今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2016年03月05日

あのBarは楽天カードポイントPayを使える店だったのか…【小さなお店でも】

barrakusp

地元の割と新しいBarに行った。今時な感じで、大型プロジェクターで視聴できるスペースも用意されていた。実際行こうと思ったら、前のグループが貸切で入っており、22時を過ぎていたけど10分程入れ替えのため外で待たされた…。
雰囲気は良かったです。Free Wi-Fiも完備だったし。まずはカジュアルなベルギービールをグラスに注いで…。

後日。クレジットカードの明細に上がってくる見慣れない
「ラクテンSP」という文字。

rakuspmeisai

あそこは楽天スマートペイだったのか!?

楽天スマートペイ…競合は「Square」になりますでしょうか。
「SQ*◯◯◯◯」
なんていう利用内容で明細に出てきます。スマートフォンやタブレットなどを使った、簡易決済システムを利用しているお店です。 Square加盟店には既に何件か遭いましたが、楽天スマートペイ導入店は始めてでした。
こういったクレジットカード決済の導入がコスト的に難しかった、小規模な飲食店でもクレジットカード決済出来るようになってきたことは喜ばしいことです。

でも…
「あそこは楽天スマートペイってことは、もしかして楽天スーパーポイントでも支払えたの?だったら悔しい!!」
と、思いました。
「楽天ポイントカード加盟店」と「楽天ポイント加盟店」の違いってご存じですか?
前者はクレジットカードとは無関係に「楽天ポイントカード」を持っていれば誰にでもポイントを付けてくれる、いわゆるポイントカードですね。そして後者は楽天カードで決済すると、ポイントが2倍、3倍とアップする加盟店。といっても、楽天カードで決済してポイントが多めに付くといってもポイントが使えるわけではありません。

では、楽天カードを使って、なおかつ楽天スーパーポイントも利用できるケースなんて、あるのか?そりゃー「楽天カード」と「楽天ポイントカード」を両方出せば可能ですよね。そうじゃなくて、楽天ポイントカード加盟店でもなく、カードしか使えない場所で、楽天スーパーポイントを使えるケースなんて、あるのか?
この答え、判ります?

正解は「ある」です。

まだ始まったばかり(2016年2月スタート)なので、あまりそういうケースに遭うことは、まず無いと思うのですが、「ラクテンSP」と明細に出てくる店はその可能性があるということです。

その名も、
楽天カードポイントPay

参考:楽天スマートペイ:楽天カードポイントPay ご利用可能店一覧

2016年2月現在、船橋はおろか、千葉県には1件も「ご利用可能店」は無かった…。いまのところ東京・大阪・福岡に集中しております。
ただ、どうも、いろいろ検索してみると
「楽天スマートペイ加盟店なら、どこでも楽天カードポイントPayを利用できる」
というのが本筋のようです。上記ご利用可能店の一覧の方に漏れがある訳ですね。(やっぱり、あのBarでは楽天スーパーポイントを使えたのに、使わなかったということか…悔しい!)

ただ、いつでも「楽天カードポイントPay」を使える状態にしておかねばなりません。設定方法は、

楽天カード管理画面「e-Navi」→「各種お申込み」→「楽天カードポイントPay」をみつけだし、クリック。

遷移した画面で、利用するポイントの上限を決める箇所があります。
rakucpps

「上限を設定しない」というところを、100〜20,000の間で数値変動させることが出来ます。
楽天カードポイントPayの難しいところは、店頭で希望のポイント消費数を告げるのではなく、ここで上限を設定するポイント数がある限り、全て引きぼられるということ!
店側の簡易端末ではポイントに関する操作は一切出来ないようなので、ユーザー側が自身の管理画面ですべて完結させるということですね。
たとえば、こちらで上限を5,000に設定したとしましょう。お会計が7,000円でした。この場合
「期間限定ポイントが2,000あるから、2,000だけ使おう」
なんて思っていても叶わず、問答無用で5,000ポイント利用されていることになります。

7,000円 = 5,000ポイント(楽天カードポイントPayの上限設定額)+2,000円(楽天カード決済)

使い方がムズいですね…。
でも「楽天スーパーポイントを日本一使いこなす男(自称)」としては、四の五の言ってられません。次にこのBarに行ったら、問答無用で楽天カードポイントPay払い。マスターが「そんなの知りません」と言おうが、端末を奪い取ってセルフ決済する覚悟で突撃します。
(「楽天スーパーポイントを使って支払います」と告げて、店側の端末のアプリが最新のものにバージョンアップされていれば、店員がトンチキでもポイント減算の上、自動的にカード決済されるようです。勿論、E-Naviで正しく設定出来ていればの話ですが…)
楽天ポイントカードに関しては北は釧路から、南は熊本の小ぶりな飲食店まで行って、店側が「よく判りません」と言っても、肩を叩いて「君ならきっと出来るはず」と励まして、楽天スーパーポイント決済させてきましたから(10分ぐらいかかったけどさぁ…どんだけ楽天ポイントカードの普及に貢献してんの、俺!)。
しかし、このBarのように、一覧表にも掲載されていない「楽天スマートペイ加盟店」の場合、事前準備のしようがないのだから現状は難しいですよね…。

【2016年5月追記】
実際に「楽天カードポイントPay」使ってみました。一覧表に掲載されていないお店でも使えました!実際は店員さんにポイントを使うことを告げる必要もなく、楽天カードで支払うだけでポイントを利用出来てしまいました。
楽天カード払いでポイントが使えるBar

「楽天経済圏」は確実に広がりつつある!個人運営の飲み屋までも、楽天スーパーポイントは使えるようになってきているのだ。
「楽天カードポイントPay」を使うためには、当然ながら 楽天カード必須。今のカードには「Edy」のほかに「楽天ポイントカード」機能も付いているので、これ1枚でほぼ「楽天経済圏」に対応可能になります。
・楽天カード (◯)
・楽天Edy
・楽天ポイントカード
・楽天ポイント加盟店 (◯)
・楽天カードポイントPay (◯)
↑ この5種類を君は使い分けられるか!?(◯印が付いているものは、楽天カードが無いと使えないサービス。他は代替可能)

 
「カード決済を導入したいんだけどコストがなぁ…」とお悩みの事業主の皆さん!「楽天スマートペイ」なら月額費用はかかりませんよ!クレジットカード決済を導入できるだけじゃなく、客に楽天スーパーポイントを使わせることも出来るんですから!導入してくれたら、とりあえず僕は飲みに行きます(もちろん楽天スーパーポイント払いで)。
※ちなみに電子マネーをお店に導入したい方はこちらのエントリーも参照下さい。
iD・QUIC Payをビジネスで利用しよう(下の方に記述しております)

posted by mansengo at 23:31 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。