新設!JQ CARDエポスゴールドのすべてが判る「JQ CARDエポスゴールド総合情報局」…EdyやモバイルSuicaのチャージでも驚くぐらいポイントが貯まり、ソラチカルートでANAマイルに交換することも可能。突出しすぎるカードです。
2016年09月05日

九州の旅その3 熊本/くまモンのICカードとnimocaとSUGOCA

九州の旅シリーズその3です。
その1→Tポイントで野球を見、1万円をnimoca3万円分に交換する九州への旅 その1
その2→九州の旅その2 田村ミュージアム(?)からミス直後の岡田を激写

熊本は昨年の2月に行った時はまだ「くまモンのICカード」導入前でした(2015年4月〜)。このカードは「交通利用と買い物利用で同じポイントが付く」使い勝手抜群のICカードです。
市電だけ「でんでんnimoca」というnimocaを独自に導入していたのですが、その後共通利用可能な形にしてあり、市電は「くまモンのICカード」でも乗れる状態です。また基本「くまモンのICカード」の地域のバスや電車も「SUGOCA」や「nimoca」、「Suica」「PASMO」も使えます(ただしJRや西鉄に「くまモンのICカード」では乗れない…)

kumamotoic

「でんでんnimoca」は「nimoca」の亜流で、基本はまったく一緒です。熊本市電で購入すると「でんでんnimoca」の方になりますが、福岡で購入したnimocaでも市電に乗れ、さらに「nimocaポイント」もしっかり付いております!
「くまモンのICカード」も電車・お買い物両方でポイントを貯められるICカードなんですが、熊本市電だけはポイントが付きません。なので地元の市電だけど、くまモンの方じゃなく、外来の「nimoca」を利用するのが「正解」となります(説明するだけでも、ややこしい…)

nimocakengun

こちらnimoca管理画面内の履歴からですが、左から「日付」「種別」「施設1」「施設2」「利用額」「カードポイント」「センターポイント」となっております。
「健軍町」〜「上熊本駅前」および「熊本駅前」〜「辛島町」は熊本市電の利用ですが、それぞれ「3ポイント」のnimocaポイントが「カードポイント」として付与されております。 熊本空港へのリムジンバスの利用ではポイントは付いておりません(こちらは、くまもんのICカードの方を利用すれば、付与される)。
nimocaは交通機関を利用すると、直接ICカード内に「カードポイント」が貯まり、nimocaポイント付与のある加盟店での利用ではサーバーの方に記録される「センターポイント」が貯まる形になります。
今回のネットマイルからの交換ポイントも、「センターポイント」に預かられる形です(nanacoの「センター預かり」と同様に捉えて頂ければ判りやすいかも)。

さて2日目の熊本では、前日福岡で利用したnimocaに「空き」が出来たので、まずはセンターポイントをnimocaに残らずチャージします。これで全てのポイントをnimocaに移し替える作業は完了で、nimocaの方に残額が残っても、後は首都圏に帰ってから使えばOKとなります。

kumani1

土曜の朝、熊本のアーケード街を歩きます。ところどころロアッソ応援フラッグが誇らしげに掲げられてあります。

kumani9

オレンジ色という派手なカラー、英語の表記ということもあって、当初ATMコーナーと思わず通り過ぎてしまいました…。

kumani2

ありました、nimocaポイント交換機!熊本の商業施設では3箇所にしか設置されてありません。このほか、市電は前述のように「でんでんnimoca」なので市電の窓口でもポイント交換を扱っているようです(その1の西鉄大牟田駅のように、人を介してポイント交換をお願いする形です)

kumani3

nimocaのフェレットがナビゲートしてくれるので、言われるがままに従いましょう。

kumani4

こちらにnimocaを置きます。

kumani5

昨年、今年4月と、福岡で同様の端末を扱っているので、慣れたものです。おっ、昨日の行動で「19nimocaポイント」カードの方に貯まっているので、併せてこれも根こそぎnimocaにチャージしておきましょう。

kumani6

今回は悩むこと無く「すべてのポイントを交換する」ですね。

kumani7

これで九州における「nimocaポイント3倍化チャージミッション」の方は完了。しめて合計35,700ポイント分(元はネットマイル11,900円分のポイント)、nimocaにチャージ出来ました。そして行きがけの駄賃、前日のnimoca利用で貯まった+19ポイント分も。

kumani8

一応、明細書も印刷、と。

nimocaのチャージミッションの他、SUGOCAに「JQカードエポス」で貯めた「JQポイント」を1,000ポイント分チャージしてみます。こちらは熊本駅にて。

kumajq1

まず、昨日SUGOCAオートチャージ設定をした券売機に、SUGOCAを挿入します。

kumajq2

左側メニュー一番下段の「ICカード」を選び、その中の「ポイントチャージ」に遷移します。

kumajq3

現在の「SUGOCAポイント」と「JQポイント」の残り額が表示されます。
SUGOCAポイント 4ポイント
JQポイント 6074ポイント
と、表示されております。いずれも、100ポイント単位で「SUGOCA100円分」としてチャージ可能です。普通の記名式のSUGOCAの場合は「SUGOCAポイント」の方しか表示されないのですが、こちらは「オートチャージ設定完了したSUGOCA」のため、紐づけたJQカードのポイントまで表示され、さらにJQポイントを直接SUGOCAにチャージ出来るようになっているのです!

Gポイント
GポイントはJQポイントと相互交換可能で、Gポイントからは「SUGOCAポイント」にも交換出来るので、オートチャージ設定していない方はネット上からもJQポイント→SUGOCAを間接的に交換することも可能です。交換完了まで若干時間がかかります。
もっともSUGOCAポイントをSUGOCAにチャージするには最終的にはJR九州の券売機で行わなけらばならないので、他地域にお住まいの方が安易に出来る方法ではありません。
SUGOCAポイントへはGポイントから10ポイント単位で移行できるので、数十ポイント貯まったら、残りはGポイントから補充して、すぐにSUGOCA100ポイントにすることも可能です。九州にお住まいであれば「JQポイント」「SUGOCAポイント」いずれも無駄なく利用出来そうです!

kumajq4

一度に交換できる数値は以上のようでした。
100円、200円、300円、400円、500円、1,000円、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円。それ以上の場合は2度操作が必用のようです。
今回は「1,000円分」だけ、JQポイントより交換。

kumajq5

この通りポイントチャージが完了し、ICカードの残額が1,000円分増えました。

kumajq6

履歴を印字して操作完了。nimoca同様、こちらも首都圏はじめ、他地域でも利用出来るICカードです!

さて熊本にはもう一つ、地元のICカード「くまモンのICカード」があります。こちらも記念に購入しました。1日目、熊本空港から熊本市外に向かうリムジンバスの中で既に購入済みです。
kumaprIMG_0577

昨年2月に熊本に訪れた際はニアミス(2015年4月開始のサービス)で入手できなかっただけに、今回の訪問で無事確保出来て嬉しかったです。
こうなると強引に加盟店を見つけて使いたくなるのが僕の性分なんですが、意外と飲食店などの加盟店が少なく、使いどころが難しかったです。

kumamonic1

駅ナカのお土産屋さんで1店舗加盟てしているお店があったので、そこでお土産を購入して、無事90円分(およびデポジット500円分)残った状態まで消費出来ました。「くまモンのICカード」の読み取り端末以外にも「SUGOCA」や「QUIC Pay」などの端末が別個に顔を並べていて壮観でした!
帰りのリムジンバスも出来れば「くまモンのICカード」を利用したかったんですが、もう一度チャージするのは惜しかったので(くまモンのICカードの残額は首都圏では消費出来ないので…)、やむなくnimocaで支払いました。でもぬかったのは、「記名式」にする手続きをせず帰ってきてしまったこと…これでは「くまモンのICカード」の管理画面にログインして、ポイントなどを確認出来ません…ポイントシステムのあるICカードを地方でGETした時は、常に記名式を購入しておいたのに…あえて記名式にしていたからこそ、今回のような「nimoca3倍交換の奇跡」に立ち会えたわけですから。
(まあでも知らない土地で、受付の人監視の元「住所、千葉県…」で始まる書類を書くストレスは並大抵のものじゃないっす。いつものことながら…)

kumamonic3
交通センター仮バスターミナルの中に「くまモンのICカード専用チャージ機」がありました。ちなみに現金以外にオートチャージの手段も用意されているんですが、日専連ファイナンス及び肥銀カード発行のクレジットカードのみ設定できるそうなので、部外者にはハードルが高すぎます。くまモンのICカードにクレジットチャージすることは諦めましょう。

kumamonic2

一応、熊本市内をほどほどに観光しようと思ったのですが…

kumapIMG_0561

kumapIMG_0566

熊本城は地震の爪痕が深く、入場もできない状態。遠目に痛々しい姿を拝見するより他ありませんでした。

kumapIMG_0549

お城の近くの公園に横井小楠の銅像がありました。横井小楠を中心に、坂本龍馬、勝海舟、松平春嶽、細川護久…

kumapIMG_0550

kumapIMG_0554

下はお弟子さんたちのようですが、顔の見分けがつかねぇ〜(笑)
kumapIMG_0564

後ろから。

kumapIMG_0558

この他、西南戦争の際に熊本城を死守した谷干城の銅像もありました。
横井小楠の銅像を見ていたら四時軒跡(横井小楠記念館)に行ってみたくなりました。ちょっと遠いんですが、市電の終点「健軍町」から歩いて20分程度です。行ってみようと思いました。

kengun1

kengun2

市電の終点からアーケード街の中を通っていくと「復興バザー」が行われておりました。食料品がめちゃくちゃ安い値段で売られておりました。
この日は気温36〜37度の猛暑。このコンディションだと徒歩20分は結構しんどい距離です(いつもなら、そうでもないんですが…)。

kengun3

細い道をGoogle Mapに導かれながら、たどり着きました。

kengun4

Oh,NO!
休館なんて知らなかった…
暑さでショック倍増。

kumara1
太平燕(たいぴーえん)か馬刺料理にチャレンジしたかったんですが、太平燕発祥の中華料理屋さんも震災の営業で休業中、馬刺は「体調が良くない時は生ものは控えた方がいい」というアドバイスを受けていたので諦め、結局「熊本ラーメン」のお店に。

kumara4

行く途中にテレビ局がありました。

kumara3

さらに「黒門」という行列が出来ているラーメン屋さんの前も通りかかったんですがスルーして、この落ち着く昭和な佇まいのお店に導かれました。

kumara2

焦がしニンニク油とトンコツスープのハーモニーが絶妙っす!冷房もなく、扇風機1台でお店の人までもが「暑い、暑い」を連呼しているようなお店でしたが、味は何もかも忘れさせてくれるぐらいに格別で、美味しかったです!
これで550円也。お腹にも財布にも優しい一杯でした。

kumani11

kumani10
最新の市電の中は向かい合うような席も用意されていて、さながらカフェコーナーのようでオシャレでした。女性の車掌さんも乗っており、キレイな内装と相まって華やかでした。
市電に乗って座っていると、カップルなのか会社の同僚なのか判りませんが、1組の男女が前に立って、ちょうどnimocaの話をしておりました。女性は今も福岡に住んでいるのか、かつて福岡に住んでいたのかは不明ですが「西鉄エリアに住んでいると、nimocaは便利だよ。にしてつストアでもnimoca使えて、ポイントもすぐに貯まるし、すぐ500円券に交換できる」といった話を男性にしておりました。nimocaが福岡ですっかり根付いていて、市民権を得ていることを伺わせる話でした。この熊本市電でもnimocaで乗れるだけでなく、乗ってnimocaポイントが付くことまでご存じだっただろうか?(熊本市電はSUGOCAやくまモンじゃダメなんだよ、nimoca一択なんだよ)

nimocaは大分、熊本、宮崎と勢力範囲を伸ばし、なんと今度は北海道の函館もnimocaを導入するそうです。nimocaポイントも九州に行かなくても函館で交換出来るな!(どっちも遠いがな!)

kumajq10

熊本駅構内「えきマチ1丁目」にあるレストラン街。ここの吉野家は、なんとホームの内側(改札口の中)と外側、両方から入れるようになっておりました! (吉野家以外も何店舗かはそういう構造になっておりました)
もちろんTポイントが貯まり、使え、WAONも利用出来るんですが、駅ナカということでSUGOCAも利用出来るようになっております!
そしてSUGOCAポイントも付与されておりました。

jqsugocakanri

後日、今回の旅行で付いていたSUGOCAポイントを「JQネット」管理画面で確認してみます。「1ポイント」がおそらく吉野家での利用分だと思われます(加盟店名が表示されないのがツライ)。
9ポイントが初日の「熊本〜大牟田」、2ポイントが「上熊本〜熊本」の電車利用分。26日利用分が28日に、27日利用分が29日に付与されているので、1泊2日の旅行では回収できないポイントですね。
SUGOCAによるJR九州の電車利用分1%と、SUGOCA加盟店でのお買い物0.5%両方貯まる「SUGOCAポイント」。考えてみれば「nimoca」も「くまモンのICカード」もいずれも交通機関の利用&商業施設の利用いずれでもポイントが付く優秀なICカードです。だからこそ九州では使い分けにこだわりたい。

JQカードからオートチャージすれば、SUGOCA利用分とは別途「JQポイント」もチャージで付く訳です。上記の「JMB JQ SUGOCA」はJALマイルをJQポイントに交換出来るJQカードで、「ソラチカカード」を持っている方なら、「JALマイル10,000マイルをANA9,000マイル」に交換出来てしまう魔法のカードです。
参考:JMB WAONで貯めたJALマイルをANAマイル化!?

JQカードからのオートチャージは年会費のかかるゴールドカード以外は、一律還元率0.5%です。ところが年会費無料ながらSUGOCAオートチャージ分も1%還元にしてしまうカードがあります。電車に乗って貯まるSUGOCAポイントと合計で2%還元可能なカード…。
上記写真右側の「JQカードエポス」です。エポスカードがリボ払い分にポイント倍付してくれ、ATMから繰上返済することによってリボ金利手数料を払うこと無く1%還元にしてしまうことが出来るからです。
参考:エポスはリボ金利手数料ゼロでポイント倍も可能

筆者も九州旅行に行く前にエポスカードから「JQカードエポス」に切り替えました。これにより、エポスカードのメリットを生かしつつ、貯めるポイントが「JQポイント」になるため、Gポイントとの相互交換も可能になり、1%分のSUGOCAオートチャージ分をANA0.9マイル化することも可能になって参ります(ソラチカカード所持している場合)。
筆者は札幌の「SAPICA」も同様にこのカードからオートチャージされる設定にしてあるので、北海道・九州という両極のICカードチャージですら、取りこぼしも無くANAマイルがMAXで貯まる設定になっております。
もちろんモバイルSuicaやスマートICOCAへのチャージでも同様にポイントが貯まります。
参考:SAPICAオートチャージ受付完了【パ本拠地各地でチャージいらず】
「九州や札幌でもSuicaやICOCAを使えばいいじゃん?」
そうすると、(ICカード利用部分の)SAPICAの10%OFFやSUGOCAポイント分にありつけないじゃないですか?
つまり各地のICカードで「チャージもICカード利用分もMAXに」ANAマイルを貯めたい欲張りな方には、このカードが最適解なのです。
大体、普通のANAカードはソラチカカードやANA VISA Suicaカードなどの一部の鉄道会社提携カード以外は、メジャーなモバイルSuicaやスマートICOCAといったICカードへのチャージにすらポイント付与がありませんから…。

「JQカードエポス」にそのまま申し込んでしまうと、実は上記の「入会特典ポイント」を取り逃してしまいます…。
筆者のように、まずエポスカードに入会して、すぐ「JQカードエポス」に切り替えると、こちらの入会キャンペーンで頂けるポイントもそのまま「JQポイント」の方に積算されておりました。
「JQポイント」と「エポスポイント」は1,000ポイント単位で相互交換可能なので、どのタイミングで切り替えても大丈夫です!
「まだキャンペーンのポイントが入ってない…」
と心配しなくても、先に切り替えて全然問題なしです。
エポスポイントからは「JALマイル」などにも交換出来ますので、「ANA」「JAL」両方貯めている人にも重宝するカードとなるでしょう。またエポスポイントから「VISAプリペイドカード」へのチャージも1円単位で可能、VISAが使えるところでは殆ど使えるので、貯めたポイントを1ポイントも無駄にすることはありません。

全国7,000店舗で優待のある「エポスカード」と九州内で各種優待が用意されている「JQカード」両方の優待も利用出来てしまいます!
持って、使ってみて「JQカードエポスって、なんてヤバいカードなんだろう…」っていうことを実感して下さい。
JQ CARDエポスゴールド総合情報局

posted by mansengo at 19:29 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。