今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2016年10月20日

dポイントをチャージ出来るプリペイドカード出現!

昨日の発表を聞いて、「やった!先月4万円分を5万dポイント(25%増しキャンペーンで移行)にしたかいがあった」と思いました。
ドコモが「dカード プリペイド」というプリペイドカードの発行を11月から始めるという報道がありました。

dpridez

こんなデザインになるようです。
特筆すべきは、MasterCardプリペイド機能だけでなく「iDプリペイド」機能も付いていること!
これは今年の8月で「dカードmini」の1年契約が切れていた筆者としては渡りに船です。年会費無料のdカードminiの契約が切れたからといって、「再契約すればいいだけの話じゃないか?」と思うかもしれませんが、dカードmini自体の年会費は無料でも、更新の際に必ずパケット通信料を消費するように仕込まれております。データ通信は「格安SIM」に逃げている筆者としては、ここで二の足を踏んでしまうのです。いまだFOMA契約で、「パケ・ホーダイ ダブル」というプランで、ほぼ月372円にパケット通信料を抑えております。これがdカードminiの更新月だけは2,000円近くになっておりました。ビューカード以外は年会費1,000円のモバイルSuicaより、実は維持コストが高かったりします。でも「dポイントをiDに使える」というのは魅力的すぎるので、しぶしぶ「dカードmini」を使っておりました。でも今年は動きがありそうだったので様子見しておりました(読み的中)。

このカードの発表を聞いた時、まずはそれが解消されるな、と思いました。財布に入れるカードが増える…といった問題は、このカードにも「dポイントカード機能」が付いているので、既存のdポイントカードとリプレイスするだけです。レートは今のところ詳細まで判明しておりませんが、「1ポイント=1円分」でチャージ出来、iDとしても利用できるようです。
ただ、この「プリペイドiD」というのは多少問題がある仕様のようで、一部加盟店では利用出来ないようです。一部といえば大したことがないようにも思えますが、どうやらマクドナルドがこの「一部」に入ってしまっているようです…先々改善される見込みもあるそうですが、よりによって「クレジットカードが使えないiD加盟店」のマックが入ってしまっているのは、プリペイドiDの船出としては痛いですね。
(クレジットカードが使えないけどiDは使えるマリンとかどうなるんでしょう??)


これまでdポイントをiDにするにはdカードの所持が一番でした。dカードminiの場合「2,000ポイント→1,800円分」に減額されてしまうのですが、このカードの所持者は「2,000ポイント→2,000円分」の等価交換になり、年会費も無料なので。
もし「dカード プリペイド」も等価交換を実現させてしまうと、このカードの存在価値が多少霞む可能性もありますが、まあプリペイドカードでは決済出来ない場所・サービスも多いですし、dカード提示・利用で割引になったりポイントがUPするサービスも多いので、その辺で価値はまだあると思います。

むしろdポイントをMasterCardプリペイドに出来てしまうのなら、いっそのことdカード GOLDにしてしまう方がいいかもしれませんね。
ドコモの毎月の通信料金の10%分のポイントが貯まるカードなので、そこで大きく貯まったポイントの活用先として、この「dカード プリペイド」にポイントチャージするのが有効だと思います。
今まではポイント利用の部分ではポイント還元が期待出来ませんでしたが、これなら「ポイントを使っても、更に200円で1ポイント還元」されます。

クレジットカードのポイントを、プリペイドカードにチャージ出来、更にクレジットカードが使える場所で使えるようになる…
エポスカード」や「オリコカード」は既にこのようなサービスを提供しております。エポスは「エポスプリペイドカード」の利用で200円で1ポイント、オリコは「オリコプリペイドカード」の利用で400円で1ポイント還元されます。エポスは「VISA」になり、オリコは「VISA」「Master」からプリペイドカードのブランドまで選択出来ます。

【2017年追記】ノジマオンラインでdケータイ払いプラス(20倍)+エポスカード(6倍)で支払ってみる【検証】…dカードとdカードプリペイドの関係を解説。他「ANA VISAプリペイドカード」へdカードから手数料無料でチャージ出来る話など書いておりますので、ご参考下さい。

モッピー!お金がたまるポイントサイト
この他、ポイントサイトのモッピーお財布.comなどを運営するセレスが「POINT WALLET VISA PREPAID」という、ポイントサイトで貯めたポイントをVISAが使える場所で使えるようになるプリペイドカードを発行しております。
こちらは、各種クレジットカードからもチャージ出来るのですが、手数料が1回300円もかかります…唯一、「セディナカード」からだけ無料でチャージ出来るので、セディナカードJiyu!da!のような年会費無料のセディナカードと組み合わせると面白い存在です。(このカードの利用でも0.5%分のポイントが付くので、セディナカードの還元率をUP出来ます)
→詳しくはこの辺参照

今月、箱根や湯河原に旅行に行った際に温泉宿を「dトラベル」で取りました。実質「るるぶトラベル」の限定プランが格安で、しかもドコモのポイントを活用して取れたので大満足でした。
ただ全額ドコモのポイントでは賄い切れなかったので、そこは僕の悪い癖で、
「楽天スーパーポイントも活用したいなぁ…」
と思い始めてしまいました。
宿泊費 17,960円
旧ドコモポイント 4,700ポイント
残り 13,260円
dポイントと楽天スーパーポイントをチャンポンにして、宿を取りましょう。 そんなことが出来るのかって?ええ、出来るんです!
まずは貯まっていた楽天スーパーポイントをEdyに交換します(この交換は楽天カードを持っているユーザーか、おサイフケータイを利用している方のみ可能な交換ルートです)。
Edyに100円残っていたので、9900ポイントをEdyに替えました。もちろんこのタイミングで。
rpedy201610 

楽天スーパーポイントは3%増量でEdyに交換できる期間
を毎月必ず設けてくれているのです!交換時は
9900ポイント → 9900円分のEdy
と等価交換にしかなりませんが、後日(翌月15日頃)3%増量分、今回なら297円分のEdyがEdyギフトとして送られてきます。

これでEdy10,000円分になりました。で、どうするのかというと、このEdyで「WebMmoneyギフトカード」をくすりの福太郎(ツルハグループの店舗)で購入してきます。Webmoneyにチャージ出来るカードなんですが、「WebMoney Card」というMasterCardブランドのプリペイドカードを持っている人なら、これへもチャージ出来てしまいます!ただし手数料4%取られるので、10,000円分が9,600円になってしまいます…。これはEdy交換キャンペーンで3%増量で戻ってきているのと、Edy購入の際に付与されるEdyへのポイント0.5%で我慢しましょう。
3%+0.5%=3.5%
4%分の手数料のうち3.5%までは取り戻せます(プリペイドカードをEdyで買っても店のポイントは付かないことが謳われておりますが、なぜかEdyの分はポイントが付いております…)。
参考:楽天スーパーポイントで電車に乗る方法【JR/モバイルSuica】
参考:エポス+Edy+ツルハ+楽天で常時ANA3.5%マイル還元【ANAマイル獲得最強システム構築】

9,600円分では、まだ3,660円分ショートです。
WebMoney Cardへは3,000円からクレジットカードでのチャージも可能です。全マスターカードと、セゾンカードのVISAブランドのカードなど一部のカードからチャージ出来ます。ただチャージでポイントが付かないことを謳いはじめるカード会社も増えてまいりましたので、気を付けましょう。(ビューカード、三菱UFJニコスの殆どのカードやJALカードなどが、公式に付かないことを発表しております)
それでも660円足りないので、問題です。

JALカードからは直接チャージしてもポイントが付かないので、WAONへチャージしてミニストップで2,000円分の「Webmoneyギフトカード」を購入してきましょう。5日・15日・25日がベストです。WAONへのチャージでJALカードのマイルが、さらにミニストップでのWAONによる購入で普段0.5%付くJALマイルが、5が付く日2倍で1%付いております。プリペイドカードの購入なのに、JALマイル2%還元です。
ただし、福太郎で購入した時同様WebMoney Cardへのチャージ4%分手数料が必要ですので、実質1,920円分。
残り1,740円分。クレジットカードでチャージしてしまうと、あまり使わないWebMoney Cardへ残が残ってしまいます…ほうぼうのプリペイドカードにチャージ残額が残っている筆者としては、出来るだけこれを減らしたいんですが…

手はあります。ローソンで現金チャージです。
ローソンは各種プリペイドカードへ、レジで現金を渡すだけでチャージしてくれるんですが、意外と1円単位でチャージ出来たりします!
この「WebMoney Card」の場合は1,000円以上からチャージ可能なんですが、1,000円以上の部分は1円単位です。
クレジットカードからチャージすると、3,000円+660円になってしまうので、ローソンのレジではチャージ出来ませんでした(最低チャージ額が1,000円なので)。なので「ミニストップでのWAONによる2,000円分のギフト購入」と併用してみました。(まあ、3,660円全額ローソンで現金チャージすれば手数料も取られずに済むのですが…)

  チャージ単位 限度 チャージ残高上限
LINE Pay 1,000円以上1円単位 49,000円/回 10万円〜1,000万円
おサイフPonta 1,000円以上1円単位 3万円/回 10万円
WebMoney Card 1,000円以上1円単位 25,000円/回 10万円
auWALLET 1,000円以上1円単位 25,000円/回 10万円
旅プリカ 1,000円以上1円単位 49,000円/回 10万円

上記のプリペイドカードならローソンのレジで現金チャージが可能。しかも皆1円単位で可能です!
(つーか、auWALLET以外の上記4種類全部持っていて、それぞれチャージ残が残っているのですが…目がクラクラして参ります)
ちなみに、今回発表となった「dカード プリペイド」もローソンレジでの現金チャージ可能とのことなので、このラインナップに加わります。
のみならず、dカード プリペイドの利用はローソンでは「3%引き」になるそうなので、dポイント加盟店ポイントの1%と、dカード プリペイド決済の0.5%も加え、総計4.5%引きになりますね…。
なお、これ以外のプリペイドカードもローソンでチャージ出来る場合もあるのですが、その場合はレジで現金チャージではなく「ロッピー経由」となってしまい、ロッピーの操作など多少手間がかかります。
webmoney201610
実は10月末までのレジ現金チャージには、こんなキャンペーンも適用されます(まあ、これに応募したかったという理由もあるのですが…)

という訳で、1,740円分「WebMoney Card」へローソンで現金チャージを完了し、ジャスト13,260円分を「WebMoney Card」に集約。
ところが当日…同行者が「お酒がのみた〜い」と言い出し、結局追加料金が必要に…慌ててクレジットカード経由で3,000円ほどチャージしましたが、もちろんきっちり支払は3,000円とはならず、無残WebMoney  Cardにはいくばくかの残高が残ってしまいました、とさ。トホホ…。
宿でのチェックアウト時、無事WebMoney Cardで決済を済ませ、とにもかくにも「dポイントと楽天スーパーポイントをチャンポンにして宿を取る」ミッションは完了しました。

今後は、dトラベル以外でもdポイントを使って宿を取れる可能性も出てきました!この「dカード プリペイド」を使えば。
他のポイントをdポイントに集約しようという流れが起きるかもしれませんね… (なにせ毎年8〜10月に25%割増でdポイントに交換してくれるところが結構あるのですから。このキャンペーンも継続してくれるんだろうか?)。
2016年10月から12月にかけては、間違いなく「おさいふPonta」が最強の支払方法になると思うのですが
osaifupontacharge201610

10月20日〜31日限定で「5,000円以上チャージで500円分バック」のキャンペーンも行われております! (今月はこの額ですが、毎月月末に何らかのチャージキャンペーンが行われております)
5,000円→ 10%
10,000円→ 5%
20,000円→2.5%
30,000円→1.6%
チャージ額が増えると還元率が下がってしまいますが…。4万以上ぐらいからは微妙になってくるので、来月初めの3万まで全力で「おさいふPonta」を使うことを念頭に3万円ぐらいチャージしておくといいかもしれません。(それ以降は別の還元率の高い方法で)

基本、おさいふPontaへのチャージはクレジットカードからだと手数料200円(税別)かかってしまい、手数料のかからないセゾンカード・UCカードからのチャージだと永久不滅ポイントが付与されないという形になるので、あまり旨味が無いのですが、中には「無料でチャージ出来て、ポイントも付けてくれる」カードがあります。
JQカードセゾンです。0.5%ながら、おさいふPontaへのチャージでもPontaポイントを付けてくれます。
このカード、おさいふPonta以外にも「Edy・nanaco・モバイルSuica・スマートICOCA・au WALLET・WebMoney Card・ココカラクラブカード」へもチャージ出来、ポイントも付与されます。上述のようにWebmoney Cardの残が急遽足りなくなった時も、このカードから「Webmoney Cardアプリ」経由でチャージして凌いだり出来ます。
9月に再開した「出光キャッシュプリカ」へのチャージも、セゾンカードのみ開放されましたので、このカードからも出来ます(ただし手数料200円かかるので、殆ど意味がありませんが…)。
とにかく電子マネーやプリカへのチャージ対応度は日本最強クラスなので、1枚抑えておいた方がいいかもしれません。

「JQカードセゾン」から「おさいふPonta」へチャージすれば、毎月20日〜月末行われているチャージキャンペーンに更に+0.5%加算出来ます。今月なら最大2%+0.5%=最大2.5%。
さらに11月の「おさいふPonta」利用では「ポイント11倍」(12月は「ポイント12倍」)なので、使うだけで2.2%バック。10月のチャージキャンペーンと合わせて「最大4.7%バック」となってしまいます…JCBが使えるところならどこでも、この還元率が適用されてしまうのです。
参考:おさいふPonta対LINE Pay完全比較【2016年9月以降】
そして11月からは「dカード プリペイド」が利用出来るようになるわけです。一見関係ないように見えますが、
Pontaポイント100ポイント → dポイント100ポイント
と、等価交換可能な訳ですから、おさいふPontaなどで貯めたPontaを「クレジットカードが使えるところならどこでも」使えるようになった訳です!! 

posted by mansengo at 10:54 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。