今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!5月末まで無料。
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2016年10月09日

取締役・内竜作の落日

6年前日本一になったポストシーズンの頃、
「心中するなら内とがいい」
というフレーズを生み出した俺ちゃんだったけど、今は
「内とだけはしたくない…」
に変わった。結局あの目覚ましい活躍で内竜作は取締役にまで上り詰め、連投NG、2-3日に1回登板でOKの非常勤役員ならぬ、非常勤投手になってしまった。毎年きっちりバカンスも取るし。

大事な8回裏を誰にマウンドを託すのか?クローザーの益田を除けば、ざっと候補は4人いた。
・内
・南
・西野
・大谷
「アンド、わい」

お前は入ってないだろ!!

「レギュラーシーズン同様」を貫くのなら南一択。ところが終盤疲れからか著しく率を下げた。
そうなると過去の実績重視で内重役のお出ましとなる。内は稼働日数は少ない。少ないが、大事な商談は確実にまとめ上げ、会社に利益をもたらす存在なので、誰もこの起用には文句が言えない…だが心情的には南なんだよ、みんな。内がバカンスに行っている間、それこそ獅子奮迅の働きをしていたのが南。でも役職についていないから冷や飯を食らう。

一目瞭然だった内のスライダーのキレの悪さ。それは真っすぐのスピードが140そこそこの時に併発する。スライダーがキレキレの時はやっぱり150前後出ている。スライダーがどうにもならない時は「エイ、ヤー」で真っすぐで凌げる時もあるが、今日はどっちもどうにもならなかった…。真っすぐが走ってさえいれば、ボールゾーンに逃げるスライダーを面白いように振ってもらえる。だが自身でもボールが走っていないことが判ると、「甘くなっちゃいけない」と恐れ、大胆なコースに投げられない。曲がり幅が小さい方のでカウントを取ろうとするのだが、まさに「ハチマキ」といった軌道で、ボールはベース板の外側を巻いて田村のミットに収まっているような按配だった。 (こういう状態なことを把握してなかったのか、投手コーチは…)
それと相手側打者が(走者を進めるために)小技を必要とする局面でもあったので、強いスイングをせずに、ボールを見極め安い状況だったことも不運だった。ただ走者が貯まって「打つしかない」っていうところで下位打線に回ったので、意外と無死満塁をゼロで乗り切るかもしれない、とも思った。

福田、今宮、細川の並びでしょ?細川のところは代打を出すんだろうけど、無死満塁が点が入らず二死満塁になったところで送りこまれる代打ほどプレッシャーのかかる仕事はないだろうから、そうなったら投手有利。性懲りもなく工藤監督も吉村を送ってくるんだろうし(笑)
福田が初球を上げてくれ、続く今宮も完全に真っすぐに差し込まれているので、その可能性が高くなり始めていた。ケガで離脱する前あたりから極端な右打ち指向に変わったようで、全打席変なポイントでボールを捉えていた(バットをテニスラケットのように扱う打法か?フォアハンドで相手コートに打ち返すようなフォームだ)。1打席目はヒットになったがラッキーな当たりだった。内のボールも切れてなかったが、こちらもケガ明けで雰囲気が無い。力で押せば押し込めそう…ところが追い込んでから選んだボールは切れていないスライダーの方だった…
この回、田村がスライダーにこだわった理由が不明。やはり最後の最後で今日の内の真っすぐを信じ切れなかったのか?

デスパイネ、アジャ、奨吾…
この3人がラインナップに並んで、マウンド上には千賀。
「俺が4月にヤフオクドームで試合観戦した時も相手投手が千賀で、奨吾、アジャの一発攻勢で追いついて、最後はサファテからデスパが決勝本塁打を放って奇跡的な勝利を挙げたんだったよなぁ…」
伊東監督も連打は難しい千賀相手に、一発を打てそうな面子を並べたんだろう。奨吾とアジャがこの日千賀からスタンドに叩きこんだ事を覚えていただろうし。
その目論見は半ば当たった。清田、デスパイネの一発で先制。だが、いかんせん追加点を取れなった。具体的な指示が裏目ったように感じた。
連打が難しいからチャンスボールを絞った。おそらく高目へ抜けてくるフォークは見逃さず、狙っていけ、という類のお達しが出ていたのだろう。このせいで、甘い真ん中近辺のボールを見逃し、高目のボール球になるフォークを空振る打者が多かった…シリーズ前に「角中のように粘っこく」なんて無理な注文するなよ。好球必打からほど遠い姿勢じゃ、チャレンジャーはダメだろ。勢いがつく攻撃が出来ていなかった。

涌井も初回からボークをかますなど、どうなることかと思ったが、どうにかこうにか7回2失点に収めた。慎重にならざるをえない試合なので、間合いがいつも以上に長いし、このインタバルでは味方打線に勢いをもたらすことは難しいだろう。上位の左打者相手に外へ逃げるツーシームを多投。これでほとんどストライクが稼げていないことが、ピッチングを苦しくしていた。
2戦目の石川はレギュラーシーズン最後の登板機会を回避して、この日に照準を合わせてきた。最多勝が取れたかもしれないのに、あっさり休養の方を選ぶ。「出世コース」で重役へ向けて軌道に乗り始めているが、休んでおきながら肝心な場面で結果出せなきゃ内取締役以上に吊るし上げるからな。総会では覚悟しておけ!!

「結果論じゃない。8裏は南しかありえなかった!」とペーペーに同情的な平社員の皆様は1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 03:11 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。