今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!5月末まで無料。
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2015年01月23日

楽天カードからのEdyチャージが一番お得かもしれない理由

Edy・nanaco・WAONへのチャージはこのカードで決まり!【最新電子マネーチャージノウハウ全集】

上記のエントリーで、Edyにチャージしたらポイントが付与されるクレジットカードの情報を配信しております。「還元率」が一つのキーワードになっております。1,000円分チャージしたら、いくらポイントバックがあるのか?そして、そのポイントはどのように使えるのか?
還元率が良くても、そのポイントの使い道が狭いと「持っていても仕方がないカード」になってしまいます…。

昨年末ぐらいから、楽天カードでもEdyへのチャージでもポイント付与されるようになりました(以前付けていた時期があるので「復活」ですね)。楽天カードは基本100円で1ポイントなんですが、ことEdyチャージに限り、200円で1ポイントと「0.5%」に還元率を落としております。チャージ後Edyを使えば、更に200円で1ポイント貯められますから、チャージ+利用で合計1%ですが、見た目の還元率的にはパッとしなかったりします。

ところが楽天カードは常にこんなキャンペーンを打っていたりします。
rakutenedy20150121

楽天カードを所持後、管理画面の「E-Navi」にログインしてみると、多数のキャンペーンが行われていることに気付くと思います。
Edy絡みのキャンペーンも常に行われています。現在行われているものは、2015年1月21日〜2月28日のものですが、「いつでもEdyチャージ」設定をして、3,000円分チャージするだけで500ポイントバックです。

「いつでもEdyチャージ」は、たとえばPaSoRiや楽天Edyリーダー、或は「おサイフケータイ」を持っていなくても、カードからEdyにチャージ出来る仕組みです。

筆者のような10年来のヘビー電子マネーユーザーにとっては、このようなリーダーやおサイフケータイは「マストアイテム」だったので、「いつでもEdyチャージ」という仕組みにそれほど魅力を感じていなかったんですが、リーダーを持っていない、或は「スマホはiPhone だ」、という方にはかなり使える仕組みだと思います。
※iPhoneの方で「いつでもEdyチャージ」を使わずにEdyチャージしたい場合→いつでもどこでもiPhone/iPadで楽天Edyにチャージ!iPhone/iPadでEdyチャージができるリーダー...

「E-Navi」から該当の「Edyカード」(もちろん楽天カード付帯のEdyでも可。Edyを使うと貯まるポイントが楽天に設定してあるEdyのみ登録可能)を、「いつでもEdyチャージ」設定しておくと、コンビニの端末(サークルKサンクスまたはファミリーマート)や、上記の楽天EdyリーダーやPaSoRiでも常にカードからチャージされたEdyが受け取れるようになっております(リーダー類なら家にいても受け取れます)。常にEdyギフトが届いている状態になり、最初は「ギョッ」としますが、受取作業をしない限りはチャージされませんので、ご安心めされ。

やや普通のクレジットカードからのチャージより劣る面は、チャージ金額が「3,000円・5,000円・10,000円」の3種類しか用意されていない面ですかね。※「いつでもEdyチャージ」設定せずにリーダーを使えば、1,000円から1,000円単位で、25,000円分までチャージ可能です。

でも今回は「いつでもEdyチャージ」経由なら3,000円チャージしただけで500ポイント還元ですからね…キャンペーンで16.6%もの期間限定ポイント、さらに通常のEdyチャージ分のポイントも当然ながら0.5%付きますので、合計17.1%です。Edyにチャージするだけで2割近いポイントが返ってくることになります。(※キャンペーンポイントは期間中1回分のチャージに対してしか付きません)

楽天カードは常に「いつでもEdyチャージ」絡みのキャンペーンを打っております。昨年末も3,000円チャージで500、10,000円チャージで1200ポイント…なんていうキャンペーンを打っていた記憶があります。
これに対応するには、キャンペーン期間中「いつでもEdyチャージ」登録できるよう、普段は解除しておくことです。便利なので、ずーっとそのままにしてしまう可能性が高いと思うんですが、「いつでもEdyチャージ」キャンペーンの対象者は、その時点で「いつでもEdyチャージ」設定していない方に限られます。
普段は別の経路でクレジットカードからのEdyチャージ出来る者は、「いつでもEdyチャージ」に頼らなくても済むので、このキャンペーンにもありつき、終了したら常に「いつでもEdyチャージ」解除できる(他のチャージ手段が確保されている)ので、再びキャンペーンにありつけるようになるのです。そういう意味でも、PaSoRiやEdyリーダー、おサイフケータイは「Edyでポイントを荒稼ぎ」したい方にも「マストアイテム」なのかもしれません…。


楽天カード :現在行われている入会キャンペーン
つまり楽天カードは、表向きのEdyチャージ還元率こそ「0.5%」という低い数値を装っておりますが、実質は電子マネーチャージで「最強」いや
”最狂”
クラスの暴威を振るうカードでもあるんです。JCBブランドを選べば、nanacoチャージにも対応し1%還元されます。それどころか、「楽天バーチャルプリペイドカード」を購入すると、本来はMasterブランドのカードでしかチャージ出来ない「au WALLET」「WebMoney Card」にまでチャージ可能になってしまいます(バーチャルプリペイドカードの国際ブランドがMasterなため)。バーチャルプルペイドカードの購入に対しても、よく2%〜3%のボーナスポイントを付けるキャンペーンを打ってきますので、これらへのチャージ還元率も同様になります。

いまや楽天スーパーポイントはリアルでも使えるようになり、「楽天経済圏」は確実に広がりつつあります。
楽天Edyとスーパーポイントの相互交換!
楽天カードか、おサイフケータイさえ持っていれば、いつだって楽天スーパーポイントはEdyにも替えられるんです(その逆も可能。ただし期間限定ポイントは不可。交換する時も大体キャンペーンがあって割増になる…笑)
ポイントの「使い道」にも困ることは無くなってきていると思うし、むしろポイントを「買いたい!」という需要まで広がってきております。
Rポイントカード(楽天ポイントカード)とEdyの併用&オール2割引「合わせ技」
↑ ドン・キホーテで楽天スーパーポイント(他POSAカード)を購入する際の超絶テクニックです。Docomo利用者なら、あらゆるネット上のポイントをDocomoポイント経由にして、楽天スーパーポイントをブースト出来ます。

楽天カードは豊富なキャンペーンを活かせば、電子マネーチャージに関しても「もっとも使えるカード」の1枚であることは間違いないと思います。
「楽天カードだなんて、恥ずかしい…」
という方も、普段は机の中にしまっておいて、電子マネーへのチャージにだけ使ってもいいんじゃないですか?
いいんです!
(nanacoチャージにばかり使っていると、カード停止の恐れもあるので、ホドホドに…)

posted by mansengo at 10:41 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。