今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2016年09月29日

大嶺翔太に可能性を感じ、大谷翔平はやっぱ凄いと感じた夜

昨日は6時台、帰宅途中の車の中で戦況をチェックした。
今季初と思われる福岡のラジオ放送によるチェック…あ、そういえば王貞治ミュージアムの中でKBCラジオがBGMになってたの忘れてたわ。あの島田誠による吉田disり実況を。
福岡からの電波が早い時間に入るようになったのは、それだけ陽が暮れるのが早くなったということ。それにしては蒸し暑い…。

初回から重い7点が入る過程を、秋山・緒方のW解説放送で聞く。
秋山は相変わらず声がくぐもっている。変化球が制球出来ず、真っすぐでしかカウントを取れない二木の投球を見て、
「若い」
と断じた。どうもその辺をホークスにつけこまれたようだ。先頭福田の三塁打以外は明石のフェン直打ぐらいで、内野安打、失策、四球の他は「いい当たりナシ」の7点。これだけ不運な形で7点も入るのは珍しい。しかし不運と片付けてはいけない。やはり飛んだコースがいいヒットというのは、大体において、
投球のコースが甘い
のだ。二木に関してはシーズン出だしの快調な頃から「少しストライクを取りに行きすぎなのでは?」と、疑問を呈してきた。やがて、それはパ・リーグの打者達の好餌になり、早い回から炎上することが多くなった。逆に恐がってコースを狙い過ぎると、やはり持ち味も消える。難しいところに立たされているが、ここからどうやって壁を打ち破っていくのかが見物だ。今までは岩隈に似た特異な「投球フォーム」に守られている部分が大きすぎた。

二木炎上の呼び水になってしまった大嶺翔太の失策だったが、今月3度目となる猛打賞(3度も!)を記録し、なんとか取り返そうと必死だった。 何よりエラー後のセカンド守備が素晴らしかった。4回1死からの3番中村のセンターへ抜けようかという当たりに飛び込み、ファーストへ投げようかという姿勢にまで持っていった。解説の暴君がその姿勢を褒め、
「アウトに出来なくても追いつき止めることによって、球際に強くなっていきます」
というようなことを言っていた。暴君の舌の根も乾かぬうちに、マリーンズの二塁手で今季最高と思われるプレーが生まれる。内川の前の打者同様のセンター方向への当たり、中村の当たりよりバウンドが高く球足の遅い打球だったけど、これを取るだけでなく、難しい体勢から切返し、なんとファーストでアウトにしてしまった!あの体勢から、あの距離を、エクセレントな送球…菊池級、メジャー級のスーパープレーと唸った。しかし暴君の指摘通りのプレーが直後に出て、なんだか悔しい(笑)
エラーを取り返すんだという強い思いを具現化できた翔太に、今までに感じられなかった「凄味」を感じさせてもらった。
奨吾も相変わらずバットの方が好調だし、マリーンズの若手内野手のポテンシャルは実は凄いんだぞと感じることが出来るシーズン終盤にはなっている。

若手と言えば宮崎が二木の後を受けてプロ初登板。このピッチャーのボールも思っている以上に良かった。真っすぐは140以上出ていて、スライダーは小さく曲がるタイプで、いずれもキレを感じた。しかもボールは低めに集まっており、「これは使える。あるいは松永より安定した投球するんじゃないのか!?」と思わせるものもあった。昨年のファームの成績だけ見ると、これはそのままフェード…と思ってしまったが、やはり何かいいものを持っているからプロの世界に飛び込んでこれるのだな。マウンド上でも小柄ながら堂々としていて、ふてぶてしい感じもした。

この後、藤岡-西野-内とつなぐ故障明けの方々の調整登板となった。CSではいずれもビハインド組に回るだろう。内は勝ちゲーム登板もあるかな?
ホークスは1回に入った点数の割にはヒットの数も少なく(ホークス11安打、マリーンズ12安打。マリーンズの方が安打数は多かった!)、打線がそれほど活発とは思えない。長谷川は二木と相性がいいみたいなので、ホームランはドンピシャだったが、藤岡からも完璧な一発を放ち、選手会長としての意地を見せていた。ヒーローインタビューでは泣きそうな表情になり、ヒーローと思えない、ただただ悔しいという感情だけがこみ上げてくるようなインタビューだった。

終盤はもう572chと615chを行ったり来たり。西武プリンスドームでは大谷翔平の1安打完封劇で、ファイターズが優勝してしまった。この若者に対しては「凄い」という月並みな表現では収まりきらないので、別の言葉を用いたいのだが、見当たらないので「やっぱり凄い」。
シーズン最終盤、ファイターズ打線が緊張から湿ってくると、大谷が1人で打ちまくって、そして好走塁でチームに勝利を呼び込んでいた。前のイーグルス戦では8回にセットアッパーのミコライオから同点打を放ち、延長に入ると、自らの二塁打で出塁し、ショートゴロの間(セカンドゴロじゃないよ!)で3塁を落としいれ、相手の暴投でサヨナラのホームを踏むというワンマンショーを展開。その数日後に1安打完封でしょ?何者なんだよ…兄ヤンが「怪物という言葉では収まりきらない」というようなことを言っていたが、この痺れるような展開でも、相手を抑えてマウンドから帰ってくる時はいつも涼しい顔、いや笑顔だった…もはやNPBレベルでは敵無し。どうせならパーフェクトゲームでもしでかして胴上げ投手になってほしかった。メジャーに行く前にどれだけの「伝説」を残してくれるのか?

記事が面白いと思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

とにもかくにもファイターズファンの皆様、優勝おめでとうございます。5月末函館で戦っている頃は「上から目線」でモノ申して、すいませんでした!(あの頃はファイターズが優勝するとは夢にも思っておりませんでした…)

posted by mansengo at 09:09 | Comment(0) | 野球現在・過去・みらい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。