今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!5月末まで無料。
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2016年10月14日

奇襲につぐ奇襲!パ頂上対決が白熱して面白すぎる

CSファイナル2戦目。試合は5回頃より視聴。
今宮、西川の打撃も、昨日のエントリーでピックアップした部分がよく出ていたし、今年活躍した選手たちが「持ち味」を存分に発揮し、素晴らしい攻防を見せてくれた。この両チームの対戦、大谷がいなければ…

結論:大谷翔平がチートすぎる!

今日はその大谷が3番DHで登場。登板日から中0日での野手登場は初めてか?大谷翔平・野口二郎化開始(野口二郎知らない奴はググれ!)
2点を先制されたファイターズは、4回に中田のタイムリーで1点返し、5回レアードの同点ソロで追いつく。
レアードについては何度かこのエントリーを持ちだして、いろいろと話してきた。昨年は打率が低く、率でしか判断できない人達に対し「実はホークス戦以外は普通に打っていて、4回の本塁打が多い(=2打席目)、質が高い打者なんだよ」と、ホークス戦の対戦打率と他の4チームの対戦打率の比較をし、彼の実像に迫った。彼が質が高いバッターだった事は、今年本塁打王に輝いたことでも実証済みだが、昨年痛い目にあったホークス戦の対戦打率をきっちり修正しているところでも伺える。
.266 8本
と、楽天戦の10本に次いで、多く本塁打を放っている。そんなに投手は入れ替わっていないわけだから、研究の成果だろう。

同点に追いついたファイターズは6回1番打者の西川から始まる、理想的な巡りとなる。ここで先発中田が制球を乱しカウント3-0。1球見逃して3-1。もう一球待つか…解説のDJミヤーン(宮本が数年前オフにラジオのパーソナリティやっていた時にこう自称していた)は「ここは2球「待てのサイン」でもいいところ」なんて言っていたが、3-1からセフティーバントを仕掛けてきた!
見事成功。これにはミヤーン、「僕がサードでもセーフでしたね」と、このカウントゆえに油断するだろうと認めていた。セフティーは大体1球目か2球目のうちに敢行されるもの。3-0からのカウント推移で5球目か…意表を衝くね!結局この西川の先頭打者出塁が効いて、この回2点を加点し勝ち越し。
西川は続く第4打席も内野安打で出塁し、この日猛打賞。この内野安打がセカンドへのボテボテな当たりだったが、昨日のエントリーで書いた内容だった。ミヤーンが「(掴み損ねた)セカンド本多が取っていれば、ギリギリ間に合ったかも」等と言っていたが、おそらく本多が取って完璧なスローでも間に合っていなかったはずだ。(ちょっとずれれば)セカンドゴロで内野安打になる確率が高い足の運び方してますもん。振り子打法時代のイチローじゃないけど、後ろ足の1塁ベースへ向かっての始動が早いんだから。
彼が今年、無併殺や出塁の連続試合記録を作るのも、ごくごく自然な事と感じる。

試合は8回表に松田の一発で1点を返し、その裏岩嵜が3人で切ったことによりホークスにも一縷の望みが出てきた。そして9回表、抑えのマーティンが1死後代打福田に死球を与えたところから、おかしくなる。
福田はかなり痛かったようで、足を引きづるように一度ベンチ奥へ下がり、応急処置をして出てきた。ここで、さすが練達のミヤーン、
「福田はかなり足が痛そうですが、スチールを警戒することだけは(ファイターズ側は)怠ってはいけません」的なことを言っていた。
マーティンは初球クイック気味に1球投じるも、明らかなボール球。どうも制球が定まっていない。ここですかさず大野がマーティンの元へ。すると2球目は、サファテのような「走者気にせずモーション」に。これをホークス側は見逃さず、3球目には仕掛けてきた。おそらく大野の駆け寄りの意味を見抜いたのだろう(走者を気にせず「来いよ」的な激励)。
福田単独スチール成功。結局中村も歩いて、1死1、2塁となった。ここで本多。1球目はバントの構えからバットを引き、見逃しのストライク。
「バントもあるのか?」
確かに1塁走者をスコアリングポジションに送れば、2死ながら2,3塁で一打逆転のチャンスは作れる。もう後がなくなってきているホークスはワンチャンにかけるか…と思ったら、それ以上のギャンブルに踏み切った。

2球目、サードの飯田コーチのサインが出ると、本多がタイムを要求。サードコーチに近づいていく。この重要な場面でサインワンスモア(おかわり)ならぬ、サインのベタ確認かよ…これは、何かある。バッターボックスの本多は今度は初手からバントの構え。1球目のヒッティングからのバント見逃しで、コーチにサイン確認し、2球目は「しっかりバントを決めねば」と悔い改めたと偽装することが出来る土壌は整っていた。
ここでホークス側の真のサインは、一か八かの
重盗
で、福田が間一髪セーフで3塁を陥れる!
捕手の大野は外角に外れる真っすぐを捕球して、3塁へ素早く送球したのだが、この1球がウエスト気味だったのか、たまたま外側へ行ったのかは不明。
ただ左打者が打席にいるので、3塁へは極めて投げやすい。また右打者に比べて2塁走者の動きも掴みやすいので、そもそもこのシチュエーションで走らす、走ってくること自体がクレージーに近い。それだけマーティンのモーションが大きい事に賭けた訳だが、この死命を決する場面で、なかなか踏み切れるもんじゃない。それは優勝を逃した方ゆえの「捨て鉢」な攻撃が出来る強みかもしれない。「アドバンテージ取られて、1戦目チート大谷に完璧に抑えられて、負けて元々…」明日以降、失うものが無い方が生き返る可能性も充分秘めているようにも思う。
結局、1死2,3塁から本多、柳田の連続タイムリーで逆転。さらに主将内川が気迫のヘッドスライディングで、併殺崩れでの1点をもぎ取り、ホークスは(松田の一発といい)精神的支柱の2人が「らしさ」を見せ始め、勢いが出てきた。

いやー、面白かった、この攻防。本多のサイン確認と、大野の外角捕球からの3塁スロー。これ大野がしっかり読んで、アウトサイドはずし要求したのか、単なるマーティンの制球不安定か、真相は闇の中だが、両軍の駆け引きにゾクゾクした。
やっぱ野球、面白ぇーー!
そうそう、中継中、昨日のデータと違った角度で又面白いデータが表示されていた。それは「2ストライク後の平均ファール数」というデータ。
1、中島 1.47
2、中村 0.87
3、糸井 0.8◯
ゴメン、糸井の小数点以下第2位の数値までメモれなかった!
中島、圧倒的じゃないか!札幌ドームのファンの女性の一人が
「中島のファール数」
をカウントするメーターを掲げていた。とうとうオリジナルメーター・アイディア合戦もそこに来たか。そこに目を付けるとは、ファイターズ女子の野球力高し…でもスタンドは空席が目立ち、これが本当にCSファイナルなのか?と疑うぐらい、目を覆いたくなる惨状だった(何があったんだ?札幌の野球熱は急激に冷めてきているのか…)。

傍観者ゆえのフラットな視点の観戦記に、明日以降も期待してくれる君の1票。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 01:44 | Comment(3) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
毎度こちらのブログで勉強させていただいております。

昨日は本当にすごい攻防でしたね。無理やりにでも自軍に流れを引き寄せるプレー。もちろん紙一重ではありますが、これくらいしないと流れを引き寄せられない。何かあっさりと敗れてしまった我が軍に足りないものをまざまざと見せられた気がします。

こういうプレーが出るのもCSならでは。長期リーグ戦を勝ち抜いた価値というのも分かりますが、こういう試合を見てしまうと、CSは継続してほしいなと思います。
Posted by 三度の飯よりロッテ好き at 2016年10月14日 10:00
お疲れ様です。高いレベルの野球は、勝負のアヤが沢山あり面白いです。
ところで、報道によると重盗はノーサインだったんですね⁉あの場面で個々の選手が状況判断できる所が上位チームなんですね!仮にマリーンズだったら、2塁走者がスタートしても1塁走者(例えばナバなんとか)がそれに呼応出来るか?って考えちゃいました。

Posted by クルーズ at 2016年10月14日 13:44
書きこみ、ありがとうございます。

>三度の飯よりロッテ好きさん

試合の流れを「どうやったら変えられるのか」を熟知している選手が多いということでしょうかね。CSは選手のその辺の能力を知る、いい機会ですね!

>クルーズさん

そうだったんですね…衝撃を受けたので別エントリーをこの件で立ててしまいました(笑)情報提供、誠にありがとうございます。追加のエントリーの方でもご存じの事があれば是非!
Posted by mansengo at 2016年10月15日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。