今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2016年12月16日

荻野貴司の連続盗塁成功も福田の話を聞いたら、霞んだ

背番号を0に替えて、来季「心機一転」で臨む荻野貴司。
今年も2回故障し、1回は右足の肉離れだった。2010年デビュー時の鮮烈な活躍の頃から比べると、荻野は足をかばって走っているように見受けられる。
当時の小関のスカウティングレポートによると、1塁到達スピードは「3.57」となっており、まさに「ホントかよ!?」という数値である。右打者で彼より早く1塁へ到達できる選手は古今東西いなかったのでは?
今季はこれが4.0で、ファイターズの岡と並んで右打者の中では未だに屈指の足ではあるんだけど、「3.57の衝撃」からは程遠い。(左打者とはいえ)大谷翔平に負けている…っていう部分があらゆる意味で信じられない(今季3.7秒台)。荻野の足は二刀流の選手如きに負けるはずがない…いや、荻野の足に勝っちゃう大谷って、もはや…もう、いろんな感情が噴き出してくる。

その分、状況判断や経験値が上がっているのか、今年はある時点まで
「盗塁死 0」
だったように思う。うっすらと覚えているのが、10盗塁までは盗塁死0だったこと。
結局、最終的に
16盗塁 2盗塁死
という最終成績になったが、成功率.888で「走れば、まず刺されることは無い」という結果を残した。彼の場合、2番打者で出塁して、すぐさま走っても、続く角中がファールを打って、1塁へ戻されているシーンをよく見かけたような気も(笑)

今年のクライマックスシリーズで、その盗塁能力の高さを見せつけたホークスの福田。彼へのインタビューを基に構成された記事が、週刊ベースボールに掲載されていた。福田はなんと
32連続盗塁
をマークしていたのだが、非公認記録だという。なぜかというと年を跨いでいるため。(広瀬淑功の31連続成功って、まだ破られていないんだなぁ…この数値は昔暗記していた。ええ、NPBの各項目最高の数値ぐらいは一通り抑えているつもりです)。
福田の記録は、中田の連勝記録や愛敬の負け無し記録のように「◯年がかり」なのだが、盗塁に限っては認められていないようだ。ちなみにア・リーグのTOPがイチローの45連続(!?)で、これは2年がかりでマークしているのに公認されている。ほとんどアメリカ追従しているクセに、なぜこの部分だけ(笑)

この福田の盗塁の哲学的な話が凄い。

パ・リーグの投手なら、ほぼ全員の投球フォームは頭に入っていますし、キャッチャーの性格も把握しているつもりです。

と自信を持って、言い切っているところが素晴らしい。盗塁が成功し続けるという事は単純な走力というより、研究の成果なのだ。
俺はCSでの三盗を超ギャンブルだと言ってしまったが、本人は

僕はイチかバチかで盗塁をしない。なぜ走ったのか。そこには根拠があります。

と述べている。あの極限下の状況でも、冷静に成功の可否を見極められる「ゆるぎない自信」を持っているランナーであることは間違いない。
機会があれば、一読することをオススメしたい記事です。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

「通算」ではなく、ある時期だけでも輝いていた選手の記憶は留めておきたいもの…「荻野=ケガ」だけでなく、10連続盗塁成功していた事実など、スポーツ紙のニュースでは計り知れないようなことをオフの話題にして参りますので、オフ期間も当ブログの野球関連記事にご期待下さい。

posted by mansengo at 14:00 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。