今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2016年10月10日

「3強」じゃないのにCSに出てしまうという罰ゲームが終わる

そもそもCSは「3強」が出揃う祭典。今シーズンは明らかに「2強1中庸3弱」だったんだから、1stシリーズは不要だった。「私達が弱かったことがあらためて判りました。もう勘弁して下さい」と福岡に再証明しに行く、そんな罰ゲームのようなCSが2戦で終了。(勝っていたら明日パブリックビューイングに出かける予定だったんだが…。)

清田の2試合連続先頭打者アーチで幕を開けた試合。今日は初球だった。清田は1年間不調だったが、このスタンスだけは不変だった。
「初球から振る」
結果が出なくても、頑なにこの姿勢は貫いた。それでいいんだ。そうじゃなきゃ打てない。待球作戦などを仕掛けたところで、いいピッチャーはすぐ察知するから、こちらがボールを見ているとバンバンストライクを入れてくる。すぐ追い込まれるだろう。粘ってどうのこうの…って、ちょっと早く相手投手をマウンド上から引きずり下ろすことになるだけで、こういう短期決戦はリリーフ投手をふんだんにつぎ込む準備が出来ているんだから、ほとんど意味が無い。
1回無死1,2塁のチャンスを潰し、清田の本塁打による1点で終わり、2回先頭打者で安打出塁したナバーロを大地が送れないあたりから雲行きは怪しくなっていった…。

石川は立ち上がりからかなり調子が良かったと思う。さすがに休みをとっただけのことはあるな、と思わせた。流れが変わったと思ったのが2回2死1塁で明石に四球を与えたところから。この回自体は0点に抑えたが、明石が7球かけて四球を勝ち取ったあたりから、石川が自分の調子を疑い始めてしまった。
akasi20161009
これがその時のものだが、4球目5球目と左打者の胸元に強烈な真っすぐを投げ込んだ。球速が146〜147を計時しており、決め球、外のシンカーへの布石としては最高のボールになった感があった。ところが6球目に内側へカーブ選択。鉄板で外シンカー勝負と思っただけに「裏」をかく田村リードをMX-TVのゴンドラ席も賞賛していた。だが、この6球目7球目がボールとなり、2球で追い込んでいた明石を歩かしてしまう…内側への真っすぐは最高にいいボールだったが、結局トータルで見ると「ムダ球」になってしまった。好調時に奇をてらった配球をすると、おかしな方向に行ってしまう典型のように感じた。こういう部分で早くバテが来た。

調子の良さを打ち消してしまうぐらい、コーナーを狙い過ぎてしまったのか?もうちょっと打者が手を出してくれるようなコースにボールが行けば、内野ゴロで打ち取れたかもしれない。ここで明石を出塁させたことにより、次の明石の打席がチャンスで回る「巡り」になってしまった。
工藤監督の明石起用が当たった。対石川の対戦成績では江川の方が良かったようだが、あれは8月26日の「五右衛門釜ゆでショーin福岡」の時に稼いだものだから、参考にならないね。2軍から上がってきたばかりの江川が手がつけられない状態だったし、石川の絶不調期と江川の絶好調期がちょうど交錯していて、ホームランも放っていた(ええ、私このクソ試合をわざわざ福岡で現地観戦してました…)。

調子が良すぎて、コーナーに行きすぎるのも考え物だ。もっとも石川はここまでホークス戦で快調に飛ばして、不用意な一発で好投をフイにしたことが何回もあった。だからその匙加減は難しい。でも明石のように一発がない打者にそこまで神経質になることは無かったかな?今日は結局明石への四球からバランスを崩し、都合4四球を与えることになる。
それとホークス打線が石川のカーブを狙ってきた形跡があり、その辺を感じ取って配球が難しくなっていた。特に松田へのファーストストライクは全部カーブだったが、1・2打席目ともスイングしてきた。にも関わらず3打席目もカーブで行って、モノの見事に打たれた。結局この後キーマン明石に対してストレートの四球を与えたところでガス欠。後を繋いだ大谷がなんとか1死満塁のピンチをしのいで無得点に終えられたが、もうこの辺から「防戦一方」で完全に相手に主導権を握られていた。

昨日今日と実はMX-TVで見ていた。第2チャンネルだったので「標準画質」という悪条件だったが…。昨日は若田部父が解説で、HKT48に所属する若田部娘がレポーターを務めていた。お父さん、娘との共演で相当テンパってました(笑)娘の方は藤井打撃コーチからのレポートを伝える時は、あたかもコーチの口調までトレースしているように感情をこめて話していて、ちょっと唸らされるものがあった。
今日はヒゲの山内と世界の松下というコンビ。まあ世界の松下とか、俺が最も嫌うタイプのアナですわ。ある世代以上のキー局のスポーツアナウンサー特有の傲慢カッつけ実況。中身がなくてスカスカ。
山内孝徳は相変わらず「面白おじさん」だった。自分が画面に映し出されると、「おっ、渋みのあるイイ男が映りましたね~」と冗談を入れ、笑かしてくれる。
昨日、涌井が走者がいるのに投球をセルフ停止してボークを取られるという、考えられない場面があった。この絵、なんとなくどこかで見た気がしたんだ。思い出しました。山内孝徳の現役時代、同様に投球モーションを途中で止めてボークを取られているところを珍プレー好プレーで見たんだった!(南海時代。投球を静止した瞬間、オナラの音のような効果音を挿入されていた記憶が…)
これについて自身の場合の弁解をしていた。モーションをおこし始めてから、二遊間とのサインプレーがあったかどうかで頭の中がゴチャゴチャになってしまい、意識が飛んで投球を止めてしまった、と。涌井も走者2塁の時だったから、或は同じ理由だったかもしれない。

世界の松下の実況の中で1個だけ参考になる情報があった。それは今宮の打法に関して。昨日テニスラケットでも操っているような打ち方だなぁ…と違和感を感じた事を書いたが、どうも前足軸に体重移動する打法のようだ。本多もそれに取り組んでいて、本多が勝ち越しタイムリーを放った時にそんなことを話していた。だから今宮のフォロースルーで、右足が前の方に出てきて、あたかもフォアハンドで相手コートにボールを返した時のような姿勢になる(まるでテニス)のだな、と合点がいった。取材してこのテの話を拾いだしてきているのなら、ちょっと見直すね。

さあ、今日もどうでもいい枝葉情報で字数を消費しております…。
最後は相手の継投の前に7回から「三者凡退×3セット」、サンセットメモリーで今シーズンの終戦。代打を使うこともなく、そのまま終了。昨日のゲームで自信を回復したのか、スアレスあたりはボールがキレまくっていた。バンデンハークは6回までで、4~6回は1安打。6回こそ死球と四球で2死1,2塁になったが、大地が凡退。キャプテン大地は1打席目のバント失敗に始まり、2・3・4打席目はそれぞれ回の最終打者、4打席目は27個目のアウトを相手に与え、チームの終戦を担う役回り。今シリーズの「逆CS男」くさかった。
8回裏に決定的な2点を与えてしまうと、9回表のベンチはお通夜のようだった。ここでカラ元気でもいいから声を出している奴が見当たらなかったのが寂しいね。田村、南という致命的な失点をしてしまったバッテリーコンビはその頃からメソっているような感じだったが、試合が終わっていない段階で、そういうのはやめろと言いたい。

ただ石川は清々しい表情をしていた。微塵も責任を感じていないようで、コメントでは「バテました」と素直に言っていた。お前スゲェな。普通なら「チームに申し訳ない」というようなコメントが聞こえてくるのかと思いきや、バテました、だからね。俺はそんな石川が好き。傷を嘗め合うようにメソメソしている連中より全然いいぞ!

ナバーロ最後の雄姿も、しっかり目に焼き付けたぜ!
最後だよな?最後のはず…オイオイ。

オフシーズンもこのような野球バナシが聞きたいと思ったら、涙のリクエスト1票。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 01:59 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。