方がいい」という方には微妙ですね…

※JALカードからJMB WAONにチャージ出来るのは「JAL JCBカード」「JAL VISAカード」「JAL Masterカード」「JALカード TOKYU POINT CllubQ」です。

例)イオンでWAON POINT5倍の日の比較
・WAON POINTカード提示+JALカード決済 WAON POINT2.5%+JALマイル2%(分散するけど4.5%還元)
・JALカードからチャージしたJMB WAON支払 チャージ1%+利用2.5%=JALマイル3.5%還元

ミニストップの「WAOポン!」では「JMB WAON」はボーナスポイント対象外でしたが、おそらく「WAON POINTサービス」導入後は「ボーナスポイントの1/2マイル付与」といった形になるのではないでしょうか?
(こちら判明次第、追記予定)

今後、「WAON POINT」が他社ポイントとのポイント交換サービスを始める予定であることが、開始時に発表されておりました。具体的に「JALマイル」の名前が上がっていたので、それを信じて、JALマイル派の方も暫く「WAON POINT」の方を貯める選択もアリかもしれません。
「WAON POINT」はそのまま使うと、ものすごくお得なレートで利用出来るキャンペーンがタマに行われていたりします。2016年6月のサービス開始以降、複数回行われていたと思います。その機会に使えるように、充分WAON POINTを貯めておくのが現状一番お得なポイント利用法なような気もします(ただ、今後も同様なキャンペーンが来るのかは未知数ですが…)
「WAON POINT」はWAONステーションやイオン銀行ATMで「WAONポイント」に交換出来るので、そこからSuicaポイントに交換することは可能です。Suicaにまとめたいと思っている方にも好都合なポイントサービスではないでしょうか?
100 WAONポイント → 90 Suicaポイント
※ただし、交換時に10%分の手数料が取られます。

とにかくミニストップもWAON POINTサービスを開始することによって、ポイントが貯められるお店が増えました。今後のWAON POINTの発展にも期待したいところです!

記事が「役立った」と思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 17:39 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。