新設!JQ CARDエポスゴールドのすべてが判る「JQ CARDエポスゴールド総合情報局」…EdyやモバイルSuicaのチャージでも驚くぐらいポイントが貯まり、ソラチカルートでANAマイルに交換することも可能。突出しすぎるカードです。
2016年07月01日

SAPICAオートチャージ受付完了【パ本拠地各地でチャージいらず】


待望のSAPICAオートチャージ受付完了通知書が到着し、それを持参し、無事札幌での紐づけ作業を終えて参りました。
SAPICAとは札幌の地下鉄・市電・バスで使えるICカード。実はSuicaやPASMOも使える地域なので、あえて作る必要もないのですが、SAPICAにした方が割引になったりする特典があるので、「また、どうせ札幌に行くことがある」方なら、いっそのことSAPICAを作ってしまうのもテです。オートチャージまで視野に入れる場合は、迷わず「記名式」タイプで作っておきましょう!

パ・リーグ本拠地各地のICカード対応状況
  球団 JRのICカード 個人的対応状況 私鉄・バスのICカード 個人的対応状況
札幌 日本ハム Kitaca - SAPICA※
仙台 楽天 Suica イクスカ※
首都圏 ロッテ
西武
Suica PASMO
大阪 オリックス ICOCA PiTaPa
福岡 ソフトバンク SUGOCA nimoca
はやかけん

ICカードの赤字はオートチャージ対応。緑字はポストペイ(後払い)
個人的対応状況:◎は現地のICカードを利用してのクレジットカード経由のチャージに対応。◯はクレジットカード紐づけ完了で大阪市営地下鉄の10%割引、オリックス主催試合「PiTaPaデー」対応済み。△はICカードを所有するも、現金チャージのみ(イクスカ、はやかけんは元々現金チャージのみ)
※マークのICカードは、他地域との互換性ナシ

SuicaやPASMOでも利用する分には全然問題ありません。ただ、一つ抑えておきたいことは、
「互換性はあっても、オートチャージには対応していない」
という大切な一点です。普段、首都圏の自動改札口で何気なくオートチャージでSuicaやPASMOにチャージされていた方は、かの地のゲートで残高不足で止められることもありうるということです。
勿論止められてから、現金で清算したり、再度チャージして支払うことも出来るでしょう。ただ、その際は現金チャージが基本になります。せっかくオートチャージで稼げていたチャージで付与されてきたポイント獲得の権利を失います。これは敗北です。
唯一、モバイルSuicaを利用しているのであれば、その場で適宜クレジットカード経由でチャージ出来ます。

ではモバイルSuicaなら万能なのか?
万能という部分は肯定しますが、「最適か?」と問われると疑問符が付きます。各地のICカードには利用で独自の割引、ポイント還元があるからです。その地域の交通機関を利用する際は、その地域のICカードを使った方が得になるケースが結構あります。
 
ビックカメラSuicaカードは、Suicaへのチャージで1.5%還元され、交通系ICカードへのチャージ「最強」カードとして、よく紹介されております。実際、札幌の地下鉄や市電・バスも、Suicaで乗車することは可能です(オートチャージはされませんが)。また他のカードでは必要な「モバイルSuica」の年会費も、このカード所持者なら必要ありません。

なのでSAPICAにオートチャージ手続きしても、こちらのカードからチャージしたSuicaより還元率を高くするには、還元率1.5%以上あるカードを設定しないとならないのか…?
答えは「NO」です。
SAPICAの場合、たとえオートチャージ設定せずに利用したとしても、
10%還元分のポイント
が乗車の度に付与されます。1.5%が霞みます。
240円分乗れば24ポイント。同区間で10回乗れば、次は「タダ」になる寸法です。ちなみにSAPICAの場合、ポイントをいちいちチャージしたりする手間もありません。
運賃 < ポイント残額
この状態になったら、自動的にポイントを使って清算されるのです!
sapica201606
(拡大可能)

これは実際のSAPICA利用明細ですが、地下鉄から一定時間内に市電に乗りかえると、90円で済んでしまう(!)んですが、その90円より残りポイント数が多かったので、90ポイントで運賃が決済されております。
運賃 90円 < 残り 130ポイント

今まで貯めてきたSAPICAポイントが活きた瞬間です!
貯めたといっても、今回と2年前の1回だけです。SAPICAのポイントがすぐ貯まって、利用出来てしまう実例です。
これに「SAPICAオートチャージ設定」してやれば、任意のクレジットカードからチャージ出来、そのカードのポイントも付く訳です。
10%割引+1%(1%還元のクレジットカードをオートチャージ設定した場合)=11%還元
ところがビックカメラSuicaカードをはじめとした「ビューカード」では、SAPICAオートチャージに関してはポイント付与対象外としております!nanacoや楽天Edyへのチャージをポイント対象外にしているクレジットカードは多いのですが、札幌地区限定の交通系ICカードを名指しでチャージポイント対象外にしているのはビューカードぐらいです(笑)

道内ではSAPICAを「電子マネー」として使える店が結構あります。が、SAPICAポイントは残念ながら付きません、一部を除いて…。でも、オートチャージ設定していれば、間接的にクレジットカードで払っているのと同じ事になります!
ポイントが付与される「一部」のSAPICA加盟店ですが、それは
札幌市内のセイコーマート
です。道内ではセブンイレブンより愛されているコンビニ「セイコーマート」、札幌市内の店舗だけSAPICAでの支払も出来、SAPICAポイントまで還元されます。
還元率は
200円で1ポイント
と標準的な電子マネーの還元率。これが交通利用で貯まるSAPICAポイントに加わり、札幌市内の交通機関の「割引」に結びつきます。
なので1%還元のクレジットカードをSAPICAオートチャージに設定してやると、札幌市内のセイコーマートでは合計1.5%還元さていることになります。上のSAPICA利用明細で「物販」でポイントが付いているものはセイコーマートを利用したからです。
ちなみにセイコーマートは殆ど北海道でしか見かけませんが、謎に茨城県と埼玉県の一部地域にもあります。その辺の情報をまとめた以下のエントリー、気になる方はチェックして見てください。
参考:関東人のためのセイコーマート全ガイド【Edy/SAPICA】

ではSAPICAにオートチャージ設定するカードとしては何が適当か?
SAPICAに関するポイント付与に関しての情報は殆ど無いので、おそらくお使いのメインカードをそのまま設定して大丈夫かと思います。
ひとつ比較的還元率も高く、SAPICAオートチャージで「若干」有利なこともあるカードをご紹介致します。

東急カードです。東京の「東急」がなぜ、札幌で有利なのか?

参考:SAPICAオートチャージでキャンペーンのある東急カード【札幌遠征用に】

実にSAPICAオートチャージでプレゼントの当たるキャンペーンをこのところ毎年実施しているんですね!上のエントリーにも書いてありますがSAPICAに加盟しているバス会社「じょうてつ」が東急系なこともあり、どうやらこういった優遇を行っているようです。
また札幌の駅前には東急百貨店もあるので、東急カードを持っていればカードの利用とは別にTOKYUポイントが貯まります。お土産を東急で買って帰るという用途にも使えますね。このカードなら3%~10%分もポイントが付きます。

東急カードを作れば首都圏でも大活躍間違いなしです。
1枚のPASMOで7社のポイントを貯める方法【チャージ&利用を最適化】
PASMOを最大限生かしたい向きには核となるクレジットカードです。Masterブランドを選べば、Edyやnanacoへのチャージでもポイント付与される1%還元カードですので、東急沿線以外にお住まいの方にもオススメできるカードです。貯まったポイントは1ポイントからTOKYU POINT加盟店で使える他、10ポイント=10円分からPASMOへのチャージも可能です。

sapicasugocajq

筆者は東急提携のJALカードと、どちらをチャージ元にするか悩みましたが「JQカードエポス」の方を、SAPICAオートチャージ設定しました。 ちなみにJALカード TOKYU POINT CllubQの方は、東急カードの一種でもあるんですが、SAPICAオートチャージキャンペーンの対象外です(それも今回のSAPICAオートチャージ設定「落選」の理由の一端です)。
JR九州提携のカードで北海道のICカードにオートチャージする千葉県人…もはや何が何やら。
JQカードやからSUGOCAにもオートチャージできる、と!
次、九州に行く際はSUGOCAへの紐づけも完了させ、北海道と九州両方ともオートチャージ圏内に収めておきたいと思います。

「JQカードエポス」は貯まったポイントを100ポイント単位でGポイントに交換出来、そこから様々なポイントに交換出来ます。
東京メトロ提携のANAカード、通称「ソラチカカード」をお持ちの方なら、これらSAPICAやSUGOCAへのオートチャージ分も、Gポイント経由でANAマイルに高レートで交換出来ます。
JQ 100ポイント → Gポイント 100ポイント → メトロ 100ポイント → ANA 90マイル
ちなみに「Edy」や「モバイルSuica」にもチャージでポイントが貯まり、リボ払いにすれば1%還元されます。
参考:Edy&モバイルSuicaチャージNo.1はエポスカード
そして、エポスカードは実はリボ払いにしても、実質金利手数料ナシでポイント倍にすることも可能なんです。
参考:エポスはリボ金利手数料ゼロでポイント倍も可能

「JQカードエポス」を作ると、「JQポイント」と「エポスポイント」の相互交換も可能になって参りますので、まずはエポスカードを作って、入会キャンペーンでポイントもらってから「JQカードエポス」に切り替えるのがオススメです。

筆者もそのパターンで、エポスカードの入会キャンペーンで頂いたポイントを最終的にJQポイントに移行しました。早めに切りかえると、移行することもなく、エポスカードの入会キャンペーンポイントがそのままJQポイントに付与される形になります。

「JQカード」はいっぱい提携カードを出しているので、使い方によっては凄いことになります。ただし複数のJQカードの「JQポイント」をひとつにまとめることは直接的には出来ません。
Gポイント
ところがGポイントとJQポイントの相互交換が2016年春にスタートしたことにより、Gポイントを介して、「各種JQカードのポイントをGポイントにまとめる」ことによって、疑似的にそれが可能になってしまっております。
ただ、Gポイントに登録出来るJQポイント口座は1個だけなので、別のカードを交換するたびに「解除・登録」を繰り返す、めんどくさい作業を必要としますが…それさえ、乗り越えれば豊富なJQカードの提携先を全部我が物にすることも可能です。

たとえば一例。

こちらの「JMB JQ SUGOCA」はJALとの提携JQカードですが、年間2万マイルまでですが、
「JAL 10,000マイル → ANA9,000マイル」
に交換できるカードとして、密かにプチブレイクしております。
参考:JMB WAONで貯めたJALマイルをANAマイル化!?
勿論、そういった利用方法もいいのですが、「JQカードエポス」と組み合わせれば、
「JALマイルをプリペイドカードにチャージしてクレジットカードのように使う」
なんてことが出来てしまいます!

このカードのユーザーのみ、JALマイルをJQポイントに等価交換出来ますので、まずはJQポイントに交換し、Gポイントを介して、「JQカードエポス」側のJQポイントに流し込みます。

JALマイル 10,000マイル → JQポイント 10,000ポイント → Gポイント 10,000ポイント → JQポイント 9,000ポイント → エポスポイント 9,000ポイント → エポスプリペイドカードに9,000円分チャージ

「JQカードエポス」側のJQポイントに交換する際、10%ほど減額されますが、10,000マイルを9,000円分としてクレジットカード利用可能区域で運用することが間接的に可能になる訳です。
ものすごい複雑な手順に見えますが、「JQポイント ⇔ Gポイント」間は1〜2日程度でポイント交換完了しますし、JQからエポスポイントへの交換も迅速です。

エポスカードは家電の「ノジマ」での買い物が常時ポイント5倍(リボで6倍=実質3%還元)になるカードなんですが、このノジマの利用で貯めたポイントを他の家電量販店のポイントにGポイント経由で交換して合流させたりすることも可能となってきます。
「エディオン」では単純にGポイントをTポイントに交換すればOK。「ビックカメラ」では「ビックカメラJQ SUGOCAカード」を作れば可能ですね。そして「ヤマダ電機」へは、「JQカードカードセゾン」及びヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードを合わせて作れば可能です。JQカードセゾンはJQポイントを「永久不滅ポイント」に交換出来ますので、その永久不滅ポイントを前述のセゾンカード口座に迎え入れます。そうすれば永久不滅ポイントをヤマダポイントに交換出来てしまいます。
「ジョーシン」は更に簡単。Gポイントから直接交換可能です。

「JQカード」と「エポスカード」は共に奥が深いんですが、そのハーフである「JQカードエポス」はとにかくヤバい!
Gポイントを介すれば、それこそ、あらゆるクレジットカードのポイントとやり取りできるようになりますから。なので、そこへ照準を合わせるため、「SAPICAオートチャージ」も「SUGOCAオートチャージ」もJQカードエポスにしてみたんです。エポスカードならEdyやモバイルSuicaへのチャージでもポイントが付きますし、「JQカード」ならSUGOCAへだってオートチャージ出来、ポイント還元されます。
他のJQカードはSUGOCAへのオートチャージは一律、還元率が「0.5%」なんですが、「JQカードエポス」の場合、リボで倍技を使えば「1%」になってしまいます…。そして、これらの電子マネーチャージで貯めたポイントもGポイントを介して縦横無尽に活用出来てしまうのです。

記事が「役立った」と思ったら1票投じ下さい。マリーンズのblogランキングに飛びます。

SAPICAの弱点は、他の地域で使えないところ。チャージ残額があっても帰ってきてからの電車利用などにも使えないので、次に行くまで残ったままになってしまいます…九州の「SUGOCA」、或は大阪の「ICOCA(スマートICOCA)」なら首都圏でも利用可能です!

posted by mansengo at 22:09 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。