今年のマリーンズ戦視聴はスポナビライブで決まり!
詳しくは→今年のパ・リーグ全試合を大画面フルHDで視聴して、月額980〜1,480円で収める方法エントリーをご参照下さい。
2014年04月01日

コンビニで使える電子マネー比較一覧表

QVCマリンフィールドで新たに使えるようになったnanaco、WAON、SuicaやPASMO、更には以前から利用可能だった楽天edyは、他にどんなところで使えるのか?
関東地域のコンビニで使える電子マネーを比較してみましょう。

★最新情報が入り次第、随時・追記中!

2016年2月より、ミニストップで「WAON」による収納代行、ギフトカード・切手・印紙類の購入、ゆうパックの支払が可能に!

2015年12月15日より、ローソンで「WAON」利用可能に!

2015年6月〜 ローソンで「DCMXカード」「DCMX mini」で決済すると、全品3%割引!

関東地区の主要コンビニ電子マネー対応表
  nanaco Edy WAON Suica
(PASMO)
iD QUIC Pay クレジットカード
セブンイレブン  
ANA
ローソン  
ファミリーマート   ◯オ JAL
JAL
サークルKサンクス  
ミニストップ   ◎オ
デイリーヤマザキ    
スリーエフ     S    
ポプラ(スリーエイト・生活彩家)  
ココストア      
ANA
セイコーマート  
セーブオン    

◎=ほぼ店における全ての支払に対応している支払方法(下記参照)
△=埼玉・群馬の店舗のみ導入 
☆=ANA/JALなどのマイレージ優待あり→ファミマ、JALとの提携によりJMB WAONカードの優待あり。
=楽天スーパーポイント優遇あり。
S=Suicaの利用により、Suicaポイント付与あり。
オ=一部カードにオートチャージ機能提供
●=ココストアは沖縄地区は楽天Edyに対応しているが、関東地区は未対応
セイコーマートは札幌市内ならSAPICA対応(茨城・埼玉はEdyのみ) →関東人のためのセイコーマート全ガイド【Edy/SAPICA】
サークルK サンクスは「ユニコ」も使えます。
ファミリーマートは「Tマネー」も使えます。

永久保存版!ここをブックマークしておき、店の前でスマホで確認して下さい(笑)

【セブンイレブン】
かつてはnanacoとQUIC Payだけで行くのかと思わせる時期もありましたが、途中路線変更して広く門戸を開放。今ではライバル会社の「WAON」以外は主要なもの全てに対応しているといって過言ではないでしょう。 

クレジットカードの中には、セブンイレブン決済でポイントが倍になったり、3倍になったりするものもあります。JCBカード オリジナルシリーズや、セゾンカードインターナショナルがそうですね。JCBカードはamazonやスターバックスでもボーナス還元がありますので、セブンイレブンと、それらをよく使う方にはオススメのカードでもあります。(また、JCBカードの利用で貯めたOkiDokiポイントは、交換せずに直接amazonでの買い物に使えます!!)
参考:セゾンカードでセブンイレブン・イトーヨーカドー1.5%に出来る年会費無料カードの比較

<2014年6月追記>
セブンイレブンは2014年5月にサービス開始された「au WALLET」の特約店でもあります。「au WALLET」は、他のマスターカード加盟店での決済では200円につき1ポイントですが、セブンイレブンでは200円で2ポイントになります。またau以外のユーザーは「WebMoney Card」を持つことによって同様の決済が可能です。こちらはWEB MONEYカードケースアプリを利用することによって、最大2.01%の還元を受けることが可能です。のみならず、これらにクレジットカードからチャージすると、そのクレジットカードのポイントまで頂けてしまうケースも出てきております。詳しくは以下のエントリー参照下さい。
WebMoney Cardへのチャージでポイント【auじゃなくてもau WALLETのように…】

auwalletlogo.jpg wmlogo.jpg
「au WALLET」「WebMoney Card」ともに、セブンイレブン以外でも今回紹介しているクレジットカードが使えるコンビニ全チェーンで利用可能です(なのでカードで払えない「スリーエフ」「デイリーストア」などでは使えません)。レジでは普通に「クレジットカードで払います」と言えばOKです。

<2014年2月追記>
参考:QUIC Pay(nanaco)登場…セブンカード以外にも、JCBカード所持者なら、お手持ちのnanacoカードにQUIC Payの機能を搭載することが可能になりました。こちらをセブンレイブンで使うと、カードのポイントとは別に
200円で1nanacoポイントのポイントを別途もらえるようになりました!
おサイフケータイを持っていない方でも、手持ちのnanacoカードをQUIC Pay化できるメリットもあります。
参考記事:チャージでポイントが貯まらないJCBカードでチャージして、かなり得する方法【nanacoもSuicaも】

またnanacoの場合、「収納代行」などのバーコードによる支払にも対応しているところがミソです。
「収納代行では、nanacoポイントは付きませんよ」
と店の方に念押しされますが、クレジットカードからチャージしたnanacoで支払えば、クレジットカードのポイントの分だけはポイントが確保されますので、クレジットカードでは支払えない税金・国民健康保険などの支払でポイント還元を受けられることになります。

quicpaynanacomark
セブンイレブンはANAと提携しており、ANAカード特約店でもあります。nanacoポイントはANAマイルと1:2という比較的いいレートで交換できますし、ANAカードを使って決済すると、カード利用で貯まるポイント(ANAマイル)以外にも、200円で1マイル付与してくれます。
これに更に「QUIC Pay(nanaco)」を付けると、ANAマイル還元が最強になります。
ソラチカカードを作り、さらに「QUIC Pay(nanaco)」を申し込むと、その「QUIC Pay(nanaco)」でセブンイレブンで決済すると、次のポイントが付くことになります。
・1,000円で1OkiDokiポイント(→10ANAマイルに交換可能)
・ANAカード特約店 200円で1マイル
・セブンイレブン利用で「QUIC Pay(nanaco)」を利用した時にだけ付与される「おまけ」 200円で1nanacoポイント→(0.5ANAマイル交換可能)
と、3つの違ったポイントが貯まり、すべてANAマイルに移行出来ます。
1,000円支払ったと考えると、17.5マイル換算になり、漢方スタイルクラブカードでnanaco決済した時を上回ります。
このカードからnanacoへのチャージではポイントが貯まりませんが、PASMOチャージではポイント(ANAマイル)を貯めることが可能です。また、東京メトロに乗るだけでもメトロポイントが貯まり、それをANAマイルにしたり、nanacoポイントに交換することも可能です。
※あるカードと組み合わせて「メトロポイント」経由で交換すると、もの凄いペースでANAマイルを貯めることが可能になります。詳しくは以下のエントリーで、その方法をご確認下さい。
PASMOチャージでポイント・マイルが貯まるカード 

【2016年7月追記】

2016年現在、セブンイレブンでの支払最強はこのカード+「ANA QUIC Pay+nanaco」の組み合わせではないかと思われます。ANAカードを持っていなくても「ANA QUIC Pay+nanaco」を作れるカードで、ANAカードよりも年会費も安いです。最終的に「nanacoポイント2.3%還元」とnanacoポイントにまとめることも可能です。詳しくは以下エントリー参照下さい。
ANAカードを持たずにANA QUIC Pay+nanacoを利用する方法【年会費も安くなる】

【ローソン】
こちらも「nanaco」「WAON」以外はすべて使えます(追記:2015年12月15日、「WAON」対応開始)。またローソンは、どの電子マネーを使ってもストアポイント(Ponta、またはdポイント)を獲得することが可能です。 
 

2014年7月30日より、リクルートポイントとPontaの相互交換が開始(来年には統合)されたことによって、ローソンの利用でリクルートカードを活用するのが還元率を最大に高められる方法です。リクルートカードの利用で貯まったリクルートポイントをPontaに集約します。
年会費2,000円の「リクルートカードプラス」なら、提示1%+利用2%=3%還元が確保されます。
年会費無料の「リクルートカードVISA」の場合、提示1%+リクルートカードVISA1.2%=2.2%。「リクルートカードVISA」から「Pontaが貯まる設定にしてあるおサフケータイのEdy」にチャージしてやると別途0.5%稼げますので、
提示1%+チャージ1.2%+Edyでの購入0.5%=2.7%
プラスの3%には及びませんが、年会費無料カードの組み合わせだけで、こんなにPontaが貯められてしまいます!(リクルートカードプラスはEdyチャージしてもポイント付与されないので注意!)
リクルートカード_PC
リクルートカードを作れば、貯めたポイントを全てPonta化させることが可能。JALマイルへ交換することも可能です!

Pontaを貯める上にあたって、すべてのカードの利用でPontaの還元率を高めたい場合はPonta premium Plusがオススメです。通常還元率では常に1%以上(条件によっては2%)付与される、こちらのカードの利用も魅力的です。
 


 
こちらもPontaが貯まるカードとして新登場のシェルPontaクレジットカード 。年会費実質無料で1%還元確保!Ponta機能付き年会費無料カードの中では最強ですね。もちろんシェルでは割引+ポイント2倍になります。

ローソンには「お試し引換券」というシステムがあり、Pontaポイントでお店オススメの商品と取りかえられるのですが、これがポイントの2倍〜3倍の価格のものと交換出来るので、かなりお得です(また、少ないポイントで商品と交換出来るので、使いやすいポイントと言えるでしょう)。これをポイントのゴールに設定するのであれば、Pontaの還元率は見た目の2倍、3倍にもなります!
  
new 2015年6月より、ドコモとローソンの提携が強化され、ローソンで「dカード」「dカードiD」「dカードmini」で決済すると、全商品3%割引されることになりました!
さらに2015年12月には「Ponta」と「dポイント(ドコモポイントから名称変更)」の相互交換も始まり、またdポイントがローソンで直接使えたり、貯まったりするようになります。dポイントカードを提示し、dカードで決済すると何と5%還元!!
詳しくは以下の報道資料、参考下さい。
報道発表資料 : NTTドコモとローソンの業務提携合意について | お知らせ | NTTドコモ

従って、「dカード」を持っていれば、ローソンでの決済は2015年6月から4%還元をスタートさせております。これにdポイントカード(dカードにも付いている)またはPontaカードを提示すれば+1%で総計5%還元。

年会費無料のdカードを持つだけで、カードでも、iD決済でも、ローソンでは5%還元可能なのです(dカードには「ポイントカード機能」「クレジット機能」「iD」全て搭載されてます)。Pontaとも相互交換も出来るようになりましたが、Ponta経由でJALマイル化も可能になります。

また、2015年12月からはWAON決済にも対応を開始したローソン。
下のミニストップの項目でも紹介しておりますが、イオンカードセレクトからオートチャージしたWAONで払えば、「チャージで0.5%+WAON利用で0.5〜1.5%」の計1〜2%を決済部分だけで貯められます。
これにPontaカードなりdポイントカード(またはdカード)を提示すれば+1%で、都合2〜3%還元になります。

JALカードからチャージしたJMB WAONで支払えば、最高で200円につき3マイル。これにPontaカードを提示すれば、100円につき1ポイントプラス出来ます。PontaとJALマイルは交換可能なので、1ponta→0.5JALマイル。合計200円で4マイル貯まることになります。

【ファミリーマート】
「nanaco」以外はすべて使えます(2014年6月24日より、ついにQUIC Pay対応!)。ローソン同様、どの決済方法においても、ストアポイントのTポイントが獲得可能です。
2014年7月から、Tポイントの付与ルールが変わり、ファミマの利用頻度に応じてポイント付与率が変わりました。前月5,000円未満の人は200円で1ポイント、前月5,000〜14,999円の人は200円で2ポイント、前月15,000円以上利用の人は200円で3ポイントとなりました。ファミマをよく利用する人には他社よりポイント還元率が高くなった反面、あまり使わない人には逆に「改悪」になってしまいました。

Tポイントは2013年7月よりYahoo!JAPANのポイントにもなりましたから、ネット上でも広範に使え、利用価値の高いポイントです。ファミマTカードで決済すると、商品によってはボーナスポイントが付いてきます。また電子マネーでは支払に制限があるのですが、ファミマTカードを持っているとほとんど全ての支払に対応可能で、Tポイントも付きます。(ストアポイントが付かないものでも、カード決済の方でTポイントが付くので。カード決済未対応で、コンビニ決済にだけ対応している通販の支払でもポイント獲得出来る事になります。)
またファミマTカードユーザーのみ割引が適用される商品、特定日のポイントアップなどもありますので、ファミマをよく使われる方なら、年会費も無料ですし、1枚持っていた方がいいと思います。

2013年7月より、Yahoo!JAPANでもTポイントが使えるようになりましたので、一部地方自治体ではTポイントで税金や水道料金・健康保険料になりました。
ファミマTカードで荒稼ぎしたボーナスTポイントで、税金の支払に充てることも可能になってきました…。


Yahoo! JAPANカードもTカード機能付きクレジットカードで、どこで利用しても1%分のTポイントを獲得出来ます。JCBブランドを選べばnanacoチャージも可能で、ポイントも付与されます。

2015年6月30日より、「Tマネー」での決済にも対応しました。これはTカードに付属している電子マネー機能で、一部のTカード加盟店ではTマネーでも支払えます(主にTSUTAYA・ドラッグストアユタカ・そしてファミマ)。チャージは現在のところ現金のみ。チャージで増量などのキャンペーンがあるので、その場合はこちらを選択した方が有利になるケースもあります。(普段は500円利用毎に1Tポイント付与)
ファミマでもサービス開始したので、近々このカードからのクレジットチャージ可能になる可能性もあると思われます。

<2013年10月追記> 2013年11月よりJALとの提携により、JALカード及び「JMB WAON」カードでの優待が始まりました!JMB WAONカードでの支払いなら、通常200円で1マイルのところが、200円で2マイルとなりました。
JALカードでの支払いでも100円で2マイル貯まることになりました。JALカードからJMB WAONへチャージして支払っても、JALカードのまま支払っても、基本200円で4マイル貯まるようになりましたが、WAONは端数が生まれやすいので、(所持している方なら)JALカードでそのまま決済してしまった方が無難です。
さらにTポイントが別途付くので、JAL&ANA、両方のマイルが貯められる状態になりますね…。
参考:WAONチャージだけで1.5%も還元する方法【WAONチャージ必勝法】

<2015年6月追記>2015年6月16日より、楽天カード付帯のEdyにオートチャージ出来る仕組みを提供し始めました。これはファミマでEdyを利用してレジで決済する際、残高が足りなくなると、自動的にチャージされるものです。現在のところ、楽天カード付帯のEdyのみ対応です。
2015年7月からキャンペーンも開始され、オートチャージすると楽天スーパーポイント200ポイントプレゼントされます!
オートチャージの設定はファミポート、もしくはPasoriや楽天Edyリーダーを用いて行います。

↑ 家でEdyにチャージしたい方は用意しておきましょう。楽天カードユーザーならファミマのオートチャージ設定も可能になります。
(他にSuicaインターネットサービスにも対応。またnanaco・WAONの残高確認も可能になります)

【サークルKサンクス】

2014年10月より、「カルワザポイント」のポイント制度が廃止され、「サークルKサンクスRポイントカード」にシステム変更されました。「Rポイントカード」(2015年11月に「楽天ポイントカード」に改称)、いわゆる楽天スーパーポイントがサークルKサンクスで貯められ、使えるようになりました!!
従来のカルワザクラブでは、登録した電子マネーでしかポイント貯められませんでしたが、現金やクレジットカードの支払いでもポイントを付けられるようになります。
そして衝撃的事実。なんと楽天の「期間限定ポイント」もサークルKサンクスで使えるようになりました!
楽天Rポイントカードは期間限定ポイントも消費出来る!

「Rポイントカード」サービスに先立ち、詳細説明ページ、及びRポイントカード登録ページが楽天ポイントクラブページ内に開設されました。100円で1ポイントの付与で、さらに上記の「+K」会員のみ、火曜日はポイント2倍に設定されております!
楽天スーパーポイントが貯まる設定の楽天EdyをサークルKサンクスで使うと、ポイント2倍で200円で2ポイント貯まるので、Rポイントカード2倍デーにEdy使うと3%還元ですね。
さらに現在ほぼ毎期行われている、楽天カードのEdyチャージキャンペーンを組み合わせれば、常に楽天3.5〜4%確保可能です!

サークルKサンクスでポイント貯めるなら、楽天カードからキャンペーン登録後チャージしたEdyで支払、併せてRポイントカード提示が基本。そして「+K」会員登録もお忘れなく… 

【ポプラ(スリーエイト・生活彩家・くらしハウス)】

こちらもサークルKサンクス同様、「Rポイントカード」(2015年11月に「楽天ポイントカード」に改称)を導入したことにより、100円の購入に付き1楽天スーパーポイントを貯められるようになりました。ボーナスポイント商品も多数用意されております。
特筆すべきは、首都圏・西日本の一部のポプラと、首都圏・関西地区の一部の生活彩家で、「楽天チェック」まで導入している店舗があることです。

seikatsusaikayawata
お店に行きさえすれば、買い物をしなくてもポイントを付けてくれるスマートフォンアプリです。アプリを起動し、「チェックイン」というところをお店の該当箇所近辺で押せば、ポイントGETです。ポプラグループの店舗が何店舗か参加しております。
「楽天チェック」導入店でEdyで買い物する場合は、1,000円購入したとすると、10ポイント(基本のRポイントカード)+5ポイント(楽天Edy)+10ポイント(楽天カードから楽天Edyへチャージした時のキャンペーンポイント)+10ポイント=35ポイント
還元率3.5%に達します。1,000円以下なら「楽天チェック」10ポイントの分だけ還元率は上がりますね!
電子マネーはEdyが楽天との絡みで有利ですが、他にも「WAON」「iD」「QUIC Pay」「交通系電子マネー(Suicaなど)」と幅広く使えますので、お好みの電子マネーと「Rポイントカード」のポイントと組み合わせ下さい。

楽天チェックアプリはAndroid版だったら「Google Playストア」から、iPhone版だったら「App Store」より入手してください。
インストールする際「招待コード」を記入する欄が現れます。

UXWZ6173

未記入でも構わない欄ですが、登録の際、上記のコードを入れて頂くと、
30ポイント
インストール&1回チェックインするだけでプレゼントされます!楽天チェックアプリのインストールがまだの方は是非試してみて下さい。 (最初の数回チェックインするだけで数百ポイントもらえますよ!!)

【ミニストップ】
ミニストップはWAONにボーナスポイントを付けたりしますので、WAONが優勢ですね。 WAONにチャージしてもポイントが付くクレジットカードはこのカードだけです↓ 
 
イオンカードセレクト(他のイオンカードはWAONにチャージ出来ても、チャージではポイントが付きません。このカードはチャージだけでもポイントが付きます。)
このカードからのチャージの仕方によってはチャージの部分だけでも還元率1.5%に達し、WAONの利用と組み合わせると常時2%分のWAONポイントを貯められるカードでもあります。詳しい方法などは以下エントリーの「WAON」の項目参照下さい。
Edy・nanaco・WAONへのチャージはこのカードで決まり!【最新電子マネーチャージノウハウ全集】
ミニストップはWAONでの支払にボーナスポイントを付ける商品も多々あるので、WAONで払うと一番得になります。
WAOポン! | MINISTOP
↑ こちらに登録することによって、値引きも受けられます!
ミニストップでは2016年2月より、収納代行、ギフトカードや切手・印紙類の購入、ゆうパックにもWAONが使えるようになりました。WAONポイントは付かないんですが、セレクトからオートチャージさせれば、その部分で間接的にポイントも稼げますね!
WAONで収納代行・POSAカード購入が可能に!【ミニストップ】
税金の支払はエポスゴールドかWAONがオススメ【nanacoより還元率高し】
実は「5日・15日・25日」の「お客様わくわくデー」の日にWAONで支払うと2倍になるのですが、「JALカードからチャージしたJMB WAON」でこの日に支払うと、税金や公共料金も2%マイル還元になってしまいます(50,000円で1,000マイル還元)。
<追記>2016年12月より、「WAON POINT」サービスがミニストップにも導入されました。これにより、WAON以外の利用でもミニストップでボーナスポイントなどの獲得も可能になりました。
ミニストップ「WAON POINT」サービス開始【WAOポン!終了】

【その他・補足】
スリーエフはファミリーマート同様Tポイントを採用しているのですが、以前は電子マネー決済にはTポイントを付けない仕組みでした。これが2013年3月には改められましたので、今ではどの電子マネー決済でもTポイントももらえます。
スリーエフは「Suicaポイント加盟店」なので、Suicaで払うと200円で1ポイントがTポイントとは別に付与されます。他のコンビニはSuicaが使えても、Suicaポイント加盟店ではないので、このポイントはもらえません。

ビューカードからSuicaにチャージすると、チャージするだけでSuicaに交換することが出来るビューサンクスポイントが1.5%付きますので、Suicaへのチャージ(1.5%)+Suicaの利用で付くSuicaポイント(0.5%)+Tポイント(0.5%)=2.5と、スリーエフでのSuica利用で常時2.5%還元可能になります。SuicaポイントとTポイントは相互交換可能ですから、どちらか一方に全てまとめることも可能な支払い方です!
ビューカードは様々なカードがあるのですが、ビックカメラSuicaカードは年間1回でも利用すると翌年度の年会費も無料になるカード(1回も使わない場合でも500円)で、さらに通常のVISA・JCB加盟店での決済でも1%貯まるカードとして特に人気があります。ビューカードを持てばモバイルSuicaの利用料も無料になりますし、メインに他のカードを持っていたとしても、Suica用に抑えておいてもいいカードだと思います。もちろんビックカメラをよく使われる方には、かなり使えるカードですよ!!
(ビックカメラのポイントもSuicaに交換出来ますし、Suicaチャージで貯めたポイントをビックのポイントに交換することも出来ます)

群馬発のセーブオンが電子マネー対応に遅れていたのですが、埼玉・群馬から導入しているので、やがて千葉でも対応するかと思います。都市部ではみかけませんが、最近ジワジワ郊外にセーブオン増えてきてますからね…。セーブオンは「ホットシェフ」というデリカテッセンを併設しているお店が多いのですが、「ホットシェフ」は元々「セイコーマート」発祥です。基本、セイコーマートは北海道のコンビニですが、茨城・埼玉にもパラパラとあります。商品価格が安く、更に会員割引なども充実しております。
参考:関東人のためのセイコーマート全ガイド【Edy/SAPICA】

【還元率勝負!】
各項目でも書きましたが、ローソンのお試し引換券のようにポイントの2倍、3倍の価値があるものもあれば、サークルKサンクス・ポプラのようにEdyのボーナスポイントやチェックインポイントまであるので、一概に数値では比較出来ません。あなたのポイントの使い勝手度も加味して比較して見て下さい。

まず単純に見た目還元率が高い方法。
リクルートカードプラスからnanacoにチャージし、セブンレイブンで決済。
Pontaにも交換可能なリクルートポイント2%と、nanacoの利用でnanacoポイントの1%、合計3%が貯まります。
セブンイレブンではQUOカードが買えるのですが、nanacoでも購入出来ちゃうんです…QUOカードは額面1万円のものは、実は10,180円分使えます。1.8%増しで、他のコンビニ、ガソリスタンドなどでも使えちゃいます(笑)なので漢方の1.75と、QUOの1.8%増し、さらにはQUOを使ったお店のストアポイントがあれば、その分も付いてくることになります。
なので、セブンイレブンでnanacoでQUOカード買って、ローソンやファミリーマートで使ってPontaやTポイントを付けてもらえるわけです。

  • リクルートカードプラス→nanacoチャージ 2%
  • セブンイレブンでnanacoを使ってQUOカード購入 1.8%
  • そのQUOカードをローソンやファミマで使う 1.0%
  • 合計4.8%

nanacoにチャージ出来て、ポイントが付与されるクレジットカードは以下のエントリーご参考下さい。
Edy・nanaco・WAONへのチャージはこのカードで決まり!【最新電子マネーチャージノウハウ全集】

この他「楽天ポイントカード」を導入したサークルKサンクスの毎週火曜日は「オール2倍」なので、 楽天カードのEdyチャージキャンペーンを活かしたEdyで払うと、MAX4%還元可能で、すべて楽天スーパーポイントにまとめられれます。
ポプラグループに至っては「楽天チェック」を導入しているお店まであるので、それと組み合わせると、常時4%超えも可能です。
(詳しくはこのエントリーの「サークルKサンクス」「ポプラ(スリーエイト・生活彩家・くらしハウス)」の項目参照下さい)
※サークルKサンクスも都内の店舗で楽天チェックを導入しました!こちらは1〜100ポイントどれかが当たる形です。


ローソンはdポイントカード加盟店になったこともあり、dカードによるポイント獲得と「iD」による割引の2本立てでお得になるケースが多かったりします。
2016年3月を例に取ると、「dポイントカード提示でポイント5倍」「iD利用で5%引き」で合計で1割程度安くなってしまうこともありました。
今後もローソンはdポイントを推してゆくみたいなので、dカードが有利になるケースが結構出てくると思われます。

【まとめ】
各コンビニチェーンで使える電子マネーは表のようになりますが、お得なものはチェーンそれぞれによって異なってきます。大方100円につき1ポイントのストアポイント(あるいは200円につき1ポイント)が付きますが、ストアポイントに対応している支払方法と、していない支払方法があるので注意しましょう。ストアポイントは基本0.5〜1%ですが、中にはキャンペーンで10倍、あるいは20倍のボーナスポイントを付ける商品が存在しております。普段使いのクレジットカードの還元率がいくらいいと言っても、対抗できるものではありません。

各チェーン・ボーナスポイント対象商品リンク
(10倍・20倍当たり前!)

nanacoボーナスポイント|セブン-イレブン〜近くて便利〜

ローソン ボーナスポイント商品一覧

Tポイントプラス|キャンペーン|FamilyMart

サークルKサンクス(+K Rポイントカードの項目にボーナスポイント対象商品のPDFファイルへのリンクがあります)

↑欲しいものが見つかったら、そのチェーンで購入し、なおかつボーナスポイントGET!

セブンイレブンではnanaco。漢方スタイルクラブカードからチャージしたnanacoで合計2.75〜3%の獲得が可能【2015年3月追記】2015年6月以降、漢方スタイルクラブカードからのnanacoチャージは従来の1/7の、0.25%に減額となります。現在では年会費有料のカードでもOKな場合はリクルートカードプラス。nanacoチャージでも2%付きます。【2016年3月追記】「リクルートカードプラス」は新規発行を停止。また既存ホルダーに対しても2016年9月以降はnanacoチャージによるポイント付与を停止するようです。

ローソンはあらゆる支払方法にポイント組み合わせられますので、お好きな方法でどうぞ。
dカードを持っていると3%割引+1%ポイント付与させることが出来、全商品4%還元、dポイントカード提示の1%と合わせて、都合5%還元にすることが可能です!
ファミマもそうですが、ファミマTカードを持っている人のみのボーナスポイントが付くケースが多いので、よく利用される方はこのカードと電子マネーを併用するのが吉かと思います。(電子マネーでは払えなくて、このカードだけ支払可能なものも結構あります)
サークルKサンクスはまず+K Rポイントカードに登録して、Edyチャージ可能なクレジットカードからチャージした楽天Edyを、貯めるポイントを「楽天」に設定して、使いましょう。3%以上の還元が可能ですし、貯まるポイントは楽天スーパーポイントです。 楽天カードからチャージしたEdyを使えば、すべて楽天スーパーポイントにまとめることも可能です。 こちらで貯まるポイントは全てANAマイルに交換出来るポイントです。

これは同じRポイントカードを導入しているポプラにも言えることです。ポプラの場合、「楽天チェック」を導入しているお店まであるので、200円程度の買い物でも、ボーナス商品の購入+「楽天チェック」でチェックインで20ポイント以上の獲得が可能になってしまいます…。 いろいろなチェーンを使われる方は、「iD」が一部のセーブオン以外全部使えるので最も利便性が高く、プリペイド形式に絞ると「Edy」「Suica(PASMO)」が対応している店舗が多いですね。
「WAON」も結構使えるところありますよ!
「nanaco」はセブンイレブンでしか使えませんが、貯まったポイントをnanacoに交換して、税金まで払えてしまうところが凄いです!

大方クレジットカードも使えるのですが、スリーエフのように電子マネーしか使えないチェーンも存在します。
これらの情報を元に、あなたに合った最善の「支払方法+貯めていくポイント」をお選び下さい!

リクルートカード_PC
年会費無料のリクルートカード(VISA、Master)ならEdy&nanaco&モバイルSuica&スマートICOCAチャージで1.2%VISAかMasterと、JCB両方作って、1つのIDにポイントをまとめることも可能です!「リクルートポイント」が使える人には最高にオススメのカードです。

posted by mansengo at 22:00 | nanaco・Edyなど電子マネー

↑楽天イーグルス勝利の日の翌日は、楽天市場・楽天ブックスはポイント2倍に…買う前に忘れずにエントリーして下さい(エントリーは買う度に必要です!)。イーグルスとヴィッセルW勝利の日は3倍になるので狙い目!


↑中日ドラゴンズが勝つ度に4ポイントGET!【UCSカード】ドラゴンズカード…nanacoチャージでもポイント付与あり。