今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!5月末まで無料。
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2015年12月11日

おさいふPontaへ無料チャージ出来て、ポイントも付くカード

ローソンの決済手段が多様化してきております。
12月に「dポイント」を導入したことによって、ドコモのdポイントでも商品を買えるようになりました。さらに12月15日からは「WAON」にも対応開始します。先月までは幻の「VISA touch」「Smartplus」決済が出来たんですが、こちらの取扱をいよいよ終了させて、WAONに切り替えた模様です。ローソンでおサイフケータイをかざすと、スマホに入っている各電子マネーのロゴが表示されて、自分で選択して決済する形になります。ガラケー時代は「Smartplus」以外のロゴをフル表示させて、たまには「VISA touch」選択決済していた私と致しましても、感慨深いものがあります。(「VISA touch」「Smartplus」両方入れるには、最低それ用に2つクレジットカードが必要になりますから、さすがにそこまでやった方は日本に数人(十数人?)ぐらいしかいないと思われます。つーか電源入れてない幽霊加盟店も多かったですから!)

そんなこんなで忘れそうになってしまうのが先月(2015年11月)、「おさいふPonta」をリリースしたことですよね。
こちらは主に店頭レジで現金チャージして使う「プリペイドカード」に属するものですが、JCBマークが付いており、クレジットカードでもないのにチャージ額の範囲内でJCB加盟店でお買い物出来てしまう、といった代物です。クレジットカードを持っていないけど、カード加盟店でお買い物したい…といった方々には魅力的な部分があるんですが、「還元率」などにこだわる層には見向きもされませんでした(笑)

JCB加盟店での利用… 500円ごとに1Ponta(0.2%)
ローソンでの利用…100円ごとに1Ponta(1%)

ローソン以外でのPonta加盟店でも「提示」することによって、ポイントの加算や利用が出来るはずだったんですが、シェル石油ではPontaポイントカードとしても機能しません(ガソリンスタンドはプリペイドカード自体決済にも使えないんで、JCBカードの代用としても決済不可)。
Pontaの中核は当初から加盟していた「ローソン」「昭和シェル」「GEO」が御三家だと思うんですが、御三家の一角でも全く使い物にならないといった「本当にPontaカードなの?」といった弱みを見せてしまいました。
 
↑ シェル石油でPontaが貯められるシェルPontaクレジットカードは、どこで利用しても(VISA加盟店なら)1%分のPontaが還元されるカードです。シェルでは100円につき1ポイント+リッターあたり1ポイントのW付与になります(さらに現金払い同様の会員価格で給油出来ます)。
ローソンなど他Ponta加盟店では100円につき1ポイント+Ponta提示分のポイント(100円、または200円につき1ポイント)が付きます(現金でしか支払えない加盟店の場合は提示分のみ)。
シェル石油でクレカ払いなのに、会員価格で決済して、Pontaも付ける方法「Easy Pay」

さて、そんな「おさいふPonta」ですが、クレジットカードからのチャージにも対応しております。ところが…

osaifuponta 

おさいふPontaへのチャージに使えるクレジットカードの一覧(上表)をご覧下さい。クレディセゾン発行以外のクレジットカードもAMEXが使えないぐらいで、VISA・Master・JCBブランドのカードからはチャージ出来るわけで、幅広いカードにチャージ対応していると思うんですが…
右端の「チャージ事務処理手数料」をご覧下さい。
200円(税抜)
といった表示があると思います。そうなんです、チャージの度に200円取られてしまうんです(税抜なので実際は216円)。これであれば例えチャージでクレジットカードのポイントを稼げても、あえてクレジットカードからチャージされる方はいらっしゃいませんよね。

クレディセゾンのカードのみAMEXブランドまで対応し、無料でチャージ可能なんですが、
「おさいふPontaにチャージしても、永久不滅ポイントの積算対象外です」
というお達しが、きっちり出てしまっております。
「クレジットカードからチャージしても、全く意味が無いプリペイドカードなのか…」
いや、数は少ないんですが、
「無料でチャージ出来て、ポイントが付与されるクレジットカード」
があります。以下の要件を満たせばOKです。
「クレディセゾン発行のクレジットカードで、永久不滅ポイント積算対象外のカード(ただしマイレージプラスは除く)」
「ココカラクラブカード」と同様に、永久不滅ポイントが貯まらないタイプの「セゾンカード」だったら、いいわけです!
ココカラクラブカードにチャージ出来るセゾンカードが電子マネー守備範囲最強


実際こちらのJMBローソンPontaカードVisaで、実行してみました。
実際にこのカードから1万円分チャージしたら、翌月きっちり「50ポイント」付与されておりました!
この場合の還元率は次のような形となります。
(JCB加盟店)JMBローソンPontaカードVISAの還元率0.5%+おさいふPontaの還元率0.2%=0.7%
(ローソン)JMBローソンPontaカードVISAの還元率0.5%(チャージ分)+おさいふPontaの還元率=1.5%

ローソンでは、このカードを直接出せば、
100円につき2ポイント+JAL200円につき1マイル
付与されますから、絶対におさいふPontaでは払わないようにしましょう(笑)
しかし、その他の「JCBカード加盟店」では、本来ならカード決済したら0.5%還元しかされないところ、「合計0.7%」まで還元率を高められるようになります。
勿論上記で紹介したシェルPontaクレジットカード なら、どこで利用しても1%分のPontaが貯まるので、この組み合わせでも基本還元率的には太刀打ち出来ないんですが、「おさいふPonta独自の利用キャンペーン」が行われることもあると思うので、それ狙いで使う時と使い分けが出来るようになると思います。

実際現在このようなスタートダッシュキャンペーンが行われております。
キャンペーン|おさいふPonta
初回チャージで1,000円分が1万人に、1万円分以上の買い物で1,000人に1万円分が当たるキャンペーンが4カ月連続で行われております。
特に後者は額も大きいのでチャレンジを躊躇う人も多い分、「穴場」的な「当選確率」になる匂いがしてきます。
「おさいふPontaは使いどころが無い」
と思われれば思われる程、こういったキャンペーンでは当選確率が上がっていくことになります。
実際はJCB加盟店で1万使いさえすればいいので、普段クレジットカードを使う局面を、このおさいふPontaに1万円分だけ振り分けてやればいいだけのことです。その部分でもチャージでポイントを稼いじゃいましょう!
【追記】実際に当たりました!→おさいふPontaで1万円が当たった!

キャンペーン以外にもメリットがあります。それは普段使っているクレジットカードの「ダミー」としても機能することです。怪しいネットショップ(外国などの)で欲しいものが見つかった時、クレジットカードの番号を入れるのはセキュリティー的にどうかと思うじゃないですか。プリペイドカードなら、小出しにしてチャージできるので被害も最小限に食い止められますし、万が一不正利用された場合も、クレジットカードに比べてカード停止&廃棄のプロセスが楽です。

という訳で、局面局面では「おさいふPonta」が使える場面があるということと、それに対して無料でチャージ出来て、なおかつポイントが貯まるカードもあるよ、という話でした。

posted by mansengo at 11:24 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。