新設!JQ CARDエポスゴールドのすべてが判る「JQ CARDエポスゴールド総合情報局」…EdyやモバイルSuicaのチャージでも驚くぐらいポイントが貯まり、ソラチカルートでANAマイルに交換することも可能。突出しすぎるカードです。
2016年08月14日

EdyでANAマイルをMAXに貯める2つのコース【2.4〜2.7%還元】

楽天Edyはその名の通り「楽天スーパーポイント」を貯めやすい電子マネーです。では、楽天以外のポイントは貯めにくいのか?かつてEdyの花形だった「ANAマイル」はもう貯めにくいのか?

edyairport201608
こんなキャンペーンも始まっていたんですが、空港で使ってポイント2倍になる対象が「楽天スーパーポイント」とは…今まではこういうケース、必ずキャンペーン対象は「ANAマイル」でした。
電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | キャンペーン情報 | 空港限定 楽天スーパーポイント2倍!

かつて、Edy+ANAカードの組み合わせは「マイル還元率最強」に出来るコンビでしたが、いつしかANAカードからのEdyチャージにポイント付与を取りやめられ、過去の話となってしまいました。今ではむしろライバルの「JALカード+WAON」の方が、電子マネーでマイルを貯める最強の組み合わせに思われている節があります(ANA-JCBゴールドカードなど一部のANAカードでは、0.5%分ですが、チャージでマイルが付与されるカードも残存しております)。
「陸マイラー」という言葉が定着したのも、このANAカードからEdyチャージして使うと1.5倍になる裏技がウケてのものでした。

では、最早その時代を懐かしんで「あの頃は良かったなぁ…」と想いを馳せることしか出来ないのか?そんな事はございません。かつての「ANAカード+Edy」より全然還元率も高く、ランニングコストも安い組み合わせがあるのですから!
ほとんど知られてない技なんですが、
「JQカードエポス+おサイフケータイ(ANAモバイルプラス)」
の組み合わせで、かつての「ANAカード+Edy」どころの話ではなくなります。その還元率は常時…
2.4%
分のマイルが貯まります。1,000円で24マイル。20万9千円分チャージして、そのEdyを使うと、ANA特典航空券の最低ライン「5,000マイル」に到達してしまいます!

「JQカードエポス」はエポスカードの提携カードで、エポスカードの中で唯一「エポスポイント」が貯まらないクレジットカードなので、エポスの中で常に「異端視」されております。
貯まるポイントがJR九州の「JQポイント」なので、九州以外の人には一見利用価値のないポイントに思えますが、2016年3月からGポイントとの提携を始め、一気にポイント交換ルートが花開いたのです。

Gポイント
Gポイントは各種ポイントを集約し、各種ポイントに交換できる「ポイント交換サイト」の嚆矢ですが、東京メトロの「メトロポイント」にも等価交換可能です(若干手数料がかかる場合もアリ。案件を1つこなしておくと無料)。
JQポイントとも相互交換可能です。この他「SUGOCAポイント」へ10ポイント単位で交換出来るので、100ポイント単位でしかSUGOCAにチャージ出来ないSUGOCAポイントの補充にも最適です。

「メトロポイント」はソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)を持っている人向けに、
100ポイント → ANA90マイル
という魔法の交換ルートを開設しており、長年保たれております(出来た当初は、すぐ改悪されるだろうと噂されたのですが…)。
つまり「JQポイント」はJR九州のポイントながら、間接的に東京メトロのポイントに交換出来、なおかつそれを9掛けでANAマイル化出来てしまうのです。

エポスカードは基本の還元率0.5%です。なので、あまりクローズアップされることはないんですが、実際に検証してみた結果「ムリなく1%還元可能」なカードであることが判明しております。
参考:エポスはリボ金利手数料ゼロでポイント倍も可能
リボのポイントが倍になることで0.5%を1%に押し上げられるのですが、実はタイミングよくATMから全額払い返済しておくだけで、リボ金利手数料もかからずポイント2倍にすることが出来ます。 「JQカードエポス」で貯まる「JQポイント」も同様です(他の「JQカード」も軒並み0.5%還元なので、「JQカード」という括りの中でも還元率最強のカードとなります)。
したがって、こちらで貯めたポイントをGポイントを通すことによって、
JQポイント 100ポイント → Gポイント 100ポイント → メトロポイント 100ポイント → ANAマイル 90マイル

と、年会費無料カードにも関わらず「0.9%分のANAマイル」を貯めることが出来るカードになってしまうんです。
そして「Edyチャージ」「モバイルSuicaチャージ」「スマートICOCAチャージ」といったANAカードでさえポイント付与がない電子マネーへのチャージでもしっかりポイント付与されるのです!

もし、おサイフケータイを利用している方で、「ANAモバイルプラス」を利用していたらどうなってしまうでしょうか?
「ANAモバイルプラス」は月額300円(税別)払うことによって、
「Edyで貯まるANAマイルを3倍化」
してくれます。通常200円で1マイル貯まるところが3マイルになります。
従って、JQカードエポスから、ANAモバイルプラス設定のある「おサイフケータイ」にチャージしてやると、
チャージで → 1,000円で9マイル(上述)
利用で → 1,000円で15マイル(3倍)
と、なんと1,000円分の「Edyチャージ&利用」するだけで24マイルも貯まってしまうのです!!
かつての「ANAカード+Edy」でも15マイルが関の山のところがですよ?
「でも月会費かかるんでしょ?」
何を言っているのですか…かつてのANAカードだって最低年会費2,000円、移行手数料2,000円払っていたじゃないですか(今は移行手数料も値上がりしてしまいましたが…)。Edyチャージでマイルの恩恵を得るには最低年間4,000円のランニングコストがかかってました。
ところが「JQカードエポス」は年会費実質無料です(年間1回も使わないと1,250円かかります)。「ANAモバイルプラス」の会費が年額3,600円なわけですから、かつての「ANAカード+Edy」の組み合わせより、安い維持費で済むのです。更にはEdyをあまり使わない月はANAモバイルプラスを退会しておいても大丈夫です。入退会を繰り返しても問題なしです。このコストが気になる方はそうやって押し下げましょう。
参考:ANAマイレージクラブモバイルプラス|携帯電話│ANA SKY MOBILE

2016年8月16日からは、いよいよ「くすりの福太郎」ほか、「ツルハグループ」の店舗が楽天ポイントカード加盟店となります。現在のポイントカードそのままに楽天ポイントカードがプラスされるというオイシさです。
turuposa

くすりの福太郎ではPOSAカードも販売しており、なんと楽天Edyをはじめとした電子マネーでの支払も可能です!
POSAカードを電子マネーで購入…というとドンキが先駆者でしたが、最近ドンキでは店舗によっては現金のみに代わってきているようです。ツルハグループの店舗では現状電子マネーでPOSAカードを購入出来ております。
ポイントカードのポイントは勿論付かないんですが、電子マネーのポイントは付いているようです。
なのでamazonギフトだろうが、楽天ポイントギフトだろうが、2.4%分GET可能です。

もっともツルハグループでは「1日・10日・20日」にQUIC Payを利用すると「3%引き」になるので、この日にPOSAカードを購入する時は悩ましいです。(昨年度まではこのキャンペーン5%引きだったので、問答無用でQUIC Payで支払っておりました)
参考:ツルハグループでQUICPay!もれなく3%キャッシュバック|QUICPay


たとえば、このカードなんかだとランニングコストも安く、「ANA QUIC Pay+nanaco」を持てるわけですし、QUIC Payで3%引きしながらもANAマイルも貯められてしまいます。
参考:ANAカードを持たずにANA QUIC Pay+nanacoを利用する方法【年会費も安くなる】

エポスカードでEdyチャージ&ツルハグループでのPOSAカード購入を駆使して、一撃でマイルを驚くぐらい貯めるケーススタディをこちらでまとめております。
参考:Edy&モバイルSuicaチャージNo.1はエポスカード

上記エントリーでも取り上げましたが、「JQカードエポス」より更にANAマイル還元率を高く出来る方法は存在します。それは
「エポスカードをゴールドカードに昇格させて、年間100万利用してボーナスポイントも得る」
ことです。そうすると、エポスゴールドカードからのEdyチャージ還元率が「ANAモバイルプラス」との組み合わせでMAX2.7%まで上昇します。
「エポスゴールドカード」は直接申込むことも可能ですが、その場合は年会費5,000円必要になってきます。が、エポスカードを使っているうちにやってくるインビテーションを受けてからゴールドカードに切り替えると「永年年会費無料」でゴールドカードユーザーになれます!エポスのゴールドカードは空港ラウンジサービスや、充実した旅行保険もしっかり付いております。さらに「ポイントの期限が無期限」と永久不滅化し、ANAマイルへの交換も「1000ポイント→500マイル」から「1000ポイント→600マイル」に格上げとなります。

5,000円ぐらいなら、最初からゴールドカードを選択してしまうのもテですが、ノーマルカードを使っていると50万前後程度の利用でもゴールドカードへのインビテーションが利用開始後7〜8カ月程度でやってくることもあるようなので、ノーマルから楽しみながらゴールドカードを目指すのもよいでしょう。
「ノーマルカード+ANAモバイルプラス」の組み合わせでも、Edyチャージ&利用で1,000円で20マイル貯まりますしね。ゴールドカードのインビテーションが来るまで、こちらで我慢するのも一つの手です。

それとエポスカードをノーマルカードからはじめることをオススメする理由は「ノーマルカードの方が入会キャンペーンのポイントが優遇されている」ので!
「JQカードエポス」も同様の理由で、まずエポスカードを作ってから「JQカードエポス」に切り替えることをオススメします。貯めるポイントが替わりますが、
「エポスポイント」 ⇔ 「JQポイント」
は、いつでも相互交換可能なので、切替後もキャンペーンで貯まったエポスポイントをJQポイントに移し替えられます。交換日数も1、2日程度で、ストレスも殆どありません。(早めに切りかえると、エポスポイントでもらう予定だった入会キャンペーンポイントがJQポイントとして付与されております。なので早めに切り替えても全然問題ありません!)

エポスカードは残念ながら1枚しか持てません。なので「JQカードセゾン」と「エポスゴールドカード」を両方保有することはかないません…出来ていたら最強だったんだけど…
また「JQカードセゾン」から「エポスゴールドカード」へのインビテーションは発行されていないようなので、「ゴールドカード」を目指す方は「エポスカード」のまま使い続けましょう。二兎を追うことは難しいのです…。
ANAマイルを爆裂的に貯める2つのコース、「手っ取り早くJQカードエポスにする」か、「インビテーションを受けてゴールドカードになるのを待つ」か、2つのコースが存在します。「モバイルSuica」や「スマートICOCA」のチャージ還元率に拘る方は後者をオススメします(「選べるポイントアップショップ」に選択出来てポイント3倍化可能。Max3%ANAマイル還元も可能なので)。頑張れば、7〜8カ月でインビテーションもやってくるみたいなので。
筆者のように九州旅行にもこだわる方は「JQカードエポス」、マジでオススメです!(九州各地をJRで移動する際にネット予約すると、料金を半額以下に出来たりもするんですが、その際に付与される「eレールポイント」も1ポイントからJQポイント化出来るんです!!もちろんそれもGポイント経由でANAマイル化可能です)

記事が「役立った」と思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 10:58 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。