今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2016年09月13日

ゼンショー・クーカ、おさいふPontaからのチャージで5重取り

昨年11月リリースの折、宇都宮市限定で始まり、宇都宮までGETしにいったプリペイドカード「ゼンショー・クーカ」。今年の春にはほぼ全国の「すき家」「ココス」「はま寿司」「宝島」「ジョリーパスタ」「華屋与兵衛」で使えるようになり、文字通りゼンショーグループの店舗を網羅するプリペイドカードとなりました。
そんなゼンショー・クーカの最新チャージ事情と、あるプリペイドカードと組み合わせて猛烈にお得になる方法をご紹介致します。

ZENSHO CooCaの基本還元率は0.5%。(200円で1ポイント)
ほぼ、グループ店舗のどこでもクレジットカードが使えますし、「すき家」では各種電子マネーが使えます。どう考えても、ゼンショー・クーカの出番は無さそうなんですが、ヘビーユーザーなら
ZENSHO CooCa一択です!

なぜならゼンショー・クーカはクレジットカードからチャージ出来るからです(最低でもお使いのクレカの還元率+0.5%には出来ます)。
クレカチャージを開放した当初、「VISAが使えない…」ことを当ブログでも話題にしました。VISAブランドのエポスカードでチャージしようとして「このカードは利用出来ません」と表示された時は焦りました(笑)
実は4月20日に改善され「VISA」ブランドのカードでもチャージ出来るようになっております。これで「VISA」「Master」「JCB」「AMEX」「Diners」と主要なクレジットカードの殆どからチャージ出来るようになりました。

どころか「VISA」「Master」のみ、オートチャージへの対応も開始しております。ただ、ゼンショー・クーカのオートチャージにはクセがあって、一番近いものが「AndroidのEdyアプリのオートチャージ」だと思います。いわゆる店のレジで決済した際に残額が不足している時にチャージされるわけではなく、ある時間を基に残額が足りない時に自動的にチャージされていくタイプです。
「毎日0時時点で設定金額を下回っている場合、翌日午前中にオートチャージされる」
という、なんとも心もとないアバウトなものです。「午前中」では出勤前の朝はオートチャージされない可能性もあるんですかねぇ…。
なので、ゼンショークーカのオートチャージを利用される場合は、余裕を持って計画的に行いましょう。本来はその辺を気にしなくていいのがオートチャージの良さなんですけどね(笑)
ただ、ポイント的に魅力があります。オートチャージ設定を施し、5,000円以上チャージすると2%分のポイントが付与されます。
5,000円のオートチャージなら100ポイントバック
10,000円のオートチャージなら200ポイントバック
です。
オートチャージの条件は「残額500円〜49,000円を100円刻みで、それ以下になった場合」、「1,000円〜49,000円の範囲で1,000円単位でチャージ額」の設定を行えます。

coocacharg252627

手動チャージではポイントがもらえないのか?
実はある特定日にチャージすることによって、結構な還元があります。
毎月25・26・27日の3日間のみ、10,000円以上のチャージで3%のポイント還元があります!
10,000円チャージで300ポイント
20,000円チャージで600ポイント
30,000円チャージで900ポイント…
残念ながら1万円以下のチャージ額では、ポイントは発生いたしません。25〜27日以外の手動チャージには一切ポイントが付かないので、それ以外の日でチャージでポイントを稼ぐには、オートチャージにするより他ありません。ちなみに25日・26日・27日にオートチャージされた場合は「2+3=5」になる訳では無く、1万円以上のオートチャージで「3%」の方が適用されるようです。

利用の方では0.5%しか貯まらないZENSHO CooCaですが、チャージ額を特定日に多額でするか、オートチャージを活用することによって、既存のクレカ・電子マネー払いより確実に還元率を高められます。
唯一、利用の方でも高還元になる日があります。それは
毎月9日
です。この日に加盟店でZENSHO CooCa決済すると、
ポイント9倍(4.5%還元)
となります。
なので、25・26・27日に1万円以上チャージして、翌月9日にゼンショーグループのお店でお食事すると、
3%+4.5%+お手持ちのクレカの還元率
と、「チャージ元のクレカ還元率+7.5%」という驚異的な還元を受けられます。

では、ゼンショークーカにチャージする最右翼のカードをご紹介致します。それは…
おさいふPontaです!
こちらもプリペイドカードですが、ZENSHO CooCaにチャージ可能です(筆者利用済み)。ただし「JCBブランド」なので、オートチャージ用カードとしての設定は不可能です。いや、おそらく「VISA」「Master」ブランドでもプリペイドカードによるオートチャージは無理だと思います(筆者はエポスカードの「エポスプリペイドカード」でオートチャージ設定を施したのですが、弾かれました)。

おさいふPontaの方も驚くようなキャンペーンを常に行っていて、2016年9月末のチャージに対しては、
5,000円以上チャージで500円分バック
だそうです。なんとチャージだけでMAX10%還元
エントリー後、9月20日から30日のうちに5,000円以上チャージすれば条件を満たします。おさいふPontaは毎月月末(20日〜末日)に、何らかのチャージキャンペーンが行われているので、このタイミングでチャージして、翌月月初はおさいふPontaの残額から消費していくようにしていくといいでしょう。

2016年の後半にかけて、「月の数倍」のボーナスポイントを付与する利用キャンペーンまで行われております。
9月…9倍(1.8%)
10月…10倍(2%)
11月…11倍(2.2%)
12月…12倍(2.4%)
平常時が0.2%(500円で1Ponta)と低い分、そこまで凄くはありませんが、チャージでMAX10%戻ってくることを考えると、侮れません。
9月20日〜30日に5,000円チャージで10月利用の場合 総計12%還元
9月20日〜30日に10,000円チャージで10月利用の場合 総計7%還元
9月20日〜30日に15,000円チャージで10月利用の場合 総計5.33%還元
9月20日〜30日に20,000円チャージで10月利用の場合 総計4.5%還元

20,000円の利用でも4.5%還元です!
cooca10man
ちなみにゼンショー・クーカでは9月30日まで限定で、こんな大型キャンペーンも行われているんです(クーカにチャージでたくさんクーカ)。
10万円分が100人に当たる!
今回ご紹介する手順でチャージすると、これの抽選参加権利も得られますね…ゴクリ。「還元率100%」を超えるのは、君か、俺か!?

とにかく今後もゼンショークーカには期待出来そうです。

毎月25日からは「MOSカード」の方も、1,000円以上のチャージで4%バックです(29日まで)。
飲食店の独自プリペイドカードの種類も増えて参りました。お店での現金チャージが一般的なんでしょうが、そこはオンラインからの「クレジットカード+国際ブランド付プリペイドカード」の組み合わせチャージで、実は何重取りにも出来るわけです。
残額が気になる「おさいふPonta」的にも、別のプリペイドカードへのチャージなら、すっきりチャージ分を使いこなせて、なおかつキャンペーン分のチャージバックがあったりポイントが別途付与されるわけですから、いい組み合わせだと思われます!
【今日の格言】 おさいふPontaは最高の「中継ぎ」

記事が「役立った」と思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 22:13 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。