今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2016年08月09日

Edyチャージ還元率+再還元率=2%のエポスカード

クレジットカードを比較する際、「還元率」という言葉をよく聞きます。1,000円利用時にいくらポイント(或はキャッシュバックetc)として戻ってくるのか?5円分なら「0.5%」ですし、10円分なら「1%」になります。
また貯まったポイントの「汎用性」も重要視されます。使い勝手と申しましょうか。貯めても使いどころがなければ意味を成しません。たとえば、まれに「キャッシュバック」、あるいは「デポジット」などで還元されるクレジットカードがあります。クレジットカードの利用分と相殺されるような仕組みです。これが最強のように思えます。
ところが、もうひとつ着目すべき点があるのに、あまり注目されていない箇所があります。

特に名称も無いので、ここでは「再還元率」という言葉をつけてみようと思います。たとえばポイントを貯めたとします。そのポイントをそのまま利用出来る場所があるとします。その際、
そのポイント利用分に対して更にポイントが付くのか?
という点を重視する考え方です。
共通ポイントを例に取ってみると、「Tポイント」を使う際はTポイントは貯まりません。ところが「楽天スーパーポイント」は使っても再度貯まります。これに「汎用性」を加味して考える。どちらの方が自分に使いやすく、また使える場所が多いのか?
「再還元率」的な考えから、nanacoチャージで1%ポイント還元される次の2つのカードを比較してみましょう。

JCBブランドのYahoo! JAPANカードとJCBブランドの 楽天カードは共にnanacoチャージでもポイントが貯まり、それぞれ1%還元されます。
ところがTポイントは利用分にポイントが付かないので、 Yahoo!JAPAカードの方は、
還元率1%+再還元率0%=1%
楽天スーパーポイントは付くので、楽天カードは
還元率1%+再還元率1%=2%(元の利用額から考えると、1.01%)
とも考えられるのではないでしょうか?後はポイントの汎用性の比較です。Tポイントの方が使えるフィールドが若干広いような気もしますが、楽天スーパーポイントも最近は負けていません。

家電量販店系のポイントはお店で商品を購入した際は「10%」や「20%」などの大盤振る舞いしてくれますが、大抵ポイント利用に対してポイントを付けてくれません。そこで「どうせポイント利用にはポイントが付かないんだから、ポイントが元々付かない商品に対してポイントを使うようにする」という、「消極的」ともいえるポイント利用の思想も存在します。

前述の「キャッシュバック」も実はアフターポイント的な観点から行くと、おいしくありません(まあ汎用性は「最強」ですが…)。
ところが、かなりいろいろなところで使えるものにポイントを交換出来るのに、更に還元を受けられるものがあります。
その正体は「プリペイドカード」です。
epospri05

たとえばエポスカードは、貯めたポイントを「エポスプリペイドカード」にチャージ出来ます。これはVISA加盟店なら、ほぼどこでも使えるプリペイドカードです(※電気料金やケータイなどのような毎月の支払、およびガソリンスタンドなどでは利用出来ません)。
エポスプリペイドカードを利用すると、翌月自動的に0.5%分プリペイドカードにキャッシュバックされ「再利用」可能となります!

エポスカードの還元率は一般的に「0.5%」とされておりますが、リボ払いにして、ある一定の期間に繰上返済してしまうと、手数料もかからずポイントを倍にすることが出来、実質「1%」と言ってもいいところなんです。
参考:エポスはリボ金利手数料ゼロでポイント倍も可能
エポスカードは「楽天Edy」や「モバイルSuica」「スマートICOCA」「スターバックスカード」といった電子マネーにチャージしてもポイントが付与されます。つまり電子マネーチャージで1%還元可能なカードなんです。
さらに「楽天Edy」の場合、おサイフケータイにチャージすれば、「Edyで貯めるポイント」をエポスポイントに設定することも可能です。Edyは利用200円毎に1ポイント付きますから、
チャージ1%+利用0.5%=1.5%
1.5%分のエポスポイントを全Edy加盟店で貯められることにもなります。

そして、1.5%分還元されたポイントを「エポスプリペイドカード」にチャージして、あらゆるVISAが使えるところで使えて0.5%分「再還元」されるわけですから、
還元率1.5%+再還元率0.5%=2%(元の利用額から考えると1.5075%)
と、都合返ってくることになります。
エポスカードの場合、プリペイドカードへのチャージは1ポイント(=1円分)から可能なのでポイントの使い勝手も最高です!
「モバイルSuica」や「スマートICOCA」の場合、電子マネー利用でポイントが付くところが少ないので、還元率は1%と考えるべきですかね(モバイルSuicaなら「Suicaポイント加盟店」なら0.5〜1%分のSuicaポイント還元が受けられます。が、そんなには多くない…)。

エポス以外のクレジットカードで、やはりポイントをプリペイドカードにチャージ出来るのが、「オリコカード」と「ライフカード」。
ただし前者は路面店・ネット両方で使えますが、後者はネットのみで使える「Vプリカ」への還元となります。
オリコは「VISA」「Master」どちらのプリペイドカードも発行してもらえます(まあ「VISA」が使えるところは殆ど「Master」も使えるので、ほとんど意味はありませんが…稀にありますね、どっちかしか使えないところが)。1%還元のクレジットカードを使っているとすると、
還元率1%+再還元率0.25%=1.25% (元の利用額から考えると1.2525%)
と、プリペイドカードの利用でも「0.25%」分再還元されます。エポスよりプリペイドカードの還元率が半減します。

オリコカードやエポスカードのプリペイドカードであれば、ネット上でも、実際の店舗でも、「VISA」あるいは「Master」が使えるところであればどこでも使えます。
そしてオリコは0.25%還元なのに対して、エポスは0.5%還元なんです、このプリペイドカード利用分が…


エポスカードが「還元率」のみならず、ポイントの「再還元率」「汎用性」でも優れていることがお判り頂けたかと思います。
ポイントはこの他「ANAマイル」「JALマイル」どちらにも交換可能です。
エポスカードは年会費無料ですが、年間50万前後利用していると「ゴールドカード」へのインビテーション(招待)がやってくる可能性が高かったりします。インビテーションを受けてゴールドカードにグレードアップすると、年会費無料のままゴールドカードユーザーになれます。
空港ラウンジサービスや充実した旅行保険も付く、真の「ゴールドカード」のサービスが無料で受けられるばかりでなく、「年間50万以上」「年間100万以上」の利用でボーナスポイントが付くようになり、「還元率」がさらに増します。そしてよく利用する3箇所を「選べるポイントアップショップ」に選択することが出来、そこでの利用を「ポイント3倍」にしてしまうことが可能なのです!そのショップに「モバイルSuica」「JR西日本(スマートICOCA)」を選択することも可能です。(ボーナスポイントも含めると)モバイルSuicaの還元率を3%付近まで押し上げ、さらにそのポイントをプリペイドカードにチャージして「再還元率0.5%」を加えることで、交通系電子マネーへのチャージでの実質還元率をかなり高いところまで持っていけます。
参考:Edy&モバイルSuicaチャージNo.1はエポスカード

如何でしたでしょうか?
あなたもポイント交換商品が汎用的に使えるものなのか?という思考の他に「再還元率」にも着目して、さらに得するクレジットカードを選び直してみませんか?
電子マネーに交換できるカードは再還元率も高くなります。ただ電子マネーにも差があって「Edy」「nanaco」「WAON」は概ね利用でポイントが付きますが、「モバイルSuica」はSuicaポイントが限定されるので、ポイントが付きにくい電子マネーです。いずれも自分でよく利用する店舗で導入されていればいいですが、そうでもない場合は「プリペイドカード」の汎用性が優るでしょう。エポスプリペイドカードはVISA加盟店どこでも使えて、さらに0.5%キャッシュバックがあるのですから、この点でも電子マネーに勝っていると思われます。


交通系だと、名古屋の「manaca」であれば、電車利用でも、買い物でもポイント還元があるのでオススメです。貯めたミュースターポイントをmanacaにチャージできるわけですから再還元率的にもベストです。
この名鉄ミューズカードは「Edy」「nanaco」「モバイルSuica」「スマートICOCA」へのチャージでもポイント付与されるので、名古屋以外の方にも密かにオススメです。もちろん「manaca」にチャージでもポイント付与されます。
manacaへのチャージは現地に行かないと出来ませんが、「ミュースターポイントをANAマイルに交換」はネット上でも出来ますので、ANAマイルを貯めている方なら活用出来ます。
ミュースター100ポイント → ANA 60マイル
と結構、兌換率も高い方だと思います。

記事が「役立った」と思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

posted by mansengo at 08:53 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。