今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2016年12月07日

大谷翔平と石川のマメな話【中4日での二刀流】

日本ハムが大谷翔平との契約交渉の席で、来シーズン終了後のメジャー移籍を容認したということがニュースになっている。
入団の経緯から、NPB在籍は時限措置的な「修行」期間であることは重々承知していたが、5年で旅立つことになるとNPBの「空洞化」が心配になるところだ。

そもそも「中4日」のメジャーで二刀流は可能なんだろうか?
名将であり、WBC米国代表を率いることになったリーランドが「たとえば日曜日に先発して、火・水にDH、そして金曜日に先発出来れば面白い」というプランを披露していたが、これはかなり厳しいんじゃないだろうか?大谷がメジャーで二刀流を遂行するにあたっての最大の障壁は「中4日」になるんじゃないだろうか。

日本の中6日は、二刀流にフィットしている。
金・土曜はお休み、日曜に先発して、月曜休養、そして火・水・木にDH起用
2016年シーズンは規定打席、規定投球回に両方とも届かなかったことによるベストナイン、MVPの戴冠が物議を醸したが、そもそもこの起用法では「規定打席」の到達は不可能だ。たまたまオールスター明けにマメが出来たことによって投手業を回避し、打者に専念していたことによって300以上の打席を稼いだ。その分規定投球回数にわずかに届かなかったが、140回投げて、300打席立っていることに、むしろ驚かされる。
二刀流といっても、せいぜい、「100の200」ぐらいかと思っていた。当初は。100回投げて、200打席も立てれば大成功の部類に入るか、と。
規定打席、規定投球回数というフィルターを取っ払ってやると、これは異常に多い数値に感じる。これゆえに10勝で22本塁打という、メジャー関係者も二刀流にワクワクしてしまう結果を残せてしまったんだと思う。

中4日を順守するのであれば、打者業の方は疎かになってしまいそうだなぁ…私ゃあ、「打者・大谷」の方が夢がありそうなんで、一本に絞るなら、こちらの方に専念してもらいたいと思っている。あの打球速度と一塁到達スピードは尋常じゃないっすよ。いや、165キロ投げるのも尋常じゃないですけど…。
彼の場合、常識で図ることの「相当上」のことを達成してしまうので、黙って成果を見届けよう。

マメをつぶしたことの記事を探していたら、マリーンズ石川とマメの関係をレポートした記事にブチ当たった。
石川は調子がいい時の方がマメが出来るそうだ。(まあ、調子がいい時は長いイニング放るから、そうなんだろうけど…)特に汗をかきやすい札幌ドームで出来やすい、と。確かにあそこの空調は、そんな感じだ。内地人が北海道の家で過ごさせてもらうと、防寒に対処しすぎているせいか、家の中での暖房が「暑すぎる」と感じることがある。それと似たような感覚。
石川は登板後、出来た血マメの血を抜いて、次回登板に備える。潰してしまえば、しばらくの間は投げられなくなってしまうだろう。そうなったら商売あがったりだ。ピッチャーをやっていると、いろいろ気を配らなければならない点が多い。その両方に備えている大谷はホント「何物」なんだ!?(大谷も札幌ドームをホームにしている選手だから、石川の話からすると、マメを作りやすい環境にあるわけだし…)
彼の場合「商売あがったり」にならない多角経営でリスク回避しているのかもしれないが…むしろマメ作って一方を休んでも、打撃成績を向上させることによって、商品価値上げてるもんなぁ…。

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 09:09 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。